search_toggle
仮想通貨Maker(メイカー・MKR)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

Maker(メーカー/MKR)

70,965.3 JPY

前日比

-2.47%

前週比

21.87%

640.684 USD

前日比

-2.47%

前週比

21.87%

0.161275 BTC

前日比

-2.039%

前週比

11.327%

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)はTetherと同じペッグ通貨?

#

 仮想通貨Maker(メイカー・MKR)は、DAI(ダイ)というペッグ通貨を安定させるためのイーサリアムトークンです。DAIは中央機関を必要とせずに発行されるペッグ通貨で、代表的なペッグ通貨であるTetherの弱点を、Maker(メイカー・MKR)を利用した価格安定システムにより乗り越えています。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)の基本データ

#

・通貨名:Maker(メイカー・MKR)

・取引開始日:2017年11月25日

・発行上限:1,000,000 MKR

・現在の流通量:618,228 MKR

・時価総額:$372,100,785 USD 

・公式サイト:https://makerdao.com/

・ソースコード:https://github.com/makerdao

・ホワイトペーパー:https://makerdao.com/whitepaper

・Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/Maker

・公式フォーラム:https://twitter.com/MakerDAO

・twitter:https://twitter.com/MakerDAO

・reddit:https://www.reddit.com/r/maker/

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)が解決する社会的課題

#

現状の課題:ペッグ通貨の裏付け、信用できる?

 ペッグ通貨とは法定通貨の裏付けがあり、法定通貨とほぼ等しい価格で取引されている通貨のことです。

 代表的なペッグ通貨としてTether(テザー)という仮想通貨があり、取引所でフィアットの代わりに使われています。

 なぜこういったペッグ通貨が存在するかというと、仮想通貨のほうが送金の手数料を低く抑えられ、送金速度も速いからです。また、日本の場合は法定通貨に換えた時点で在勤が発生するので、一時的に法定通貨に変換したいときに、ペッグしているTetherと交換するなど、非常に有用な代物です。

 

  しかし、Tehterの発行主体は法定通貨発行権のある政府ではなく、一民間企業です。本当に裏付けとなるドルを持っているのかの疑念は常に残ります。

 

 それを解決するために、担保を分散型で集め、発行主体を一極集中せず、かつ、価格の安定した通貨を生み出すために利用されるトークンがMaker(メイカー・MKR)です。

カスタマー・ターゲット

 仮想通貨の投資家と取引所が利用者になります。

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)の優位性

課題の解決策:分散型ベッグ通貨「DAI」

 そもそも仮想通貨は、互いの信頼を必要とせずに取引ができること(信頼コストが低い)が革新的であったのに、Tetherの様にその信用を疑う必要があるというのはナンセンスです。
 仮想通貨Maker(メイカー・MKR)は、DAO(自立的分散型コミュニティ)を通して、特定の中心機関を必要とせずにMakerと紐づいたペッグ通貨である「DAI」の価格を安定させ、より信頼のおけるペッグ通貨を生み出すために作られました。

 下記でその仕組みを見ていきましょう。

仮想通貨DAIとMakerの関係性

DAI = Tetherと同様ドルにペッグする仮想通貨

 

MRK = DAIの価値を裏付けるトークン 

 DAIはドルとペッグする仮想通貨であり、イーサリアム上に設計されたトークンです。

 DAIの価格がドルと乖離すると、MRKトークンホルダーは投票によって目標レートを変更します。Target Rate Feedback Mechanismという仕組みにより、CDPからDAIの生成コストが変化し、価格が戻るように需給が自然に調整されます。

CDP(Collat​​eralized Debt Positions)で誰でもDAIを発行できる

 CDP(Collateralized Debt Positions)というスマートコントラクトで、誰でもDAIを発行することができます。DAIの裏付けとなる資産はTetherと異なり分散しているわけです。

 DAIを発行するには、まずETH(イーサリアム)を担保としてCDPに預けます。ETHの額に応じてDAIが発行されます。ゆくゆくは他の試算も担保として利用可能になる予定です。

 MKRトークンはCDPにおける決済手段及び、MKRホルダーがDAIの価格を安定させるための投票システムの際の投票権になります。

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)のチャート・将来性

#

 日本では余り馴染みがないように思えるのですが、海外では需要があるのか、2018年3月27日時点でコインマーケットキャップのランクが37位と意外と高い印象です。
価格は609ドルで、最高値の1687ドルから277%近く落ちていますが、他のコインの暴落の規模と比較するとそれほど落ちていないです。
 情報が少ないため売り買いの判断が難しいところですが、価格だけ見れば人気のある通貨と言えるでしょう。

将来性は?

 仮想通貨Maker(メイカー・MKR)の価格は、つまりはDAIというペッグ通貨への需要と置き換えることができます。現状最も利用されているペッグ通貨はUSDTehterで、市場の不信感は拭えていない状況です。DAIの知名度と信頼性、ユースケースの増加とともに、価格が上昇する可能性はあるでしょう。

 

 Tetherに関わる疑惑については、こちらの記事で詳しく解説してありますのでご参考ください。

https://coinwall.jp/196

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)が購入できるおすすめ取引所と買い方

#

Maker(メイカー・MKR)を購入するには、海外取引所であるgate.ioから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

1. CoincheckやBitflyerなどの国内取引所に登録

2. 国内取引所でビットコインを購入する

3. gate.ioに登録する

4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する

5.Maker(メイカー・MKR)を購入する

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。Maker(メイカー・MKR)の特徴、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

 ボラティリティの高い仮想通貨の投資家にとって、信頼できるペッグ通貨の存在は、Tetherの信用が既存されている今渡りに船です。実際にDAIは機能しているのでMaker(メイカー・MKR)の今後には注目していきたいところです。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨SALT(ソルト)とは?特徴、取引所、チャート、将来性解説!

今回はSALT(ソルト/SALT)を紹介します。SALT(ソルト/SALT)は銀行を介さずに融資活動を可能にするプロジェクトです。そんなSALT(ソ…

2018/4/3

仮想通貨DigixDAO(DGD・ディジックスダオ)とは?特徴などを徹底解説

今回説明するのは仮想通貨DigixDAOです。DigixDAOとは実際の金をトークン化することで、移動させるのに手間がかかる金の取引を、インターネッ…

2018/3/15

仮想通貨bitCNY(BITCNY/ビットシーエヌワイ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はbitCNYを紹介します。bitCNYはビットシェアズ(bitshares)内で取引されている仮想通貨の一つです。そんなbitCNYですが、ど…

2018/4/14

仮想通貨Melon(MLN・メロン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

デジタル資産を管理する仮想通貨Melon(MLN・メロン)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるのでしょうか。Melonとはどんな仮想通…

2018/3/31

仮想通貨bancorとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はbancorを紹介します。bancorは技術により買い手や売り手が見つからないという流動性リスクを回避できる仮想通貨です。そんなbancorで…

2018/3/24

仮想通貨ETHLend(LENDトークン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はETHLend(LENDトークン)を紹介します。ETHLend(LENDトークン)は仮想通貨の貸し借りを可能にするプロジェクトです。そんなET…

2018/4/9

仮想通貨Tether(テザー)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はTether(テザー)を紹介します。Tether(テザー)は法定通貨とほぼ等しい価値を持つPeg制を取っている仮想通貨です。そんなTether…

2018/3/24