search_toggle
2018年仮想通貨Ripple(リップル・XRP)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

Ripple(リップル/XRP)

33.8582 JPY

前日比

-1.98%

前週比

-2.275%

0.298307 USD

前日比

-1.98%

前週比

-3.14%

0.00009036 BTC

前日比

1.977%

前週比

1.99%

Ic head point

この記事でわかること!

  • リップルの今後と将来性

  • リップルの価格予想

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    リップルを保有している人

  • Ic megafon notice

    リップルの今後が気になる人

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後と将来性を予測していきます!

仮想通貨Ripple(リップル・XRP)の今後と将来性について記事にしました。

 

リップルは、主に取引時間の短縮や手数料の削減を目的とした銀行間の国際取引、及び海外送金に使われる仮想通貨です。

 

 

今回は、2018年最新のニュースやこれから高騰する可能性と今後の将来性を解説しています。

さらに、リップルの優位性について分析し、今後を予測していきます。

 

リップルを取引したいならbitbank(ビットバンク)がおすすめです。

また、リップルを現物で購入したいならGMOコインがおすすめです。

 

どちらの取引所もャンペーンは今だけなので、この機会に登録してみましょう。

特に、bitbankは取引手数料が無料なのでかなりお得ですね。

口座開設はキャンペーン中の今がおすすめ!

  • Ic megafon notice

    bitbankは今なら取引手数料無料のキャンペーン中!

#
bitbank(ビットバンク)の無料登録はこちら

口座開設はキャンペーン中の今がおすすめ!

  • Ic megafon notice

    今なら無料口座開設するだけで20000satoshi/BTCもらえるキャンペーン中!

#
GMOコインの無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)最新ニュースをお届け!

最新ニュース① 新たなプロジェクト『Xpring』を発表

5月14日にRipple(リップル)社が新しいプロジェクトである『Xpring(スプリング)』を発表しました。

このプロジェクト内容は、リップルの通貨XRPや分散型台帳XRP Ledgerのシステムを使って顧客(企業や開発者)にリップルの技術を提供して、支援するというものです。

 

リップル社には、企業起業家開発者からリップル関連させたプロジェクトに対して、リップル社のサポートが欲しいという声が寄せられていたようで、今回それを受けて、リップル社は起業家たちのビジネスを成長させるため『Xpring』を立ち上げました。

 

今後、通貨XRPXRP Ledgerの特徴を活用することで、取引の速さやスケーラビリティ問題、安定性などを様々な分野で生かすことができます。

例えば、貿易金融からゲームデジタルメディアなど分野まで、様々な事業にリップルが活用されていく可能性が高まりました。

最新ニュース② 新たなRippleのシンボルマーク

#

5月14日にRipple(リップル)社が新しいプロジェクトである『Xpring』を発表しましたが、この発表と同時に通貨XRPの新たなロゴマークも発表しています。

この新たなロゴマークに対して、日本のリップルコミュニティであるリップラーの評価は賛否に分れています。

 

実は、このロゴマーク変更は、有価証券にされないためのブランディング戦略とも言われています。

従来のリップル社のマークは、会社のロゴマークであり、今後、通貨XRPと混同されると中央集権的に解釈される恐れがあるからです。

最新ニュース③ SBI北尾社長のリップル基軸ツイート

SBI北尾社長「Ripple(リップル・XRP)を今後独占的にリストアップする」とツイッターで発言しました。

さらに続けて「Rippleが世界標準の通貨となることを強く信じている」と付け加えています。

 

4月20日には、このツイッターの発言を好材料の一つとして、リップル(XRP)が高騰ました。

 

SBIといえば、SBIグループの仮想通貨部門「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)」リップル(XRP)のみを販売していたことでも有名です。

