search_toggle
仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

ReddCoin(レッドコイン/RDD)

0.142461 JPY

前日比

-1.13%

前週比

9.85%

0.00128616 USD

前日比

-1.13%

前週比

9.85%

0.00000032 BTC

前日比

-0.693%

前週比

0.347%

仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)はソーシャルネットワークコイン?

ReddCoin(レッドコイン)はソーシャルメディアネットワーク上において仮想通貨での価値移動を可能にするために創出されました。例えば、FacebookやTwitterでのいいねには現実上の価値はありません。しかし、ReddCoin(レッドコイン)はSNS上での価値移動をシームレスに可能にするプラットホームを作り出すことでSNSにおけるコンテンツ提供者とそのサービスの受取り手の間をより密接にすることを可能とします。また、ReddCoin(レッドコイン)は仮想通貨に触れたことのない一般の方ににもコインが普及されることを目指しています。

上記のようなサービスを実現するために様々なSNS上でReddCoin(レッドコイン)を取引できる環境の構築に取り組んでいてTwitter、Twitch、Justin.TV、RedditではすでにReddCoin(レッドコイン)を使用することが可能になっています。

また、ReddCoin(レッドコイン)では画期的なシステムとしてPoSVを利用しています。これは現在多くの仮想通貨で使われているPoW(Proof of Work)やPoS(Proof of Stake)の問題点を解決したシステムで無駄な電力消費を抑えるとともに経済の活性化に繋がる可能性を秘めているシステムです。

ただし、このようなシステムの説明は色々とあるものの未実装のままプロジェクトが進行していなかったりそもそもマイルストーンの完了時期が明記されなかったりしているので今後に期待できるかどうかには強い疑問の余地があります。

ただし、このようなシステムの説明は色々とあるものの未実装のままプロジェクトが進行していなかったりそもそもマイルストーンの完了時期が明記されなかったりしているので今後に期待できるかどうかには強い疑問の余地があります。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)の基本データ

 ・通貨名:ReddCoin(レッドコイン)
 ・取引開始:2014年1月26日
 ・発行上限:なし
 ・現在の流通量:28,798,300,354 RDD(2018年3月時点)
 ・時価総額:$148,128,090 USD (2018年3月時点)
 ・ブロック生成速度:約1分 (2018年3月時点)
 ・コンセンサスアルゴリズム:PoSV(Proof of Stake Velocity)
 ・公式サイト:ReddCoin(レッドコイン)公式サイト
 ・ホワイトペーパー:ReddCoin(レッドコイン)ホワイトペーパー
 ・Blockchain Explorer(取引詳細):ReddCoin(レッドコイン) ブロックチェインエクスプローラー
 ・公式フォーラム:ReddCoin(レッドコイン)フォーラム
 ・twitter:ReddCoin(レッドコイン)公式ツイッター
 ・telegram:ReddCoin(レッドコイン)公式telegram

仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)が解決する社会的課題

SNS上でのチッププラットフォームサービスを展開しようとしているReddCoin(レッドコイン)ですが、そのサービスの特徴はどのような社会的問題を解決できるでしょうか。その問題とReddCoin(レッドコイン)が提示しているサービスについて見ていきましょう

仮想通貨を送付するアドレスが間違いやすい

現状で多くの仮想通貨のアドレスはランダムな27-32桁の英数字なのでコインを間違ったアドレスに送付してしまいコインを失ってしまうケースが多く見られました。しかし、ReddCoin(レッドコイン)はRedd-IDというサービスを導入することでこの問題について解決を試みています。

SNS上でのめぼしいチップサービスがない

#

現在SNS上でのサービス提供者(youtuberなど)は広告収入によって資金を調達しています。なのでサービスの受取手側から能動的にチップを送るためのメジャーな仕組みは存在していません。そこでReddCoin(レッドコイン)はシームレスなチップチッププラットフォームを作りこの問題を解決しようとしています。

マーケット・カスタマー・ターゲット

ReddCoin(レッドコイン)のカスタマーやマーケットは将来的にはあらゆるSNSの利用者となる予定です。現状ではまた、Twitterなどの一部のSNSサービスに留まっています。
もし、ReddCoin(レッドコイン)が浸透すればSNS上でサービスを提供する側そしてそれを受けとる側の双方がカスタマーになるということです。

仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)の優位性

現在有力なチッププラットフォームを提供しているサービスがない中ReddCoin(レッドコイン)がその分野にてシェアを獲得するべくに打ち出しているサービスについて詳しく解説していきます。

PoSV(Proof of Stake Velocity)

PoSV(Proof of Stake Velocity)とはPoWやPoSに変わるコンセンサスアルゴリズムのことでPoSの仕組みにそのユーザーがどれだけ経済的に活動しているかという評価軸を加えたものになります。このシステムの優位性は

  • 無駄な電力が消費されないこと

BTCなどで採用されているPoWではマイニング時の大量の電力消費が問題点としてあげられてきました。PoSVはPoS同様に大量のReddCoin(レッドコイン)を保有しているユーザーにしかマイニングに参加するメリットがないのでマイナーの数を最小限に抑えることができる点において優れており、同時に「51%攻撃」を排除し通貨自体の安全性能を向上させています。

