search_toggle
仮想通貨Mysterium(ミステリアム)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

Mysterium(/MYST)

6.73733 JPY

前日比

0.81%

前週比

-13.072%

0.0609029 USD

前日比

0.81%

前週比

-13.87%

0.00001609 BTC

前日比

4.879%

前週比

-13.411%

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)はdVPNを利用し、P2Pネットワークを提供する?

Mysterium(ミステリアム)はスマートコントラクトを用いたdVPN(分散型VPN)を利用し、P2P(ピアツーピア)ネットワークを提供しています。

 

Mysterium(ミステリアム)ファンデーションは、Mysterium(ミステリアム)ネットワークのオープンソフトウェアを開発しています。

 

また、Mysterium(ミステリアム)ネットワークはマーケットプレイスとして機能しており、それらの仮想通貨Mysterium(ミステリアム)はVPNサービスを利用するときにサービスプロバイダに支払われます。

 

他にも仮想通貨Mysterium(ミステリアム)はプロトコルの開発やサポートに利用されます。

 

 

 

 

#

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)の基本データ

 ・通貨名:Mysterium(ミステリアム)

 ・取引開始日:2017530

 ・発行上限:32,433,365 MYST

 ・現在の流通量:19,429,024 MYST

 ・時価総額:$6,098,868

 ・公式サイト:https://mysterium.network/

 ・ソースコード:https://github.com/MysteriumNetwork

 ・ホワイトペーパー:https://mysterium.network/whitepaper.pdf

 Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xa645264C5603E96c3b0B078cdab68733794B0A71

 twitterhttps://twitter.com/MysteriumNet

 telegramhttps://t.me/mysterium_network

 Telegram登録人数:2550

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)が解決する社会的課題

現状の課題1:cVPN(集中型VPN)により多くの個人情報が流出する可能性がある

現在のインターネットサービスは、cVPN(集中型VPN)を利用しており、一部のサーバや企業が中心となって、多くの情報を管理しています。

 

そのため、個人情報も特定の組織が管理しており、個人情報がネットワーク上で移動するときも、使用するVPNプロバイダーを信用して、利用する必要があります。

 

個人情報を管理する組織に第三者が一度アクセス可能になると、多くの個人情報が流出する可能性があります。

現状の課題2:個人情報が勝手に利用される

現在、インターネットユーザーの日々のインターネット上の活動やコミュニケーション等の情報が、企業に利用されることがあります。

 

これらの情報は個人のプライバシーを完全に無視して、販売されることもあり、プライバシーが保護されていない状況となっています。

#

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)の優位性

ブロックチェーン技術を導入する必然性:データの復元性が高く、処理スピードが速くなる

Mysterium(ミステリアム)のネットワークは、 イーサリアムのブロックチェーンを利用することで、データが安全にストレージにバックアップされ、復元性が高くなっています。

 

また、イーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクト によって、取引の処理スピードが早くなっています。

Mysterium(ミステリアム)による課題の解決策:dVPN(分散型VPN)を利用し、P2Pの分散型ネットワークを提供する

Mysterium(ミステリアム)ではdVPN(分散型VPN)を利用し、P2P(ピアツーピア)の分散型ネットワークを提供しています。

 

分散的に個人情報が管理されるようになっており、もし、ハッキングされてもアクセスできる情報は一部となっており、多くの個人情報の流出を防ぐことができます。

 

これによって、インターネットにおける個人のプライバシーが保護されています。

#

Mysterium(ミステリアム)の技術の優位性:帯域幅の共有によって報酬が得られる

典型的なブロックチェーンと異なり、仕事量や仮想通貨の所有量によって報酬が得られるのではなく、帯域幅の共有によって報酬が得られます。

 

帯域幅が共有されることによって、ネットワークの性能が上昇し、同時に転送できるデータの最大量が多くなります。

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

#

・2016年10月 Mysterium(ミステリアム)創設

・2016年12月16日 プレセール

 (MVP、ホワイトペーパー、会社)

 

・2017年5月30日 トークンセール1

ステージ1:「単細胞」

ステージ2:「多細胞」

ステージ3:「完全な分散化」

 

・2019年第1四半期-第2四半期 トークンセール2

ステージ4:「コア-シングル」

ステージ5:「コア-マルチ、インターナル」

ステージ6:「オープンコア」

 

