search_toggle

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)は取引所のアグリゲーター??

 B2BXは仮想通貨取引のアグリゲーターを開発するプロジェクトです。

 アグリゲータ―とは、「すべての情報を統合するもの、集合体」という意味です。身近なところでは、

 

・求人サイト「indeed」

・航空券予約サイト「Skyscanner」

 

 など様々な情報をAPIという技術を使って他サイトから引っ張り込み集約しているサイトを、アグリゲーションサイトと呼びます。

 

 B2BXは取引所を統合することで、取引所を一手に管理することによって取引の安全性を確保すると同時に、より仮想通貨に流動性をもたせるためのアグリゲートとなるサービスです。

 

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)の基本データ

#

・通貨名: B2B

・取引開始日:2017年12月11日

・発行上限:19,822,337 B2B

・現在の流通量:16,175,576 B2B(2018年3月時点)

・時価総額:$8,449,296 USD (2018年3月時点)

・公式サイト:https://www.b2bx.pro/ja/

・ホワイトペーパー:https://www.b2bx.pro/docs/b2bx_white_paper-ja.pdf

・Blockchain Explorer(取引詳細): https://etherscan.io/token/0x5d51fcced3114a8bb5e90cdd0f9d682bcbcc5393

・公式フォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2735826.0

・twitter:https://twitter.com/b2broker_net

・telegram:https://t.me/B2BX_ICO_eng

・telegram登録人数: 1957人

・reddit: https://www.reddit.com/r/B2BX/

・Facebook: https://www.facebook.com/B2BXICO/

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)が解決する社会的課題

#

現状の課題1:認可されていない取引所が乱立している

 日本は他国に先んじて取引所の許認可制などの仮想通貨にまつわる法規制を進めてきましたが、他国ではそもそも許認可制度が整備されていなかったり、未認可のまま運営している取引所は多く存在します。これではトレーダーは安心して取引することはできません。

 

 B2BXは取引所のアグリゲーターとなり、各取引所のルールなどを一括管理します。

 

現状の課題2:仮想通貨の流動性が低い

 取引の流動性は多ければ多いほど、より取引を活発にします。現在取引所が乱立しており、同じ通貨の取引が分散しています。マイナーな草コインなどはマイナーな取引所でしか扱われおらず、かつ分散しているなんてことがよくあります。

 B2BXはこれらを統合することによって、仮想通貨の流動性を高めます。

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)の優位性

B2BX(ビーツービーエックス・B2B)による課題の解決策1

 ゲートウェイ、ブリッジ、オープンAPIを通じて、MetaTrader4, MetaTrader5, PrimeXM Trader, FX Inside, C-Trader等の代表的な取引プラットフォームとの提携を行います。1000を超える為替仲介企業を通じての暗号通貨の流動性を確保、供給を行うために、B2BXはPrimeXM、OneZeroアグリゲーターとの提携を行います。

 銀行、ヘッジファンド、リクイディティープロバイダー(流動性供給者)を通じての暗号通貨流動性の確保、供給を行うために、B2BXはECNプラットフォーム最大手のIntegralとの提携を行います。

 また、B2BXはCoinmarketcapのデータに従って他の主要な仲介企業、リクイディティープロバイダー、銀行、ヘッジファンド、一流の暗号通貨取引所等と提携を行います。

B2BX(ビーツービーエックス・B2B)による課題の解決策2

 B2BXと統合された法人に対して、取引・金融監査機関による監督を行います。顧客が安心して仲介企業を選択できるように、B2BXは仲介企業の信頼保証のためのレーティングを行って公表しています。

