search_toggle
仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

Neblio(ネブリオ/NEBL)

132.768 JPY

前日比

-1.24%

前週比

1.66%

1.20017 USD

前日比

-1.24%

前週比

1.66%

0.00031652 BTC

前日比

0.961%

前週比

13.308%

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)は企業にオープンソースのソリューションを提供する!

Neblioは、誰でも使えるよう簡単なプログラミング言語を使った、オープンソースのソリューションを提供する暗号通貨です。特に企業にとっては、ブロックチェーン技術を利用して、データの管理や、保存にかかるコストを削減することを可能にしてくれます。

従来のように複雑で、専門的知識がなければ取り扱うことができなかったブロックチェーン技術ですが、カスタマイズされたブロックチェーンを販売することで、収益をあげ浸透していく可能性が高いと言えるでしょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)の基本データ

 ・通貨名:Neblio(ネブリオ/NEBL)
 ・取引開始日:2017年7月27日
 ・発行上限:13,122,385 NEBL
 ・現在の流通量:12,923,897 NEBL(2018年3月時点)
 ・時価総額:$128,493,007 (2018年3月時点)
 ・コンセンサスアルゴリズム:PoS
 ・公式サイト:https://nebl.io
 ・ソースコード:https://github.com/NeblioTeam
 ・ホワイトペーパー:https://NeblioWhitepaper.pdf
 ・Blockchain Explorer(取引詳細):http://explorer.nebl.io
 ・公式フォーラム:https://bitcointalk.org/
・公式ブログ:https://nebl.io/blog/
 ・twitter:https://twitter.com/NeblioTeam
 

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)が解決する社会的課題

複雑なブロックチェーン技術

#

現在、トレンドとして急上昇している仮想通貨ですが、投機的なコインとしての仮想通貨と、ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームとしての仮想通貨の2つの面があります。
プラットフォームとしての仮想通貨には、様々な技術的な可能性があり、企業にとっても魅力のあるものです。特に、データの管理や共有といった方面では、高度な暗号化に特化した仮想通貨など、コストやセキュリティの面で実力を発揮するプラットフォームが多くあります。しかし、現在のブロックチェーン技術は難解なものが多く、企業が導入するには躊躇われることが頻繁にありました。
また従来だと、ITを専門とするエンジニアと、企業の経営者が直接出会える場所が限られていたことも、要因のひとつです。

“next-generation blockchain networks such as Neblio will ll the huge gap in the enterprise market to simplify the development and deployment of distributed applications that drive business value through blockchain technology.”

出典:https://nebl.io/

↑ホワイトペーパーでも、成熟しつつあるブロックチェーン技術を活用できている企業が少ないため、利益を生み出せる企業と、生み出せない企業との差が生じてしまっていることが言及されています。
そして、そのために開発されたのがNeblioのような次世代の仮想通貨ということになります。

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)の優位性

簡単なプログラミング言語によるオープンソースソリューション

#

「企業に対するソリューション」を提供するのが、Neblioの役割です。ここで言う「ソリューション」とは、いわゆる「課題解決」のこと。企業の抱える課題というのは多種多様で、例えば売上アップやコスト削減、効率化や競争力の上昇、カスタマーサティスファクション(顧客の満足度)の向上など際限がありません。それらの課題に対し、ITの力で解決策を提供することを「ソリューション」と言います。

Neblioの場合、プログラミングの専門的な知識がない人でもブロックチェーン技術を導入することができるようにすることが目的とされています。
また最終的には、カスタマイズされたブロックチェーンを販売する、つまり利用者が開発するべき部分を最大限まで削減することで、ブロックチェーン技術の導入に対するハードルを大幅に下げることを目標にすると言われています。

PoS(Proof of Stake)による承認アルゴリズムで、集中的なトランザクション障害を防止

Neblioでは、保有するコインの量に応じてマイニングの報酬を受け取ることのできる、PoSを承認アルゴリズムとして導入しています。
これにより、トークンを固定することができるため、集中的なトランザクション障害が発生しないように対策しています。

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)のロードマップ・今後のヴィジョン

Neblioのロードマップ

#

↑Bitcoin Forumで紹介されているNeblioのロードマップです。

1.ビジネスの場で、ブロックチェーン技術を用いたソリューションの需要が高まる
2.Neblioの公式公開、NEBLトークンの配布
3.AndroidとiOSに対応したウォレットアプリの展開
4.Neblioのネットワークに対応したAPIの導入
5.企業がNeblio導入に向けてNeblio市場へと参画していく

そして、2019年以降もより広い範囲で導入されていくことを目標にしていく、というロードマップが描かれているようです。

企業のプライベートなデータ管理に適したネットワーク?

今後のビジョンとしては、企業におけるプライベートなデータ管理の場で活躍していくことが期待されるとも言われています。

“There are cases, such as in the healthcare application example above, where a private Neblio blockchain network is more suited for a user’s business need than the main, public Neblio network.”

