search_toggle

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)はIoTのプラットフォーム?

#

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)は、将来的にIoTのOSとなることを目標として開発された仮想通貨です。IoTの実用化に向けて、様々な問題が現在生じていると言われていますが、それらを解決し、IoTのプラットフォームを提供するIoT Chain(IoTチェーン/ITC)ですが、どのような問題をどのような仕組みで解決するのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)の基本データ

#

 ・通貨名:IoT Chain(IoTチェーン/ITC)
 ・取引開始日:2017年12月10日
 ・発行上限:100,000,000 ITC
 ・現在の流通量:48,602,869 ITC(2018年4月時点)
 ・時価総額:$37,940,372 USD (2018年4月時点)
 ・公式サイト:https://iotchain.io/
 ・ソースコード:https://github.com/IoTChainCode (github)
 ・ホワイトペーパー:https://iotchain.io/whitepaper/ITCWHITEPAPER.pdf
 ・twitter:https://twitter.com/IoT_Chain
 ・telegram:https://t.me/IoTChain

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)が解決する社会的課題

IoT(Internet-of-Things)とは、モノのインターネットと訳されるように、身の回りにある様々なものをネットワークで繋げて連携させ、相互通信や遠隔操作を可能にする仕組みのことを言います。最近ではセンサーや通信技術の改良が進んだこともあり、IoTの利用はますます進んでいます。

ところがこのシステムは新しいが故に、まだまだ問題も残されています。その問題をIoT Chain(IoTチェーン/ITC)は解決しようと試みていますが、具体的にどのような問題なのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

現状の課題1:セキュリティ面での懸念

#

モノのインターネット、IoTの実用化・事業拡大に関して懸念されているのが、セキュリティの問題です。これはインターネットや情報技術が関連する事業について必ずといっていいほど対策が必要になる問題ですが、IoTのように様々な用途が考えられる技術については特に注意すべきことです。

IoTでは、様々な身の回りのものをインターネットに繋げます。「繋ぐ」部分が増えれば増えるほど、外部からハッキングされる可能性は増え、データをやりとりする中で、流出しないことが保証されるような仕組みを採用することが求められています。

現状の課題2:プライバシーが保護できるのか

IoTでは、それぞれの末端デバイスの情報をインターネットに繋ぐことで、連携させ、無駄な作業を減らすことができます。一方でそれぞれのデバイスからネットワーク内に提供すべき情報とそうでない情報があります。もし、流出してはいけない情報も補完されているデバイスにネットワーク内の他のデバイスからアクセスし、情報を取り出すことに成功してしまうと、プライバシーが侵害されてしまいます。

この点に関してもIoTの実用化では対策する必要があると言われています。

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)の優位性

さて以上のような問題を抱えているIoTの実用化ですが、IoT Chain(IoTチェーン/ITC)はこれをどのような点で解決してくれるのでしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

IoT Chain(IoTチェーン/ITC)による課題の解決策1:セキュリティとプライバシー保護

#

IoT Chain(IoTチェーン/ITC)では、下で詳しく説明するDAGというブロックチェーンに類似の技術を使うことで、データのやりとりの際に生じかねない上記のような問題を解決しています。

DAGやブロックチェーンはもともと仮想通貨の取引のために開発された技術ですが、「量子コンピュータ」という次世代コンピュータが開発されない限り、外部からのハッキングに耐えると言われています。

もともと金融業界での技術なので、情報の送受信・コマンドの実行などの過程で様々な暗号化を行っており、これらのセキュリティを破ることは不可能だと言われています。

また、IoT Chain(IoTチェーン/ITC)のDAGでは「ネットワーク内に流してはならないとユーザーが判断したデータ は流さない」ようにする仕組みが整備されており、プライバシー保護も行っています。

IoT Chain(IoTチェーン/ITC)による課題の解決策2:DAGという技術の採用(スケーラビリティ問題対策)

IoT Chain(IoTチェーン/ITC)ではDAG というブロックチェーンに類似した技術を採用しています。 ブロックチェーンとの違いはブロックサイズに制限がないこと、チェーンに分岐点があること、などが代表的ですが、重大な特徴はスケーラビリティ問題を起こしにくいということです。 これはDAGのチェーンは網目状になっているが故に一度にDAGのシステム全体が処理できる情報量はブロックチェーンよりはるかに多くなっています。したがって、処理すべき情報量が増大した際も、ブロックチェーンより余裕を持って処理を進めることができ、ユーザーにとって便利だと言えます。 今後ますますユーザーが増え、処理すべき情報量が増える分野の仮想通貨なので、このような対策がなされているということは評価されるべきでしょう。

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

年内にはIoTのプラットフォームとして本格的に利用できるようになる

公式サイトでは年内の予定がいくつか公開されていますが、その中でも最も注目すべきは、12月にIoTのプラットフォームとして利用可能になるという記載です。 現在様々なシステムが開発・改良途上であるIoT Chain(IoTチェーン/ITC)ですが、IoTのプラットフォームとしての利用ができるようになる目処がわかればその前後で価格が変動する可能性があります。最新情報などは公式サイトやツイッターなどで公開しているようなので注意しておきたいですね。