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

#
  • 法的な認可の元で流動性供給を行うための日本のライセンス「JFSA」の取得
  • 日本の東京に代理店を設置
  • チームの拡大:顧問弁護士1人、日本のオフィスでの社員10人、流動性供給の技術的サポート管理者10人、PHP開発者5人をそれぞれ追加
    暗号通貨におけるB2BXアグリゲーターとPrimeXMアグリゲーターとの提携
  • 暗号通貨におけるB2BXアグリゲーターとPrimeXMアグリゲーターとの提携
  • Coinmarketcapのデータに基づいた1年間の取引量がトップ10以内の取引所4つとの提携と、全ての売買注文と保有金融商品に対するリスク分散の信用取引のための、1取引所につき50万ユーロの信用取引口座への入金
  • Equinix ニューヨークNY4とEquinix東京でのインフラ運用
  • 20種類以上の全自動での入金と出金可能な決済システムとトレーダーズルームの提携
  • 法人向け投資プラットフォームとソーシャルトレーディングシステムのために行う、現在のスタンドアローン型ウェブサイトインターフェースとインラインフレームの改修
  • クラウドセール売り上げの10%はB2BXのグローバルマーケティングのために費やします

 日本語の公式HPがあり、ロードマップでも日本に代理店を設置する予定もあるなど、日本はターゲットになっているようです。

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)のチャート・将来性

#

 ほんの15分で1ドル付近から5.6ドルまで上昇したこともあります。直近では0.6ドルから1ドルの間を推移しており、目立った動きはありません。リリース当初から時価総額が1000万ドル近くを安定して推移しており、いきなり資金が抜けて流動性が全くなくなる状況は考えにくいのではないでしょうか。


<懸念点>
B2BXトークンの使い道は今回の調査ではよくわかりませんでした。WPにも、「トークンリリースの目的は、プロジェクトに加速度を与えることです。」とあるので、ただの資金調達のためのICOの可能性があります。それ自体が悪いことではないですが、使い道がはっきりしない通貨が流動性を持ち得るかは疑念が残るところです。

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)が購入できるおすすめ取引所と買い方

#

B2BX(ビーツービーエックス・B2B)を購入するには、海外取引所であるYobitから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. CoincheckやBitflyerなどの国内取引所に登録
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Yobitに登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.B2BX(ビーツービーエックス・B2B)を購入する

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)のウォレット

#

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)はMy Ether Walletで保管できます。

 

仮想通貨B2BX(ビーツービーエックス・B2B)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。B2BX(ビーツービーエックス・B2B)の特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

 1度でも株や仮想通貨の取引をした方はわかると思いますが、板の流通量が少ない取引所で売買すると、他の取引所より不利な価格で約定することが多いです。B2BX(ビーツービーエックス・B2B)は各取引所が統合することによって不利な約定を解消でき、かつ包括的にルールを管理できれば投資家にとっては喜ばしい反面、時代は分散型取引所へ移り替わろうとしています。B2BX(ビーツービーエックス・B2B)がこれからの仮想通貨界に受け入れられるのか、B2BX(ビーツービーエックス・B2B)のこれからに注目です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨APX(エーピーエックス)の特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はAPX(エーピーエックス)を紹介します。APXは仮想通貨界の資産運用・マイニング・情報提供プロジェクトです。そんなAPXですが、どんな仮想通貨…

2018/4/9

TenX(テンエックス)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つTenX(テンエックス)を取り扱っている国内、海外仮想通貨取引所を紹介します。TenX(テンエックス)を運用するにあたってお得で…

2018/5/7

Rialto(XRL・リアルト)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Rialtoは保有するだけでAIの利益が配当されるトークンです。そして、流動性の低い仮想通貨市場で、Rialtoは利益を上げるためのAI開発として稼…

2018/5/9

BitShares(BTS、ビットシェアーズ)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つBitShares(BTS、ビットシェアーズ)を扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!BitShares(BTS、ビット…

2018/5/7

HTトークン(Huobi Token)とは?概要や特徴、買い方、価格、チャート、将来性、評判について徹底解説!

HTトークン(Huobi Token)は香港の大手仮想通貨取引所Huobiが発行する独自トークンです。HTトークンは新規上場通貨の投票などに使用され…

2018/6/11

Decentraland(ディセントラランド/MANA)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つDecentraland(ディセントラランド/MANA)を取り扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!Decentrala…

2018/5/7

AdEx(アデックス/ADX)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つAdEx(アデックス/ADX)を取り扱う国内、海外仮想通貨取引所を紹介していきます!AdEx(アデックス/ADX)を賢く、お得に…

2018/5/7