仮想通貨取引所SBIVCは、7月17日にようやく一般の募集が開始しています。

Ic head link

合わせて読みたい

最新ニュース④ 『Wallamart2World』企業間国際送金サービス開始予定

2018年4月3日から4月上旬にかけて、世界の中でもトップクラスの大企業であるウォルマートとマネーグラムが今後『Wallamart2World』というサービスを提供すると発表し、世界規模で送金できるサービスに向けて提携しました。

 

国際送金としては不可能だった一律手数料が可能で、今まで以上に速くて安いサービスが提供されます。

 

当初、リップル(XRP)が使われるとは書かれていませんでしたが、マネーグラムが関わっていると言うことで、リップルのxRapid技術(通貨XRPを使った送金)が使われることはほぼ間違いありません。

 

現在の時点で、この技術を使わずに、マネーグラムは10分の送金完了を可能にしています。

今後、通貨XRPがが導入されれば、これ以上の速さで送金が可能になると思われます。

 

※ウォルマートは日本の東京で言うマルエツやライフのようなスーパーマーケットです。

ウォルマートは時価総額世界17位の大企業で、目安として日本のトヨタは36位です。

最新ニュース⑤ 仮想通貨交換2社がリップル(XRP)取り扱い提案を拒否

リップル(XRP)取り扱いの提案がリップル社から出されたようですが、海外取引所Gemini(ジェミニ)コインベース(Coinbase)の2社が拒否したようです。

 

今後も、特にコインベースに上場するかどうかは、コミュニティの中でも注目されている話題です。

最新ニュース⑥ リップル主催の国際会議「SWELL」

2017年10月16日から18日まで、リップル社主催の仮想通貨カンファレンス「SWELL」が開催されていました。

これは、リップル主催のかなり大きかったイベントのひとつです。

開催地はカナダのトロントで、多くのリップル関係者がこのイベントに参加しました。

 

「SWELL」では、リップルの今後の目標や方針、新規の提携先などの発表が行われました。

当然ながら、XRPの価格に影響を及ぼすイベントだと今後も注目が集まっています。

 

SWELL公式ホームページには今年2018年も開催されるというようなことが書かれており、2018年にも「SWELL」が開催される可能性が高いです

最新ニュース⑦ 『三菱東京UFJ銀行』Rippleを利用した高速送金サービス開始を発表

20173月に、日本のメガバンクである三菱東京UFJ銀行が、米欧豪の大手銀行6と提携し「リップル(XRP)を利用した次世代型送金システムを作る」と発表しました。

 

三菱東京UFJ銀行は今後2018年をめどに、Rippleを利用した個人向けの24時間365日利用できる高速国際送金サービスの提供を予定しています。

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後と将来性は?Coinwal編集部がお届け

Coinwallのファンダメンタル分析でリップルの今後を予測します

この記事では仮想通貨の長い目で見た今後・将来性について、以下の観点から独自の評価を行います。

 

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

 

・ビジネス的な有用性

そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

 

・チーム

初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

 

・発信 マーケティング活動

上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

 

・コミュニティの熱狂度

仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。

Rippleの特徴はこちら[coinwall]

ビジネス的な有用性:今までの国際送金上の問題を解決

現在、海外に送金する際は、ほとんどの銀行でSWIFT(国際銀行間通信協会)というシステムが利用されています。

 

これは、海外の通貨備蓄資金など莫大な資金を用意できる大きな銀行を介して、送金したい相手の銀行に資金が渡っていく仕組みです。

 

当然、送金依頼の手続きや特定の銀行を複数介すので、手間がかかります。

加えて、送金手数料も約2000~6000円ほどかかります。

 

SWIFT海外送金ネットワークを利用して国際送金を行うと、複数の銀行を介して資金が移動していること送金する国同士の時差銀行の営業日時などの理由によって、国際送金に2~5日かかってしまうのが現状です。

 

また、送金に失敗すると1週間以上かかることもあり、送金完了するまでかなりの日数が必要となる可能性もあります。

 

つまり、国際送金システムであるSWIFTにはこのような問題があります。

 

