search_toggle
2018年仮想通貨Waves(WAVES・ウェーブズ)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

Waves(ウェーブス/WAVES)

319.8 JPY

前日比

3.54%

前週比

7.76%

2.88719 USD

前日比

3.54%

前週比

7.76%

0.00072677 BTC

前日比

3.998%

前週比

-1.562%

Ic head point

この記事でわかること

  • Wavesの今後と将来性

  • Wavesの最新ニュース

  • Wavesのおすすめ取引所

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    Wavesの今後が気になる人

  • Ic megafon notice

    Wavesの購入を考えている人

  • Ic megafon notice

    Wavesをどこで買うか迷っている人

Wavesの今後と将来性を予測していきます。

#

今回は仮想通貨Waves(WAVES・ウェーブズ)の今後と将来性について解説していきます。

 

Wavesの最大の特徴の一つとして、DEX(分散型取引所機能)があります。

Rippleゲートウェイと同様、ブロックチェーン上でユーロやドルなどの法定通貨とWavesトークンを交換することができます

 

そんなWavesの今後はどうなっていくのでしょうか?

Coinwallでは最新ニュースの分析から価格予想を行っていきます!

では、詳しく見ていきましょう!

Wavesを買うならBinance

  • Ic megafon notice

    海外取引所のBinance(バイナンス)は取引手数料が安く、日本語対応もしているため、海外サイトながら安心してご利用いただけます!

Binance(バイナンス)の無料登録はこちら

Binanceは取引高1位を誇る世界最大の仮想通貨取引所であり、登録者増加のため1日の新規登録を制限しているのが現状です。

今後、登録を希望される際はお早めのチェックをオススメしています!

Ic head link

あわせて読みたい

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

2018年仮想通貨Wavesの最新ニュース!今後に向けた動きに注目!

Waves Labへ新たに3社参加

#

2018年3月、Wavesを運営するWaves Platform(Wavesプラットフォーム)は

Waves Labに3社が新しく参加することを表明しました。

その3社とは

Paytomat、Tradingene、Digiliraです。

 

Paytomatは、

仮想通貨を即時決済手段として活用することを目指します。

Waves Labへの参加は今後、様々な助言や有力な支援を得られることを期待しての判断だそうです。

 

Tradingeneは、

ユーザー自身がプログラミングを作成し、仮想通貨トレードを可能にすることを目指します。Wavesのプラットフォームを採用したのは、最安かつ最速のブロックチェーンだからとしています。

 

Digiliraは、

トルコの法定通貨(TRY)を仮想通貨トークン(WTRY)に変換するプラットフォームを目指します。

 

 

 

mercuryが「Waves」ののマイニング事業開始

#

昨年末には、株式会社セレスの子会社・株式会社マーキュリーが、Wavesにおいて今後マイニング事業を開始すると発表しました。

 

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)の今後・将来性(長期保有・ガチホの観点)

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは、仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について、以下の観点から独自の評価を行います。

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

・ビジネス的な有用性
そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

・チーム
初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

・発信 / マーケティング活動
上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

・コミュニティの熱狂度
仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)のビジネス的有用性:①法定通貨との交換が可能

Wavesのトークンは法定通貨と交換することが可能です。

これまで、法定通貨とWavesのようなアルトコインを通貨単位で交換するには

「法定通貨→ビットコインなどの基軸となる仮想通貨→(マイナーな)アルトコイン」というステップを踏む必要が有りました。

 

しかし、WavesではDEXというシステムを導入していることで、

「法定通貨→アルトコイン」という取引を可能にしました。

これにより、送金手数料や取引手数料などが抑えられ、

DEXにより、サーバーダウン等による取引の滞りも防止されています。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。

Ic head link

あわせて読みたい

仮想通貨WAVES(ウェーブス・WAVES)のビジネス的有用性:②トークン化プラットフォーム

Wavesでは、イーサリアムのように独自の仮想通貨を発行することが可能です。

この機能により、トークン化プラットフォームを目指しています。

このトークンは既にバーガーキングなどが発行しています。

 

バーガーキングの場合、

1ルーブルを支払うごとに1トークンが付与され、

1700トークン集めるとハンバーガーが1つもらえるという

仕組みのようです。

 

ポイントカードと同じようなしくみですが、

なんといってもトークンを発行するのに1WAVESかかるのみで

維持費もかからず、すぐに取引が可能なことから低コスト化を狙えるのが魅力です。

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)のチーム:2016年に最もICOで成功した会社

#

Wavesを運営するWaves Platformは

2016年に設立された従業員数50名の会社です。

 

2016年にICOを開始し、約16億円の調達に成功しています。

また、拠点はアムステルダムとモスクワにおいていますが、

今後はニューヨーク・ベルリン・ロンドン・シンガポールへの展開も計画されており、今後の成長が期待できそうです。

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)の発信 / マーケティング活動:充実したパートナーシップ

Waves PlatformのCEO・サシャは政府や企業など

様々なところにパイプを有しています。

 