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)のチャート・将来性

#

仮想通貨IOTA(アイオータ)との競合

ところで、このIoT Chain(IoTチェーン/ITC)」には非常によく似た機能をもつアルトコインが存在します。仮想通貨IOTA(アイオータ)です。 どのような点が似ているかと言えば、 ・DAGを採用していること ・IoTにおける問題の解決を目指していること です。(仮想通貨IOTA(アイオータ)についての詳細な情報はこちら) また2018年4月時点では、IOTA(アイオータ)の時価総額がIoT Chain(IoTチェーン/ITC)の時価総額をはるかに上回っています。 確かに、IOTA(アイオータ)の方が現時点では開発も進んでおり、公式サイトで仮想通貨のコンセプトや事業に関する詳細な情報が公開されているので、当然ではありますが、IoT Chain(IoTチェーン/ITC)は今後IOTA(アイオータ)との差別化も図らなければ今後の成長は厳しいと言えます。

DAGという技術の新しさと信頼性

IoT Chain(IoTチェーン/ITC)やIOTA(アイオータ)ではDAGという技術を採用していますが、この技術には様々な利点がある一方で懸念事項もあります。 ブロックチェーンはビットコイン(Bitcoin/BTC)開発当初からある、仮想通貨領域では歴史の長い技術ですが、DAGが使用されるようになったのは、最近のことで、比較的歴史の浅い技術であると言えます。 もちろん歴史が浅いからといって技術が劣る訳ではありませんが、ブロックチェーンほどの信頼は獲得できていないのが現状です。今後DAGを用いた他の仮想通貨で問題が生じれば、DAFという技術のせいにされるかもしれません。その際にはIoT Chain(IoTチェーン/ITC)の評価も下がると考えられるので注意が必要です。

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)が購入できるおすすめ取引所と買い方

IoT Chain(IoTチェーン/ITC)を購入するには、海外取引所であるHuobi(フオビ),Bibox(ビボックス)から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録。
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Huobi(フオビ),Bibox(ビボックス)のいずれかの海外取引所に登録する。
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.IoT Chain(IoTチェーン/ITC)を購入する

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)のウォレット

以前は公式サイトに2018年前半に独自のウォレットを公開する、という記載があったようですが、現在はそのようにこは載っていません。

ウォレット公開予定時期に大幅にズレが生じたために記載を削除した可能性も考えられます。今後予定が発表されることに期待したいですね。

仮想通貨IoT Chain(IoTチェーン/ITC)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。IoT Chain(IoTチェーン/ITC)の特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

IoT Chain(IoTチェーン/ITC)はIoTという最近流行の分野にフォーカスしていますが、IOTA(アイオータ)などの類似コインも存在し、価格変動には様々なファクターが関係すると考えられます。今後どのようにシステムの開発・改良が進むか注目ですね。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018仮想通貨IOTA(アイオータ/IOT)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はIOTA(アイオータ/IOT)の今後や将来性を紹介します。IoT分野でのデバイス間送金プラットフォームとして注目を集めるIOTAですが、企業と…

2018/4/29

仮想通貨IOTA(アイオータ・MIOTA)とは?特徴やチャート、取引所など徹底解説!

今回は仮想通貨IOTA(アイオータ・IOT)を紹介します。IOTAはIoTのデバイス間の送金に利用される仮想通貨です。どんな仮想通貨なのか、高騰する…

2018/3/16

IOTA(MIOTA・アイオータ)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

IOTA(MIOTA・アイオータ)は2016年7月に取引開始され、IoTのデバイス間の送金に利用される仮想通貨です。この記事では、IOTA(MIOT…

2018/5/9

仮想通貨Lindacoin(LINDA/リンダ)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はLindacoin(LINDA/リンダ)を紹介します。Lindacoin(LINDA/リンダ)はP2Pメッセージングに利用できる仮想通貨です。…

2018/4/23

IOTAにはマイニングがない?!〜IOTAの取引承認方法を詳しく解説〜

IoTに特化した仮想通貨として注目を集めるIOTA。IOTAがIoTに特化できる理由にはマイニングがないことが挙げられます。取引を承認するという重要…

2018/5/7

ライトニングネットワークについて徹底解説!実装はいつ?仕組みやデメリットは?

ブロックチェーンには実は様々な問題点があると指摘されています。スケーラビリティ問題は特にその代表的存在でしょう。実はこのスケーラビリティ問題を解決す…

2018/5/10

仮想通貨Shift(シフト/SHIFT)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はShift(シフト/SHIFT)を紹介します。Shift(シフト/SHIFT)は分散型アプリ開発のプラットフォームを提供します。そんなShif…

2018/4/2