search_toggle
仮想通貨Melon(MLN・メロン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

Melon(メロン/MLN)

5,006.93 JPY

前日比

455.09%

前週比

511.83%

46.269 USD

前日比

455.09%

前週比

511.83%

0.0115258 BTC

前日比

466.303%

前週比

580.719%

仮想通貨Melon(MLN・メロン)とは?デジタル資産管理

MelonMLN・メロン)は、2017年に公開された仮想通貨であり、イーサリアムプラットフォーム上に構築されたデジタル資産管理のためのブロックチェーンプロトコルです。

 

Melonという名前は、ギリシャ語のfutureが由来です。略号は、MLNです。

 

Melonは、イーサリアムプラットフォームの仕組みを借り、より便利なデジタル資産管理システムを目指します。

 

以下、詳しく見ていきましょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Melon(MLN・メロン)の基本データ

・通貨名:MLN

・取引開始日:2017年

・発行上限:なし

・現在の流通量:1,250,000 MLN以上(2018年3月時点)

・時価総額:$63.08 (2018年3月時点)

・公式サイト:https://melonport.com/

・ソースコード:https://github.com/melonproject (gitub)

・ホワイトペーパー:

・Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/Melon

・twitter:https://twitter.com/melonport

・telegram:https://t.me/melonport

仮想通貨Melon(MLN・メロン)が解決する社会的課題

#

デジタル資産管理の非効率性

MelonMLN・メロン)は、効率よくデジタル資産を管理するプラットフォームです。

 

仮想通貨の過熱に見られるように、ここ数年で、デジタル資産の価値と重要性が劇的に高まっています。それに伴い、この急成長している分野で、どのように資産管理を行えば最も有利になるのかということへの関心も高まっています。

 

デジタル資産管理の分野では、追跡の面でも管理が難しく、公正かつ同等のやり方で容易に対話できるようにするソフトウェアが必要となってきます。

 

IT化などが進んだ背景もあり、様々な面で効率が改善されてきましたが、依然として非効率な部分が多いです。現在、デジタル資産を管理するという視点で考えると、これら非効率性の改善や、ニーズにあったプラットフォームが求められています。

第三者の支払いコスト

MelonMLN・メロン)は、スマートコントラクトの技術とブロックチェーンの技術で、利便性や信用性を確保し、第三者の支払いコストの発生を解決します。

 

契約や支払いの場面において一般的に、どちらか一方が契約(約束)を守らない可能性があります。そこで、第三者が仲介に入り、その約束を保証する必要があります。

 

こうした現状の仕組みによって、必然的に第三者への保証料や手間など、コストがかかってしまうという現状があります。

仮想通貨Melon(MLN・メロン)の優位性とブロックチェーン技術を導入する必然性

#

イーサリアムプラットフォーム上に構築

MelonMLN・メロン)とは、イーサリアムプラットフォーム上に構築された、デジタル資産のためのブロックチェーンプロトコルのことです。

 

オープンソースであるMelonブロックチェーンプロトコルは、メロンポート(Melonport)という会社によって提供されています。

 

参加者は分散型の方法で、デジタル資産管理戦略を設定、管理、投資することができます。

スマートコントラクトとブロックチェーン技術

現状の仕組みによる、必然的な第三者(仲介役)への保証料やコストなどの手間を

MelonMLN・メロン)では、主に2つの技術で改善します。

 

1つ目はスマートコントラクトの技術で、契約全体を機械的に自動化します 

 

2つ目はブロックチェーンの技術で、取引の全てを記録し、透明化することで、監査を容易にしています 

 

Melonプラットフォームは、この2つの技術を組み合わせて、利便性や信用性を確保しています。そしてこれらの取引の際に必要となるのがMelonMLN)トークンです。

代用通貨Melon(MLN)トークンの活用

このMelonMLN・メロン)トークンとは、代用通貨の意味で使います。Melonトークンは支払いに必要なお金としての役割を担うだけでなく、Melonプラットフォームの使用権にも関わっています。

 

デジタル資産の場合、使用権が無ければ、ファイル(データ等)を使うことができません。

 

例えば、音楽ファイルの場合、ファイルがあっても使用権がなければ音楽を聞くことはできません。

 

内の取引では、MLNを使用することで、支払いや使用権を与えています。

 

Melonにアクセスするために支払うすべてのMelonMLN)トークンは、マルチチェーンファンド(Multichain fund)というスマートコントラクトを利用します。

 