Wavesは、

Microsoft Azure、デロイトCIS、カザフスタン当局、ロシア連邦の中央証券保管庫等など…と提携や協定を結んでおり

官民問わずにパートナーシップが非常に充実していることが伺えます。

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)のコミュニティの熱狂度:マメなCEO

WavesのCEO・サシャは

SlackやTwitterでホルダーの質問にマメに回答しています。

また、

自らの1日も公開しておりホルダーとしては

非常に安心感が得られるのではないでしょうか。

Waves Platformのブログも頻繁に更新されています。

英語の他にロシア語・韓国語・日本語に対応しているので

今後も様々な国の人が情報を得られるように配慮されているように感じられます。

Waves Platform

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)のリスク:①開発の遅延

Wavesには沢山の機能が実装されていますが

(そして今後も実装される予定)

発展途上の状態である機能も多いのが実態です。

 

もし、このまま開発途上の状態が続き

予定していたロードマップから遅れてしまう価格が急降下する

可能性もあります。

 

Wavesは発表後1年ほど、

様々なシステムの問題が生じていたことや

リスクの例から十分懸念するに値する点だと思います。

 

リスクの際は

プロダクト開発がのびにのびたことで、

時価総額が急降下しましたね。

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)のリスク:②イーサリアムの存在

#

WavesはICOプラットフォームの1つですが、

未だにICOプラットフォームとしてはイーサリアムがダントツにあることも懸念点の1つでしょう。

 

時価総額だと仮想通貨ランキング2位に必ず位置するイーサリアムは、

仮想通貨市場において今後も覇権を握り続ける可能性が高いと言えるでしょう。

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)の価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)を短期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★★☆☆]

2018年4月27日現在、Wavesの短期保有はおすすめです。

Wavesは現在様々な国への展開を示唆しており、

実際それに向けて動いていることがブログ記事から読み取れます。

そのため、

今以上に認知度が上がるのもそう難くないのではと考えるからです。

 

<KeyDriver>

様々な国への展開政策

情報発信がマメである

仮想通貨waves(ウェーブス・WAVES)を長期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★★★☆]

2018年4月27日現在、Wavesの長期保有はおすすめです。

リスクとして、予定されている機能の遅延を挙げましたが

現在多くの企業や政府がWavesの技術力に期待して

パートナーシップを結んでいることから、

きっと予定通りに実装されるだろうという期待を込めています。

また、政府ともパートナーシップを結んでいることから

今後の認知度も上がるのではないかという予想です。

 

<KeyDriver>

「匿名取引」や「スマートコントラクト」などの実装予定

官民を問わない豊富なパートナーシップ

免責事項

仮想通貨取引のリスクについて 仮想通貨は、法廷通貨とは異ります。仮想通貨の定義のとおり、「電子情報処理にて発行・移転・管理され、決済手段として不特定多数に利用できる財産的価値」ですが、法定通貨とは違い、仮想通貨取引には、様々なリスクが存在します。 仮想通貨取引を始めるにあたり、仮想通貨取引の特徴、仕組みおよびリスクについて十分ご理解した上で、ご自身の判断と責任において取引するようにお願いします。

最新ニュース・関連記事

最新ニュース

仮想通貨インフルエンサーのイケダハヤト氏がWavesでのトークン発行をツイートしています。

 

同様の機能にNEMのモザイクなどがありますが、Wavesの方が使い勝手が良いのでは?

という意見も見られます。

関連記事

【2018年最新!】おすすめの仮想通貨取引所ランキング!国内全社21社+海外を徹底比較して見えた答えを大公開! |Coinwall [コインウォール]

国内取引所の選び方や仮想通貨ニュース、取引通貨の購入方法など今後の暗号通貨投資に役立つ情報をお届けしていきます!

仮想通貨ウォレットとは?スマホアプリでも管理できる?仕組み・種類を紹介|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨ウォレットについて詳しく解説していきます!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Komodo(KMD・コモド)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など徹底解説!

今回は分散型ICOプラットフォーム(dICO)を提供し、dPoWというコンセンサスアルゴリズムを採用するKomodo(KMD・コモド)の紹介です。Z…

2018/1/31

2018年仮想通貨Waves(WAVES・ウェーブズ)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

Wavesはイーサリアムに次ぐICOプラットフォームですが、今後はどのようになっていくのでしょうか?Coinwall独自の分析と最新のニュースからW…

2018/4/29

Waves(WAVES・ウェーブス)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

WAVES(ウェーブス)はDEX(分散型取引所)でもあり、Rippleゲートウェイのように法定通貨とトレードできるという特徴を持つ仮想通貨です。tw…

2018/5/7

2018年仮想通貨Komodo(コモド・KMD)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回はKomodo(コモド・KMD)の今後を予想します。Komodo分散型ICOプラットフォーム(dICO)を提供し、dPoWというコンセンサスアル…

2018/4/29

仮想通貨EOS(EOS.IO・イオス)の特徴、買い方、取引所、将来性、チャートなど解説

超高速プラットフォームである仮想通貨EOS(EOS.IO・イオス)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるのでしょうか。EOSとはどんな仮…

2018/3/23

仮想通貨Nxt(NXT・ネクスト)の特徴、買い方、取引所、将来性など解説!

ビットコイン2.0の仮想通貨Nxt(NXT・ネクスト)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょうか。Nxtとはどんな仮想通貨なの…

2018/3/6

2018年仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回は仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)をご紹介していきます。マイナー通貨の課題であった流動性を解決する力のあるBancorは、ICO分野の…

2018/5/2