search_toggle
ERC20とは?特徴・将来性・取引所・ウォレット等をご紹介

ERC20(/ERC20)

6.87654 JPY

前日比

2.26%

前週比

8.45%

0.0621613 USD

前日比

2.26%

前週比

8.45%

0.00001639 BTC

前日比

2.712%

前週比

-0.932%

ERC20とは?

#

ERC20は仮想通貨ではなく、仮想通貨の種類の1つです。

 

イーサリアムのブロックチェーン上ではETH以外に独自の仮想通貨を発行することができます。そのため、ICO(仮想通貨による資金調達)を行う場合はイーサリアムがよく使われます。

 

ERC20はイーサリアムのブロックチェーンで仮想通貨を発行するときの、統一されたルールのことを指します。これはEthereum Request for Comments:Token Standard#20の略称です。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

ERC20が解決する社会的課題

現状の課題:仮想通貨の銘柄ごとにウォレットを準備する必要がある

#

発行されるトークンごとに異なる技術やプログラミング言語が使われると、それに合わせて異なるウォレットを準備する必要があります。この場合、投資家たちはトークンに合わせて、新たなウォレットを用意しなければならず、開発者も独自に開発を進めていくことになり、お互い負担が増えてしまいます。

課題に関わっている既存のプレイヤー:ICOをする人・開発者・取引所・投資家

これらのプレイヤーはそれぞれ役割は異なります。ICOする人や開発者は独自の仮想通貨の開発や管理をします。取引所は仮想通貨の売買の仲介をするとともに、仮想通貨ごとに上場を許可するかの審査を行います。投資家は仮想通貨の売買を行いながら、自らのウォレットで管理しています。

ERC20の優位性

ERC20による課題の解決策:共通のルールづくり

#

ERC20という統一されたルールが決められたことで、イーサリアムのブロックチェーン上で独自トークンを発行すれば、先ほど紹介したプレイヤーそれぞれが恩恵を受けることができます。

 

まず、ICOやその仮想通貨の開発チームはあらかじめ、大まかな仕組みは決まっているため、開発を進めやすくなります。

 

取引所としても、ERC20で作られている仮想通貨には一定の安全性が担保されるため、審査を行いやすくなります。

 

投資家としても、ERC20の仮想通貨が増えれば、より少ないウォレットで複数の仮想通貨を管理できるようになり、大幅に負担を減らすことができます。

ERC20の将来性

現在多くのICOはイーサリアムのブロックチェーン上で行われて、今後もERC20のトークンによるICOは盛んになるでしょう。

 

しかしその一方で、詐欺目的のICOが横行しているのも事実です。そのため、政府などがICOに規制をするようになる可能性も考えられます。将来的にICOが資金調達の手段として一般的になるかどうかは、どの程度規制されるかに大きく影響されると考えられます。

ERC20の仮想通貨の紹介

ERC20が取り入れられている仮想通貨はたくさん存在します。
その一部の銘柄のリンクを載せてみたのでもしよかったら見てみてください。
・Waves(ウェーブス)https://coinwall.jp/41
・Wings(ウィングス)https://coinwall.jp/120
・Gnosis(ノーシス)https://coinwall.jp/67
・Augur(オーガ)https://coinwall.jp/74

ERC20専用のウォレット

ERC20に対応しているオススメのウォレットはMyEtherWallet,Metamask,HB Walletなどがあります。
この中で最もメジャーなのはMyEtherWalletですが、それぞれメリット・デメリットがあるので、好みのウォレットをお選びください。
ちなみにこの中でスマホ対応しているのはHB Walletだけなので、スマホで管理したい方はこのウォレットがオススメです。

ERC20のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

ERC20とは特徴、メリット、将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

 

イーサリアムのプラットフォームを利用したICOが増えていけば、皆さんもERC20のウォレットを使うことになるでしょう。

 

また、悪質なICOで溢れているので、しっかり情報収集をしてからICOに参加するように心がけましょう。

関連記事

仮想通貨を安全な保管に必須のTREZORの仕組み、使い方、買い方を解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ICOとは?仮想通貨を使った新しい形の資金調達!ICOの主な流れを解説します

「仮想通貨のICO」は開発の為の資金調達などの目的で使われる新しい形の資金調達です。ICOの特徴や仕組み、メリットデメリットまで詳しく解説します。ま…

2018/7/16

「仮想通貨のICOとは?」の疑問に答えます

”仮想通貨のICO”。近頃話題になっていますが、「具体的な内容が分からない!」という方いらっしゃるのでは?実は、IPO(新規公開株)と構造は似ている…

2018/5/1

「仮想通貨が上場する」ってどういう意味?

昨今、「仮想通貨が上場する!!」と言うことが耳に入りませんか?そんな時に「上場って何?ICOと何が違うの?株式とも違う?」と思う方もいるのではないで…

2018/4/15

2018年イーサリアムのICOとは?イーサリアムとICOの関係性について解説

成功すれば何倍何十倍もの利益を見込める投資方法であるICOですが、なぜイーサリアムが資金調達の通貨としてよく使われているのでしょうか?今回はICOの…

2018/5/2

仮想通貨COMSA(CMS・コムサ)の特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのはCOMSA(CMS・コムサ)です。ICOのプラットフォームを提供するという新たなタイプの仮想通貨です。COMSAはどんな機能の仮想通…

2018/3/24

2018年仮想通貨comsa(CMS・コムサ)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はcomsa(CMS・コムサ)を紹介します。comsa(CMS・コムサ)はICOを支援するプラットフォームとして誕生しましたが今後はどうなるので…

2018/5/7

ICOプラットフォームとして誕生したCOMSAの今後のICO案件は?

昨年ICOで100億円以上調達することに成功したCOMSAですが、未だにICO案件は1つも行われていません。COMSAがICO案件を行えない要因とは…

2018/6/10