search_toggle
仮想通貨Monetha(MTH・モネサ)の今後・将来性は?最新情報なども含め今後の予想を解説

Monetha(モネサ/MTH)

1.88067 JPY

前日比

-1.0%

前週比

-9.298%

0.0170006 USD

前日比

-1.0%

前週比

-10.13%

0.00000448 BTC

前日比

2.996%

前週比

-9.651%

仮想通貨Monetha(MTH・モネサ)は今後の決済の仕組みに変革をもたらす!

#

Monetha(モネサ)はイーサリアムを基盤とした支払いシステムの構築を、分散型評価システムと呼ばれる仕組みを使って目指す決済系仮想通貨・アルトコインです。

 

第3者を介することなく、購入者と販売者の取引を早く、簡単に可能にするため、決済手数料の削減や売上回収までの時間を大幅に短縮でき、決済の仕組みに変革をもたらします。

 

このように新たな支払いシステムを持ったMonetha(モネサ)の今後の将来性を解説していきます。

以下、詳しく見ていきましょう。

Monetha(モネサ)の詳細はコチラ

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Monetha(MTH・モネサ)の今後・将来性(長期保有・ガチホの観点)

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは、仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について、以下の観点から独自の評価を行います。

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

・ビジネス的な有用性
そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

・チーム
初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

・発信 / マーケティング活動
上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

・コミュニティの熱狂度
仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。

Monetha(モネサ)のビジネス的な有用性①:取引手数料と決済時間を解決 

#

現在のEコマース(ネット通販)上の決済システムでは、取引を受け付けてから決済するまでに最大16種類のステップを踏まなければなりません。

その結果、決済の完了までに数日から数週間の期間を要してしまいます

 

以上のような理由で既存の決済システムでは時間がかかる上に、そのトランザクションの工程で2%-6%の手数料もかかってしまいます。

特に、法定通貨による海外送金やクレジット決済はかなり遅く、手数料も膨大にかかることになります。

 

この課題に対し、Monethaでは、Ethereumブロックチェーンを使用することにより、1ステップで取引が完了し、取引手数料は1.5%程度のみになります

 

Monethaの決済システムでは、仲介者・仲介プラットフォームを抜きにして売り手(バイヤー)買い手(マーチャント)の非中央集権的な直接取引を実現可能にするのです。

Monetha(モネサ)のビジネス的な有用性② 分散型評価システム

#

売り手側と買い手側が直接取引できるだけではなく、Monetha(モネサ)では取引の記録がブロックチェーンに記録されるため、支払いの着金までの時間や、取引時のトラブルがきちんと解決されたかなどは自動的にブロックチェーンに記録され、スマートコントラクトによって自動的に売り手・買い手の評価がつけられます分散型評価システム)。

 

わかりやすくいうと、Amazonやmercariの「レビュー」のようなサービスを、第三者サービス抜きで、個人間で記録することができる決済システムです

 

その結果、買い手側は売り手側の評価を見て購入を決めることができ、買い手側も売り手側の信頼スコアを指定して販売することができます。

このシステムを用いれば、中国のEコマース市場で詐欺・不良品・支払い取り消しなどのトラブルを回避することができると考えられます。

 

Monethaの一番の魅力は、この分散型評価システム(Decentralized Trust and Reputation System)だとも言えます。

Monetha(モネサ)のチーム

#

Monetha(モネサ)のチームの共同設立者はAndrej RuckijJustas PikelisLaurynas Jokubaitisの3人です。

 

Andrej Ruckijはテクノロジー、Justas Pikelisはビジネス、Laurynas Jokubaitisはプロダクトとや各部門で役割を持っています

 

Andrej Ruckij

グローバルなデジタル広告会社である「Adform」では、開発担当副社長として巨大な経験を積みました。コンピューターサイエンスの学位を取得していて、「アジャイル」ソフトウェア開発の哲学思想的指導者の一人として認められています。

 

Justas Pikelis

ITとロボティクスに企業を設立したリトアニアの起業家です。金融技術に関するマーケティング知識が豊富で、ブロックチェーン技術と組み合わせたビジネスを行います。

 

Laurynas Jokubaitis

かつてベンチャーキャピタルの投資家から300万ユーロ以上を調達した 「Wowtto」の創業CEOです。

 

Justas Pikelis 創業者 / ビジネス管掌 Eric Duprat 決済部門 Kellog N. Fairbank 営業部門

Andrej Ruckij 創業者 / 技術管掌 Dr. Jean-Marc Seigneur 分散型評価システム開発担当 Alex Bazhanau イーサリアム開発担当 Martynas Adomaitis スマートコントラクト開発担当 Viaceslavas Ruckis リードエンジニア Andrej Davidovic ソフトウェアエンジニア

Laurynas Jokubaitis 創業者 / プロダクト管掌 Erikas Malisauskas デザイナー / フロントエンジニア

 

※その他詳細はホワイトペーパーを確認してください。ホワイトペーパーはコチラ

Monetha(モネサ)の発信・マーケティング活動

Monethaグループは情報発信を盛んに行なっています。

今後も週1回、動画で進捗を報告しています。

詳しくは、Monethaのtwitterをご覧ください。

Monetha(モネサ)のコミュニティの熱狂度

熱狂度は比較的小さいですが、根強いコミュニティが存在します。

中国を中心にマーケティングが行われているので、日本ではあまり認知されていません

 