出典:https://nebl.io/

↑ホワイトペーパーで挙げられた例として、ヘルスケアアプリのデータ管理があります。

確かに、個人の健康データなどは外部に漏れては大問題な情報です。他にも、契約書や個人情報を企業が扱う場面は多くあります。このNeblioはパブリック(公式)で巨大なデータを取り扱うよりは、プライベートなデータを管理する場合に実力を発揮してくれるのかもしれません。

 

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)のチャート・将来性

Neblioのチャート

#

↑Neblioの価格変動を表すチャートです。
2017年7月に取引が開始されたのち、Binanceに上場された2017年12月頃に価格が急上昇しました。その後は落ち着いたものの、2018年の1月あたりからビットコインの暴落時にかけて、やや上がっているような印象も受けます。

Neblioの将来性

気になるNeblioの将来性ですが、企業や世間において、ブロックチェーン技術への興味が上昇するほど、Neblioの認知度も高まることが予想されます。現在のブロックチェーンのトレンドや勢いが、Neblioの価格にもどう影響するのか、今後の動きに注目が集まります。

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)が購入できるおすすめ取引所と買い方

Neblioを購入するには、海外取引所であるBinance(バイナンス)から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. Coincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Binance(バイナンス)の海外取引所に登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Neblioを購入する

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)のWallet(ウォレット)

#

ロードマップでも説明したように、Neblioのウォレットはすでにアプリとして実装、展開されています!
通常、ウォレットは仮想通貨ごとに開発する必要がある場合が多く、ウォレットが使用できない仮想通貨もありますので、非常な便利な機能と言えます。

↓NeblioのWallet登録はこちらから

https://nebl.io/wallets/

公式のウォレットがあることで、その通貨への信頼が一気に高まります。

取引所のウォレットで通貨を管理する場合GOXの危険性があるため、あまりオススメはできません。GOXとは、ハッキングなどの不正アクセスによって、保有していたコインが紛失してしまうことを言います。
Mt.Goxという取引所がハッカーによる不正アクセスで大量のビットコインが盗まれた事件が語源となっています。

また、自分自身のミスでコインを紛失してしまうセルフGOXという言葉もありますので、注意が必要です。

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)の最新ニュース・twitter情報

ICO後の着実な成長と実績

Neblio TeamのTwitterでは7万人ものフォロワーがいます。
2017年8月頃のICOの後、取引所への上場や価格の安定した伸びなど、着実に成長していくという印象を受けます。
定期的にtweetもしているため、Neblio周辺の最新情報をチェックすることができます。

仮想通貨Neblio(ネブリオ/NEBL)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。Neblio(ネブリオ/NEBL)の特徴、ロードマップ、将来性などについて解説してきました。
プラットフォームとしてのターゲットが企業であるという点で、Neblioの将来は、これからブロックチェーン技術がビジネスの世界にどれほど浸透していくかに左右されると言えるかもしれません!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨REX(レックス/REX)がIMBREX(インブレックス/REX)として再スタート?最新情報も含め将来性や今後の動きを解説!

今回はIMBREX(旧REX/インブレックス/REX)を紹介します。IMBREXは不動産データをブロックチェーン上に公開し不動産システムの課題解消を…

2018/5/27

仮想通貨Aeron(アーロン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はAeron(アーロン)を紹介します。Aeron(アーロン)はブロックチェーン技術で航空業界の安全性を高めるプラットフォームです。そんなAero…

2018/3/28

仮想通貨Siacoin(シアコイン、サイアコイン)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!

今回紹介するのは仮想通貨Siacoin(シアコイン、サイアコイン)です。画期的なストレージ管理の手段を提示する仮想通貨Siacoin(シアコイン、サ…

2018/3/11

仮想通貨CybCSec(サイバークリプトセキュリティ/XCS)とは?特徴、チャート、将来性など解説!

今回はCybCSec(サイバークリプトセキュリティ/XCS)を紹介します。CybCSec(サイバークリプトセキュリティ/XCS)は高度な匿名性を保障…

2018/4/23

仮想通貨Protean(プロティーン/PRN)とは?特徴、チャート、将来性など解説!

今回はProtean(プロティーン/PRN)を紹介します。Protean(プロティーン/PRN)はマルチプラットフォームとして、仮想通貨取引を促進、…

2018/3/28

仮想通貨MSD(エムエスディー/MSD)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMSD(エムエスディー/MSD)を紹介します。MSD(エムエスディー/MSD)はマレーシアの多国籍企業Monspaceのプロジェクトです。そん…

2018/5/7

2018年仮想通貨Qtum(クアンタム/QTUM)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はQtum(クアンタム/QTUM)を紹介します。Qtumはワンタイムアドレスやリング署名により高い匿名性を保障するという特徴がありますが、一方で…

2018/5/27