  • ユーザーの活動性も評価

PoSではユーザーの保有量だけを目安にしていたのでその通貨の状態を問題にしていませんでした。しかし、PoSVはそのユーザーがどれだけ経済活動に貢献していたかを評価軸に加えることで報酬を受けとることユーザーが一部に偏るのを防ぐことに成功しました。

チッププラットフォーム

SNS上でのソーシャルネットワークコインを自称するReddCoin(レッドコイン)の一番の目玉機能がこのチッププラットフォームサービスの提供です。現在主だったSNSには投げ銭をの授受をするシステムが発達していませんでした。そこでReddCoin(レッドコイン)は投げ銭の機能を簡単に行うことを可能としました。これにより、ウェブ上でのサービス提供者、その受取手の双方がメリットを受けさらなるSNS上でのサービスの拡大を呼ぶことができると思います。

ReddCoin(レッドコイン) Bloadcast

#

ReddCoin(レッドコイン)Bloadcastはユーザーが拡散した情報をReddCoin(レッドコイン)のアプリ上で拡散することを可能としたシステムです。これによりこ広告、拡散を行うことができるので経済活動を促進する一つの手段として有効になってくると考えられます。

ReddCoin(レッドコイン)Electrum

ReddCoin(レッドコイン)のウォレットにReddCoin(レッドコイン)のブロックチェーン上の取引の記録を自動で同期するための仕組みです。これは非常にスピーディーに行われるため簡単にReddCoin(レッドコイン)の管理を行うことができます。このシステムは新規ユーザーの獲得に有利だと思われます。

Redd-ID

現在の多くの仮想通貨のシステムでは複雑なアドレスを用いいなければならずそのために送信先のミスが多発していることが問題点となっていました。

しかし、ReddCoin(レッドコイン)はRedd-IDはSNSのIDと関連づけてIDを形成することで送り間違いを防ぐとともにブロックチェーン上でこのシステムを稼働するのでセキュリティも担保することができます。これによってReddCoin(レッドコイン)はユーザーフレンドリーなシステムの構築を目指しています。この機能は今後実装される予定です。

仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)のチャート・将来性

#

仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)が購入できるおすすめ取引所と買い方

ReddCoin(レッドコイン)を購入するには、海外取引所であるBittrexCryptopiaから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

1. CoinExchangeなどの国内取引所に登録

2. 国内取引所でビットコインを購入する

3. BittrexCryptopiaに登録する

4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する

5.LIFE(ライフ)を購入する

Bittrex(ビットレックス):https://bittrex.com/
Cryptopia(クリプトピア):https://www.cryptopia.co.nz/

仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)のウォレット

ReddCoin(レッドコイン)には公式のウォレットがあるのでウォレットを持つ際には使ってみてはいかがでしょうか

ReddCoin(レッドコイン)Wallet

仮想通貨ReddCoin(レッドコイン)のまとめ

#

ここまでお読みいただきありがとうございました。ReddCoin(レッドコイン)の特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?ReddCoin(レッドコイン)は有名なSNS上でのチップサービスを展開する会社のない中サービス展開を行なっているので今後業績が上昇するかのせいがあります。ただし、公式のマイルストーンが存在せず、実装予定の機能が予定日を過ぎても実装されずその音沙汰もないなどユーザーの中には不信感を持っている方も少なくないようです。投資される際は常に最新のニュースをみながら慎重に行われることをお勧めいたします。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨ECC(E-Currency コイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はECC(E-Currency コイン)を紹介します。ECC(E-Currency コイン)はインターネット上で行われるサービスの多くをブロック…

2018/3/23

ReddCoin(レッドコイン/RDD)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つReddCoin(レッドコイン/RDD)を扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!ReddCoin(レッドコイン/RDD)…

2018/5/7

仮想通貨Pinkcoin(PINK・ピンクコイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

今回は仮想通貨Pinkcoin(PINK・ピンクコイン)を紹介します。Pinkcoinはチャリティと仮想通貨を組み合わせたブロックチェーンプロジェク…

2018/4/11

2018年仮想通貨なんJコイン(ナンジェーコイン/NANJ)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はなんJコイン(ナンジェーコイン/NANJ)を紹介します。なんJコイン(ナンジェーコイン/NANJ)はスポーツに特化した国産通貨です。新たな取引…

2018/5/12

仮想通貨LIFE(ライフ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はLIFE(ライフ)を紹介します。LIFE(ライフ)はイーサリアムブロックチェーン上に記述されたERC20トークンです。そんなLIFE(ライフ)…

2018/3/24

仮想通貨XP(Experience Points)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はXP(Experience Points)を紹介します。XP(Experience Points)は現実世界やゲームの中でのレベルアップを現実…

2018/4/23

仮想通貨BlackCoin(ブラックコイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はBlackCoin(ブラックコイン)を紹介します。BlackCoinは初めてProof of Stake(PoS)を使った仮想通貨です。そんな…

2018/4/14