  • 手間がかかる
  • 送金手数料が国内送金と比べて高い
  • 海外送金に時間がかかる

 

また、近年のSWIFTにおいては、不正送金が多発していることが問題となっています。

 

  •  SWIFTで不正送金が多発している

 

SWIFTだけでなく、ビットコインなどの他の仮想通貨も国際送金に使われると言われていますが、価格の変動が激しいことに加えて、送金手数料や時間に関しては技術上問題があるのは言うまでもありません。

 

  • 他の仮想通貨で国際送金ができるが今は実用的ではない

 

Ripple(リップル・XRP)が今後、世界的な国際送金の覇権を握るには、これらSWIFTの問題を解決する技術が必要であり、リップルはこの問題を解決しています

 

他の仮想通貨の国際送金についても、リップルほど具体的に銀行、企業と提携が決まっているものはほとんどありません。

 

リップル(XRP)がより具体的で実用的であることを、今後も世界に示すことができれば、送金プラットフォームのスタンダードになっていくと考えられます。

リップルのチーム①:Ripple社を主に引っ張る2名

・Chris Larsen

 

Chris Larsen氏は、Ripple社の取締役会長、及び共同創業者です。

フィンテック業界ではかなり有名なイノベーターです。

 

オンライン初のモーゲージローンプラットフォームであるE-Loanの共同創業者、元CEOです。

 

また、現在では一般的に使われるようになったクラウドファンディングP2Pレンディングの先駆けとなるアメリカ初のP2Pレンディングマーケットプレイス『Prosper Marketplace』共同創業者、元CEOでもあります。

 

2016年12月までリップル社のCEOを務め、2017年1月に取締役会長に就任しました。

 

2017年1月には、HSBCの技術諮問委員会の委員に就任し、同年3月にはIMFのアドバイザーに就任しました。

 

 

・Brad Garlinghouse

 

Brad Garlinghouse氏は、リップル社の最高経営責任者(CEO)、及び社長です。

 

リップル社に在籍する以前は、

  • Yahoo!の上級副社長
  • AOLの重役
  • 無料のファイル送信サービスの先駆けとなったHightail(旧YouSendIt)の取締役会長、CEO

を務めていました。

 

現在は、クラウド型動画作成サービスAnimotoの取締役も務めています。

 

2016年12月まで、Ripple社の最高業務執行責任者(COO)を務めて、2017年1月に最高経営責任者(CEO)に就任しました。

リップルのチーム②:提携銀行が多すぎる!

リップル社のSagar Sarbhai氏は、バンコクで開催されたFintech Fair 2018で、40~50の中央銀行がRipple社と協力していることを明かしています。

 

また、現時点で発表されている世界の中央銀行との提携7行です。

中央銀行以外に、提携が発表されている海外金融機関は、4月時点で54行です。

 

日本国内の金融機関では、61行がすでに提携を発表しています。

 

日本のメガバンクである三菱東京UFJ銀行なども提携を発表しているところから、リップル(XRP)を身近に感じることができます。

 

今後もまだまだ、提携が続くと予想されます。

リップルのチーム③:提携企業も多い

世界中の企業では、45社が提携を発表しています。

 

日本の企業では、SBI Holdings(SBIホールディングス)が有名です。

SBIは金融持株会社で、元々はSoftBank Investmentと社名でソフトバンクグループの金融関連企業として設立されました。

 

のちに、同グループを離脱して現在に至ります。

 

SBIは、2016年1月にRipple社の発行済み株式の17%を取得していて、同年5月に合弁会社の『SBI Ripple Asia』を日本に設立しました。

実は、この『SBI Ripple Asia』が日本国内で今後、リップルを語る際に重要な機関だと言えます。

Rippleを利用する銀行・企業(Ripple総合まとめ)