トークンセール1では、3つの段階で目標が挙げられています。

ステージ1では、分散型ネットワークを立ちあげるために、速度や安全性、学習を目的にいくつかの部分の集中化をやめます。

ステージ2では、追加のVPNプロトコルをノードに統合し、分散化をさらに進めます。

ステージ3では、分散型のインフラストラクチャーに移し、監視を行なっていた中央サーバーを無くし、分散化を完全なものとします。

トークンセール2では、Mysterium(ミステリアム)プロトコルを開発し、Mysterium(ミステリアム)ネットワークに実装します。

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)のチャート・将来性

#

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)取引開始直後に、価格大きく上昇しています。その後2018年の1月に再び価格が上昇しますが、現在では下落し続けています。

#

個人情報の取り扱いが厳しくなるにつれ、世界でVPNマーケットは拡大しています。

 

2018年の時点でマーケットの規模は5兆1000億ドルとされており、今後もさらにマーケットが拡大し、2022年には10兆2000億ドルにまで拡大することが予想されています。

 

多くの人がインターネットを利用している現在、プライバシーの保護に対する意識は高まっています。

また、年々サイバー攻撃の数は増加しており、対策の必要性も増しています。

 

分散型のネットワークを利用することで、個人のプライバシーを保護するMysterium(ミステリアム)ネットワークは、将来幅広く利用されそうです。

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)が購入できるおすすめ取引所と買い方

Mysterium(ミステリアム)を購入するには、海外取引所であるLiquiから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. CoincheckやBitflyerなどの国内取引所に登録
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Liquiに登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Mysterium(ミステリアム)を購入する

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)の最新ニュース・twitter情報

2018年2月のニュース

・Mysterium(ミステリアム)によるサービスプロバイダーノードを持つテストネットが立ち上げられました。

・MacOS用のVPNアプリケーションが作られ、現在テスト中です。

 

2018年1月のニュース

・IDの作成や接続、ステータスの取得などを利用して、クライアントアプリケーションにAPIを追加しました。

・Discovery APIとIdentity APIに安全な認証メカニズムが実装

されました。

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。Mysterium(ミステリアム)の特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

Mysterium(ミステリアム)はスマートコントラクトを用いたdVPN(分散型VPN)を利用し、P2P(ピアツーピア)ネットワークを提供しています。

 

Mysterium(ミステリアム)ネットワークによって、インターネットにおける個人のプライバシーを保護しています。

 

現在VPNマーケットは拡大しており、2022年には現在の市場規模の2倍に拡大されると予想されています。

 

今後幅広く利用されそうな分散型ネットワークを提供するMysterium(ミステリアム)の今後に期待です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨presearch(プリサーチ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はpresearch(プリサーチ)を紹介します。presearch(プリサーチ)はブロックチェーンを利用し、オープンな分散型検索エンジンを提供し…

2018/4/14

仮想通貨Aeron(アーロン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はAeron(アーロン)を紹介します。Aeron(アーロン)はブロックチェーン技術で航空業界の安全性を高めるプラットフォームです。そんなAero…

2018/3/28

仮想通貨Bismuth(ビスマス)とは?Bismuth(ビスマス)の特徴、将来性、取引所を徹底解説!

今回は、プログラミング言語であるPythonを利用した仮想通貨Bismuth(ビスマス)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょ…

2018/3/21

仮想通貨Primas(プリマス)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はPrimas(プリマス)を紹介します。Primas(プリマス)はブロックチェーン技術によって高品質のウェブコンテンツを提供しています。そんなP…

2018/4/13

DigitalNote(XDN・ディジタルノート)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

DigitalNote(XDN・ディジタルノート)とはビットコインような分散型デジタル通貨の一種であり、CryptoNoteのある技術と暗号化された…

2018/5/7

イーサリアムのスケーラビリティ問題について解説!問題点や改善点は?

今回はイーサリアムのスケーラビリティ問題について解説します!スケーラビリティ問題の問題点や改善点、さらに今話題のプラズマ(prazma)やライデンネ…

2018/6/16

仮想通貨Bodhi(ボーディ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はBodhi(ボーディ)を紹介します。Bodhi(ボーディ)はブロックチェーン技術を使い、予測市場に焦点を当てたプロジェクトです。そんなBodh…

2018/4/23