時価総額も徐々に落ち込んでいます。

仮想通貨Monetha(MTH・モネサ)の価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

#

短期保有の場合

[オススメ度 ★☆☆☆☆]

 

好材料が少ないので今後の短期保有オススメ度は☆1です。

長期保有の場合

[オススメ度 ★★★☆☆]

 

Eコマース(ネット通販)を変えるという点で、今後かなり期待できます。巨大なマーケットをもつ中国を中心に広がっていく可能性があります。

 

プラットフォームの有用性は大きいので、中国での拡大に注目です。

仮想通貨Monetha(MTH・モネサ)の今後 まとめ

#

Monetha(モネサ)はイーサリアムを基盤とした支払いシステムの構築を、分散型評価システムと呼ばれる仕組みを使って目指す仮想通貨です。

 

第3者を介することなく、購入者と販売者の取引を早く、簡単に可能にするため、決済手数料の削減や売上回収までの時間を大幅に短縮でき、決済の仕組みに変革をもたらすコインです。

 

実際にICOは18分で終了するほど期待されているにもかかわらず、現在はICO割れしておりまだ多くの人がその価値に気づいておらず、今後将来的にも高騰する可能性を秘めている仮想通貨だと言えます。

将来的にアプリなどでMonetha(モネサ)プラットフォーム内取引が可能になれば、面白いです。

 

Monetha(モネサ)の今後に期待です!

関連記事

Monetha(仮想通貨MTH)とは?ガチホルダーが特徴、将来性、取引所など解説!|Coinwall [コインウォール]

ツイッターを中心に話題になっているMonetha(MTH・モネサ・モニーサ)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょうか。Monethaとはどんな仮想通貨なのか、その特徴やチャート、将来性、Monetha対応取引所での購入方法まで徹底解説していきます。

Monetha(MTH/モニーサ)の国内・海外取引所を比較!手数料や登録方法もご紹介|Coinwall [コインウォール]

Monetha(MTH/モニーサ)は、決済において売り手と買い手を直接結びつけ、ブロックチェーン技術で評価を付与する仮想通貨です。そんなMonethaについて、手数料などをもとに国内・海外取引所(BinanceやOKEx、KuCoin)を価格比較しました!

あなたにぴったりの仮想通貨取引所を提案します!|Coinwall [コインウォール]

ビットコインをはじめとする仮想通貨購入をしてみたいけれど、どこで買ったらよいかわからない。そんな方へ国内仮想通貨取引所の中でも、特に人気の高いおすすめ取引所を比較しました。

2018年仮想通貨Bitcoin(ビットコイン・BTC)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め予想を解説|Coinwall [コインウォール]

今回は、電子決済システムであるBitcoin(ビットコイン・BTC)の今後・将来性を記事にしました。2018年最新のニュースや、これから高騰する可能性、将来性は?ビットコインの優位性について分析し、今後を予想、解説していきます。

仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説|Coinwall [コインウォール]

コインチェック事件の余波から回復しつつあるい仮想通貨イーサリアムですが、多くの分野での活躍が期待されているスマートコントラクトを採用している本通貨は、大きな将来性を秘めています。今回はイーサリアムを長期保有する観点から、最新情報から将来性・今後の予想まで解説します。

2018年仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説|Coinwall [コインウォール]

つい最近数ヶ月ぶりに高騰を果たした仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後はどのようになっているのでしょうか?多くの銀行や企業との提携が行われているRippleですが、Rippleを長期保有する観点から様々な優位性をまとめました。最新情報から将来性・今後の予想まで解説します。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Monetha(MTH・モネサ)の今後・将来性は?最新情報なども含め今後の予想を解説

ツイッターを中心に話題になっているMonetha(MTH・モネサ・モニーサ)の今後を予想します。第3者を介することなく、購入者と販売者の取引を素早く…

2018/6/22

Monetha(モネサ、MTH)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Monetha(MTH, モニーサ, モネサ)は、Eコマースの決済などで、売り手と買い手を結びつけ、評価を付与する決済プラットフォームです。このMo…

2018/5/7

2018年 仮想通貨Augur(オーガ)の最新ニュース!バイナンス上場しました!

Augur(オーガ・REP)の最新ニュースをお届けします。Augurはイーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測市場プラットフォームプロジ…

2018/5/14

日本人運営による日本発ALISのICO〜ICOを行うまでの道は?〜

先日、ソーシャルメディアプラットフォームALISのβ版が公開されました。ALISは昨年日本発ICOを開催したことで注目を集めましたが、日本でICOを…

2018/5/7

仮想通貨Bodhi(ボーディ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はBodhi(ボーディ)を紹介します。Bodhi(ボーディ)はブロックチェーン技術を使い、予測市場に焦点を当てたプロジェクトです。そんなBodh…

2018/4/23

仮想通貨Decentralandとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はDecentralandを紹介します。Decentralandはイーサリアムブロックチェーン上で動く「VRプラットフォーム」です。そんなDec…

2018/4/4

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の特徴、チャート、将来性、取引所など徹底解説!

今回はCardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)を紹介します。Cardano(カルダノ)はオンラインゲームやオンラインカジノを扱うプラットフォ…

2018/3/16