リップルのチーム④:『SBI Ripple Asia』は銀行が集まって連携

SBI Ripple Asiaとは、日本を中心としたアジア全体の新しい金融インフラの基盤を作り上げる共同会社です。
 

SBI Ripple Asiaは、日本国内61行が参加する内外為替一元化コンソーシアムの事務局を務めています。

※ 2018年5月現在 メガバンク3行、ゆうちょ銀行を含む邦銀61行がRippleを採用しています。

 

内外為替一元化コンソーシアムとは、簡単に説明すると「金融をより良くしたい銀行が集まったグループ」のことです。

外国為替に加えて、内国為替も一元的に行う決済プラットフォーム「RCクラウド」をリップルの技術と織り交ぜて構築することで、現在も実用化に向けて着々と進んでいます。

 

今後、このシステムが実用化されると、銀行の垣根を越えて決済や送金が効率的に行われることが可能になります。

この内外為替一元化コンソーシアムに参加したい銀行へのサポートをSBI Ripple Asiaが行っているというわけです。

リップルコミュニティの熱狂度

コミュニティはかなり活発です。

Ripple(リップル・XRP)保有者はリップラーと呼ばれて、ツイッター上で積極的に情報を発信しています。

 

日本では特に、このリップラーによってコミュニティが活発になり、情報なども拡散されやすい状況です。

かつてネオヒルズ族で有名だった投資家の与沢翼さんも、リップルに投資をしている投資家の一人です。

 

日本のコミュニティではかなり有名で、ツイッターでの今後の発言に多くの注目が集まっています。

リップルのリスク:中央集権的な通貨である

リップル社は一方的にリップル承認作業が行える他、リップルが怪しいと思ったアカウントを凍結することも可能だと噂されています。

 

つまり、リップル社の独断によって、コントロールできるシステムがあるとした場合、中央集権的なシステムだと言えるわけです。

 

ですが、この噂も根も葉もない情報と考えられます。

というのも、ビットコインの神様と呼ばれるロジャー・バー氏が、ツイッターでこのように発言しています。

 

「残念ながら、XRPにアカウント凍結機能があるというフェイクニュースに騙されてしまいました。」

 

しかしもちろん、今後もリップル社という会社の通貨には変わりがなく、中央集権的であるのは確かです。

仮に間接的に価格を下げることも可能だと考えられます。

 

仮想通貨Rippleの価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

以上の「最新ニュース」「今後と将来性」の内容を踏まえ、Coinwall編集部がRipple(リップル・XRP)の今後を大胆予想します!

リップルを短期保有するなら・・・

※追記 2018年8月

 

現在のリップル短期保有はおすすめできません

仮想通貨市場全体が下がっているのに加えて、リップルの価格も底値がどんどん下がっています。

 

短期投資の際は、十分注意しましょう。

 

 

2018年4月20日、Rippleの短期保有は、オススメです!

 

現在、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨の高騰に続いて、アルトコインも急上昇している状況です。

 

ここで注目して欲しいのは、Rippleだけチャートの価格上昇率が高いところです。

 

今年の1月の高騰の際もそうですが、他のアルトコインとは違う動きをする時があります。

仮想通貨全体が大きく下がっている中で、Rippleだけ上がり続けていた状況もありました。

 

つまり、短期保有する際は、仮想通貨全体の暴落とRippleの暴落にある程度の関連性がある時ではなく、関連性のない動きをしている時がオススメなのです。

 

上昇率が高く、周りの通貨と関連性がない時のリップルは異常な伸び方をします。

 

また、ピンポイントで好材料も多く出きています。

Rippleを長期保有するなら・・・

※追記 2018年8月

 

長期保有は変わらず、かなりおすすめです。

むしろ、価格的に買いやすい状況だと言えます。

 

情報として出回っているものの多くが、最低でも110円となっています。

予測としては、著名人や金融機関の「550円まで上がるのではないか」という意見が目立ちます。

 

最新ニュースにも注目してみると、多くの提携が決定している状況はリップルが広がる基盤ができている証拠とも考えられます。

 

