search_toggle
仮想通貨Tierion(TNT・ティリオン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

Tierion(ティリオン/TNT)

1.33934 JPY

前日比

-2.79%

前週比

-10.23%

0.0121072 USD

前日比

-2.79%

前週比

-10.23%

0.00000319 BTC

前日比

-2.36%

前週比

-17.996%

仮想通貨Tierion(TNT・ティリオン)はデータの検証、証明を行う?

#

TierionTNT・ティリオン)は、ブロックチェーンのデータの検証、証明を行う公証プラットフォームになります。

 

様々なデータをブロックチェーンとリンクさせて整合性とタイムスタンプを証明します。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Tierion(TNT・ティリオン)の基本データ

  ・通貨名:TNT
・取引開始日:2017年8月
・発行上限:1,000,000,000 TNT
・現在の流通量:428,481,269 TNT(2018年3月時点)
・時価総額:$ 0.073153(2018年3月時点)
・公式サイト:https://tierion.com/
・ソースコード:https://github.com/tierion (gitub)
・ホワイトペーパー:なし
・Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0x08f5a9235b08173b7569f83645d2c7fb55e8ccd8
・twitter:https://twitter.com/tierion
・telegram:https://t.me/tierion

仮想通貨Tierion(TNT・ティリオン)ビジネス的有用性

#

サービス面での有用性1:チェーンポイントプロトコルによるデータ検証

現在、企業は契約書や財産権などの重要な文書を持ちます。そして、その文書の信憑性を明確にし、保護する必要があります。

 

このような技術を必要としている業界は様々で、特に会計や医療、保険業界の企業は、顧客の大量の重要なデータを保護する必要があります。

 

また、デジタルデータの改ざんを防ぐ必要があったり、常に絶対的な真実の情報が閲覧できなければなりません。

 

医療や金融、保険といった分野のデータを改ざんすることは、公共性を損ねる問題になります。

 

現時点でコンピューター等に、これらの重要な情報の真正性を検証することは、費用がかかるかつ不便であり、場合によっては不可能とも言えます。

 

そこで、TierionTNT・ティリオン)のチェーンポイントプロコトルが登場です。

チェーンポイントプロトコルという技術は、情報がいつ生成されたのか、作成後に変更が加えられたかどうかを証明することができます。

 

チェーンポイントは、ネットワーク上で利用する事ができるブロックチェーンに埋め込まれたもので、Tierionのシステムの根幹になっています。

 

インターネット上で管理されている企業や個人のデータの真正性を証明するシステムなので、公共の利益を守ることにつながり、問題を未然に防ぐことが可能になります。

技術面での有用性1:データの暗号化がスケーラビリティ問題を解決

TierionTNT・ティリオン)は、スケーラビリティ(拡張性)が他と比べても高いです。

 

ビットコインなどのパブリックブロックチェーンの場合、安全性の向上の代わりに、どうしてもスケーラビリティが犠牲になってしまいます。

 

しかし、Tierionなら数百万ものデータを暗号化し、単一のトランザクションにリンクする事でスケーラビリティー問題を解決します。一秒間に数百万もの証明を実行することができるのです。

技術面での有用性2:チェーンポイントは精度が高い

先ほど紹介したTierionTNT・ティリオン)のチェーンポイントですが、精度が高いことも特徴です。

ネットワークタイムプロトコルという技術が、ネットワークに接続された機器の時計を正しい時間に合わせてくれます。

 

この通信プロトコルにより、正確に把握することが難しかった取引時間を証明することができるようになっています。

技術面での有用性3:データ送信が簡単にできる

Tierionなら、Webアプリケーションや携帯アプリケーションからデータを簡単に収集(データを集める)できます。

 

データストアを作成し、HTMLフォームやREST APIを使用してデータを送信。

Tierionでは、各データにチェーンポイントを自動で生成してくれます。これで、データに記録が残り、特定の時間に収集されたデータが変更されていないかどうか確認することができます。

 

技術面での有用性4:ハッシュAPIによって100個のデータを加えられる

TierionTNT・ティリオン)のハッシュAPIによって、無料で最大100個のレコード(データ)をアンカーすることができます。

 

これによって、タイムスタンプやデータセキュリティ、暗号化監査証跡をアプリケーションに最速で追加できます。

技術面での有用性5:500以上のアプリと統合できる

TierionTNT・ティリオン)は、Gmailの他に500以上のオンラインアプリ、オンラインサービスに接続が可能です。

 

Tierionで収集されたデータを他のアプリやサービスに送信できる他、自動化ツールのZapierを使用して他のアプリからTierionにデータを送ることもできます。

#

課題に関わっている既存のプレイヤー

提携している会社がマイクロソフトで、フィリップスが出資しています。

 

データの完全性の追求、及び企業のデータ管理コスト、コンプライアンスコストを削減することを目指すという名目だそうです。

仮想通貨Tierion(TNT・ティリオン)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

今後の予定は、見つかりませんでした。公式サイトやツイッターに注目しましょう。公式サイトのブログをチェックです。

仮想通貨Tierion(TNT・ティリオン)のチャート・将来性

#

マイクロソフトとの提携やフィリップスなどの大企業からの後押しだけでなく、医療や金融、保険などのデータ管理を必須とする分野では非常に役に立つ通貨だと言えます。

 

まだまだ知名度は大きくなく、上場の予定もないので今後に注目です。

仮想通貨Tierion(TNT・ティリオン)が購入できるおすすめ取引所と買い方

Tierion(TNT・ティリオン)を購入するには、海外取引所であるBinance(バイナンス),Huobiから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)などに登録。
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Binance(バイナンス),Huobiのいずれかの海外取引所に登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Tierionを購入する

まとめ

#

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

TierionTNT・ティリオン)は、ブロックチェーンと一体化したチェーンポイントを利用してデータの不正を防ぎます。

 

データバンクとしても簡単に使用できる点も面白いですね。

 

仮想通貨Tierionいかがでしたでしょうか?

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

NEM(ネム)のアポスティーユとは?「公証」と呼ばれるシステムを徹底解説!

NEMのアポスティーユとは、「公証サービス」とも呼ばれる証明書発行システムです。公証ファイルが不正に加工されていないということを証明し、コンテンツの…

2018/6/19

RChain(RHOC・アールチェーン)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

RChainは新しいブロックチェーン構造により、従来より迅速にスマートコントラクトなどのソリューションを提供するプラットフォームを目指す仮想通貨です…

2018/5/9

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でのカウンターパーティ(XCP)購入方法を画像付きで詳しく解説します!

Zaif(ザイフ)は国内の大手仮想通貨取引所で、他の仮想通貨取引所と比較してもトップクラスに取引手数料が安く、ビットコインはもちろんのことアルトコイ…

2018/6/29

仮想通貨Aeron(アーロン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はAeron(アーロン)を紹介します。Aeron(アーロン)はブロックチェーン技術で航空業界の安全性を高めるプラットフォームです。そんなAero…

2018/3/28

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく簡単に徹底図解!!

「”ブロックチェーン”。最近よく聞くけど、実際どんな仕組みなのかわからない。けど知りたい。」とお思いの方いらっしゃるのではないでしょうか?本記事では…

2018/4/24

仮想通貨Agrello(アグレロ・DLT)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はAgrello(アグレロ・DLT)を紹介します。Agrello(アグレロ・DLT)はイーサリアムブロックチェーン上で開発される契約書自動生成プ…

2018/4/9

仮想通貨Medibloc (メディブロック)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMedibloc (メディブロック)を紹介します。Medibloc (メディブロック)はブロックチェーン技術を活用した分散型医療情報エコシステ…

2018/4/11