search_toggle
仮想通貨Gifto(ギフト)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

Gifto(ギフト/GTO)

2.84872 JPY

前日比

1.12%

前週比

-2.03%

0.0257514 USD

前日比

1.12%

前週比

-2.03%

0.00000679 BTC

前日比

1.567%

前週比

-10.505%

仮想通貨Gifto(ギフト)でギフトを送ろう??

#

Gifto(ギフト)はFaceBookやyoutubeなどのSNS上でコンテンツ提供者に贈り物をすることができるプラットフォームです。Gifto(ギフト)のプレゼントの仕組みは既存の「投げ銭」の仕組みと近いものがあります。Gifto(ギフト)ではインターネット上でGTOトークンを用いてバーチャルギフトを購入します、そしてユーザーは好きなコンテンツ提供者にバーチャルギフトを送ります、バーチャルギフトを受け取ったコンテンツ提供者はそのバーチャルギフトをそのままにしておくこともできますし、受け取った金額の80%のGTOトークンに変換することもできます。

こういった投げ銭の仕組みは前からありますが、Gifto(ギフト)はすでに実績を出しているサービスによって裏付けされていることが強みです。Gifto(ギフト)の運営元で香港に拠点を置くAIG社はすでに動画配信サービス「Uplive」で大きな資金源を確保しています。(市場規模で約110億円)またAIGはすでにUpliveにおいてGifto(ギフト)によるプレゼントサービスを実装しています。なので他のICOに比べて安心できます。

また、Gifto(ギフト)によってユーザーが気軽に投げ銭をできるようになるのでyoutubeやFacebookなどのSNS上でコンテンツを提供している側も多くの収入を受け取ることができるようになります。

SNS上でコンテンツ提供者とそのファンの架け橋となることが期待できそうですが、そんなGifto(ギフト)について詳しく見ていきましょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Gifto(ギフト)の基本データ

#

 ・通貨名:Gifto(ギフト)
 ・取引開始:2017年12月
 ・現発行量:1,000,000,000GTO
 ・現在の流通量:98,479,157 ETH(2018年3月時点)
 ・時価総額: $43,933,225,874 USD (2018年3月時点)
 ・公式サイト:Gifto(ギフト)公式サイト
 ・ホワイトペーパー:Gifto(ギフト)ホワイトペーパー
 ・Blockchain Explorer(取引詳細):Gifto(ギフト)ブロックチェインエクスプローラー
 ・twitter:Gifto(ギフト)公式ツイッター
 ・telegram:Gifto(ギフト)公式telegram

仮想通貨Gifto(ギフト)が解決する社会的課題

Gifto(ギフト)によってユーザーはファンのコンテンツ提供者に気軽に贈り物をすることができるようになります。そんなGifto(ギフト)によって解決される可能性のある現在の問題について見ていきましょう!

コンテンツ提供者の収入源が少ない

現在YoutuberなどのSNS上でコンテンツを提供する人たちは主に、広告収入によって利益を得ています。そのため人気の出ないほとんどの配信者は動画の収入だけでは生活できませんでした。

しかし、Gifto(ギフト)はコンテンツ提供者の収入源として新たに「ユーザーから直接受け取る」という選択肢を増やしました。Gifto(ギフト)を用いることでどの配信者も平等に収益をあげることができます。

ICOには詐欺や企画倒れなどがある

#

現在ICOには詐欺コインと呼ばれる通貨が一定数存在します。お金を集めるだけ集めて実際には何も活動していないコインやプロジェクトが壮大すぎて開発者の技術力だけではプロジェクトを実現させられず企画がボツになってしまうコインなどです。

仮想通貨Gifto(ギフト)の優位性

現状の動画配信のシステムの仲介をし、動画配信のあり方を変える可能性のあるGifto(ギフト)ですが、そのGifto(ギフト)が持っている他の仮想通貨にはない優位性を見ていきましょう。これを見れば、Gifto(ギフト)の将来性を判断することができると思います。

コンテンツ提供者の収益が公平になる

現在動画による広告収入はごく少数の人気がある動画配信者が独占しています。なので、幅広い人気を誇る動画配信者しか十分な量の広告収入を得ることが出来ていません。

しかし、Gifto(ギフト)が手軽な投げ銭のためのプラットフォームを用意することでユーザーのギフトに対する心理的なハードルが下がり、コンテンツ提供者が収入を得やすくなります。これにより、コンテンツ配信者は広い人気集めに奔走する必要がなくなり、より質の高く多様性のある動画を配信できるようになります。今後より多くのSNS上でGifto(ギフト)がサポートされるようになればその影響力はさらに大きくなるでしょう。