 

2018年4月20日、Rippleの長期保有も、かなりオススメとなっています。

 

最新のニュースにもある通り、Rippleの現状況は準備段階ですが、世界中との連携が確実に行われています。

 

ニュースの記事もそうですが、Rippleを利用することを伏せているように感じます。

 

Rippleは、価格が安定しないといけない通貨です。

なので裏で多くのリップル関連の動きががあるはずだと言えるのです。

 

コミュニティも強く、そこらの暴落では売らない人がほとんどでしょう。

免責事項

仮想通貨取引のリスクについて

 

仮想通貨は、法廷通貨とは異ります。

仮想通貨の定義のとおり、「電子情報処理にて発行・移転・管理され、決済手段として不特定多数に利用できる財産的価値」ですが、法定通貨とは違い、仮想通貨取引には、様々なリスクが存在します。

仮想通貨取引を始めるにあたり、仮想通貨取引の特徴、仕組みおよびリスクについて十分ご理解した上で、ご自身の判断と責任において取引するようにお願いします。

リップルの今後と将来性 まとめ

リップル社長は、今の銀行のシステムは古いシステムであることを批判しています。

「技術的に問題はないけれど、時間はかかるし手数料もかかるので今の時代に合っていない」だそうです。

 

ブロックチェーンが発展する今後、国際送金が発達するのも自然な流れなのかもしれません。

 

そこで、リップルの今後を考えれば、間違いなく現代のニーズに当てはまっていくと思われます。

今後の目的としては、実用的な観点を重視していく必要があるでしょう。

関連記事

仮想通貨値上がりの仕組みとは?なぜ値上がりするのかを徹底解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨を購入している人や購入することに関心がある人は仮想通貨が上がった、暴落したなどのニュースをよく聞くかもしれません。特に2017年は仮想通貨元年と呼ばれ暴騰や暴落が頻発しました。今回は仮想通貨がどうしたら値上がりしたり暴落したりするのかを解説します。

IOUとは?送金システムの未来を変えるリップルが採用する仕組み!?|Coinwall [コインウォール]

IOUをご存知でしょうか。リップルの送金における驚異的な速さと手数料の安さには実はこのIOUというシステムが関係しています。この記事ではIOUの仕組みやメリット・デメリットなどをわかりやすく解説していきます!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

SBIとリップルが共同で取り組む会社SBI Ripple Asiaとは?目的など解説!

SBIとRipple社の共同会社『SBI Ripple Asia』とは?内外為替一元化コンソーシアムの事務局でもある『SBI Ripple Asia…

2018/6/3

2018年仮想通貨Ripple(リップル・XRP)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

つい最近数ヶ月ぶりに高騰を果たした仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後はどのようになっているのでしょうか?多くの銀行や企業との提携が行われ…

2018/4/22

2017年の仮想通貨Ripple(XRP・リップル)はなぜ高騰したの?理由・ニュースなど解説

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)にとって2017年は飛躍の年でした。4月の高騰から5月、12月と着実に価格を上昇させてきたXRPは、現在では…

2018/6/19

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の送金時間はどのくらい速いのか?理由など解説

Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(リップルネット)上で高速の取引を可能にしています。これは国際…

2018/6/16

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の価格高騰の可能性・予想・予測を解説!

Ripple(XRP・リップル)は高騰するのか?リップルはあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet上で高速の取引を可能にしています。これ…

2018/6/12

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とウォルマート・マネーグラムが企業提携!

今回ウォルマートとマネーグラムの大企業がRipple(XRP・リップル)と企業提携を発表しました。すでに送金業者のマネーグラムもXRPを使ったテスト…

2018/6/12

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の送金手数料が低い・安い理由!いくらかかるの?

Ripple(XRP・リップル)の送金手数料はアルトコインと比べてもかなり安いです。RippleNet上では高速の取引を可能にするだけでなく、送金手…

2018/6/16