Gifto(ギフト)の運営会社には資金がある

#

Gifto(ギフト)の運営会社である香港の企業のAIG社は市場規模110億円を誇る動画配信サービス「Uplive」の運営を行なっており、Uplive上でもGifto(ギフト)の実装を行なっています。こうした背景からGifto(ギフト)は他のICOと違い企画倒れになってしまう可能性が低いと言えるでしょう。

また、Gifto(ギフト)はBinanceとパートナーシップを結んでいます。Binance Launchpadプロジェクトに登録されており、BinanceによってGifto(ギフト)の安全性が保証されているようなものです。また、以上の経緯からすぐにBinanceへの上場も行われると考えられます。

また、Gifto(ギフト)のICO時の資金調達では1分間で全て売り切れるほどの人気を白しています。この時調達した資金は約33億円と言われておりGifto(ギフト)への期待の高さが伺い知れます。

仮想通貨Gifto(ギフト)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

ホワイトペーパーによるとGifto(ギフト)は現在三段階に今後の展開を分けておりそれを説明すると

フェーズ1(2018年1月)

Upliveでコンテンツ配信者が使えるGifto(ギフト)プロトコルアルファ版を配信

フェーズ2 (2018年1~3月)

世界中のコンテンツ配信者が使えるGifto(ギフト)プロトコルのβ版を配信

フェーズ3 (2018年7~9月)

正式版のGifto(ギフト)プロトコルの一般公開

それ以降も改善を続けていく

以上のようにGifto(ギフト)にとって2018年はGifto(ギフト)にとって成長の年となりそうです。

仮想通貨Gifto(ギフト)のチャート

#

仮想通貨Gifto(ギフト)が購入できるおすすめ取引所と買い方

Gifto(ギフト)を購入するには、海外取引所であるBinanceから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

1. CoinExchangeなどの国内取引所に登録

2. 国内取引所でビットコインを購入する

3. Binanceに登録する

4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する

5.Gifto(ギフト)を購入する

Binance(バイナンス):https://www.binance.com/

仮想通貨Gifto(ギフト)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。Gifto(ギフト)の特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?Gifto(ギフト)はこれまで上位層しか十分に稼げなかったコンテンツクリエイターの業界に新しい風を吹き込みました。まだ人気が出てないが質の高いコンテンツを提供するクリエイターとそんなクリエイターを応援したいファンの仲立ちをすることで質が高く多様性に富んだコンテンツの配信を可能にすることでしょう。また、その安定性も十分でバックに世界最大の取引所であるBinanceがいることからも期待度の高さが伺えます。今後もGifto(ギフト)がSNS上のコンテンツにどのような影響を与えていくのかに注目が集まっています。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Viuly(ヴィウリー、VIU)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はViuly(ヴィウリー、VIU)を紹介します。Viuly(ヴィウリー、VIU)はYoutubeに代わりうる新たな動画ストリーミングサービスです…

2018/4/11

仮想通貨MSD(エムエスディー/MSD)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMSD(エムエスディー/MSD)を紹介します。MSD(エムエスディー/MSD)はマレーシアの多国籍企業Monspaceのプロジェクトです。そん…

2018/5/7

BitShares(BTS、ビットシェアーズ)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つBitShares(BTS、ビットシェアーズ)を扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!BitShares(BTS、ビット…

2018/5/7

仮想通貨ION(アイオン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はION(アイオン)を紹介します。ION(アイオン)はイーサリアムブロックチェーン上で開発されるゲーミングプラットフォームプロジェクトです。そん…

2018/4/17

仮想通貨FLik(FLIK・フリック)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

今回は仮想通貨FLik(FLIK・フリック)を紹介します。FLikはエンターテイメントエコシステムで、映像のクリエイターをバックアップします。また、…

2018/4/11

2018年仮想通貨comsa(CMS・コムサ)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はcomsa(CMS・コムサ)を紹介します。comsa(CMS・コムサ)はICOを支援するプラットフォームとして誕生しましたが今後はどうなるので…

2018/5/7

AdEx(アデックス/ADX)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つAdEx(アデックス/ADX)を取り扱う国内、海外仮想通貨取引所を紹介していきます!AdEx(アデックス/ADX)を賢く、お得に…

2018/5/7