Melonトークンの発行枚数は、最初に1,250,000 MLNが発行されて、その後徐々に増えていきます。増加分は、Melonプロトコルの管理と開発に協力してくれた人達に分配されます。

ポートフォリオの作成

近年、デジタル資産の価値と重要性がかなり高まりました。そこで、資産管理を行う際、デジタル資産を専門とするヘッジファンドに投資することで高い運用収益を得ることができます。

 

デジタル資産は、3種類に分類することができます。担保資産、非担保資産、デリバティブの3つです。

 

MelonMLN・メロン)プロトコル上では、この3つの資産を組み合わせたポートフォリオを誰でも作成できます。さらに、これらを組み合わせたファンドを作成して、ファンドのポートフォリオマネージャーになることも可能です。

 

このポートフォリオマネージャーは、管理料とパフォーマンス料金を受け取ることができます。

 

管理手数料は、管理下の資産、つまりポートフォリオの総資産価値を参照して計算されます。パフォーマンス料金は、総資産価値の増加から計算されます。

 

ブロックチェーン上を利用することで、実際に存在するファンドよりも大幅に運営や管理コストを削減できるというメリットがあります。

 

ポートフォリオを形成する際には、モジュールとよばれる投資ルール(レジストラ、機能、価格の参照元、取引所の選定、取引ルール、ファンドマネージャーの手数料)を作成し、そのモジュールを束ねたものをポートフォリオのコアにリンクさせることで誰でも自由にモジュールを作成できます。

 

モジュールとは、ポートフォリオのコアパーツに補助機能を提供する機能のことです。

 

モジュール式のコンセプトにより、管理者は好みの管理料モジュールを選択できます。つまり、モジュールをコアにリンクするだけで、簡単に手数料と計算方法を選択することができるのです。

 

さらに、モジュールは誰でも自由に開発することができます。

3種類のデジタル資産

担保資産

担保資産とは、現実の資産を担保にして得られる価値のことを言います。現物価値を裏付けしているデジタル資産(仮想通貨)です。

 

非担保資産

トークンが性能や希少性を持つことによって、価値が生まれるデジタル資産です。EthereumEthereum Classicなど。

 

デリバティブ

上記2種類の仮想通貨を含むデジタル資産からの派生商品です。別のデジタル資産から直接得られたその価値を有するデジタル資産のことです。

 

元になる金融商品について、将来売買を行なうことをあらかじめ約束する取引(先物取引)や将来売買する権利をあらかじめ売買する取引(オプション取引)などがあり、さらにこれらを組合わせた多種多様な取引がデリバティブです。

仮想通貨Melon(MLN・メロン)の今後のスケジュール・twitter(ツイッター)

#

ツイッター

公式ツイッターでは、ハッカーを募集し、スマートコントラクトのセキュリティをテスト行うとつぶやかれています。コードのバグや脆弱性を検出した場合、500MLNを手に入れることができるようです。

 

また様々なイベントも行なっているようで、ツイッターは活発だと言えます。

 

今後の予定に注目です。

仮想通貨Melon(MLN・メロン)のチャート・将来性

#

チャート・将来性:競合相手の仮想通貨Iconomi

Iconomi(イコノミ)プラットフォームは、中央管理型に依存しています。

 

それに対し、メロンポートが運営管理するは、P2P分散型で行います。

 

取引スピードはIconomiのほうが圧倒的に高くなりますが、MelonMLN・メロン)プラットフォームは分散型なので、非常に高いセキュリティを実現できます。

仮想通貨Melon(MLN・メロン)が購入できるおすすめ取引所と購入方法

Melonを購入するには、海外取引所であるKrakenから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)などに登録。
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. 海外取引所Krakenに登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Melonを購入する

まとめ

#

MelonMLN・メロン)は、イーサリアムプラットフォーム上に構築されたデジタル資産を管理します。もちろんオープンソースで誰でも参加することができます。

 

 

参加者は分散型の方法で、デジタル資産管理戦略を設定や管理、投資までも行うことができます。MelonMLN)トークンは、取引の際に利用します。

 

 

また第三者のコストなどの手間を、MelonMLN・メロン)では、主に2つの技術で改善します。

 なので、Melonプラットフォームは、利便性や信用性が担保されています。

 

競合相手がいますが十分差別化できるので、今後に期待です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Iconomi(イコノミ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は仮想通貨Iconomi(イコノミ)を紹介します。Iconomi(イコノミ)はブロックチェーンの技術を使った、デジタル資産管理のプラットフォーム…

2018/3/24

仮想通貨SONM(ソン、SNM)の特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回紹介するのはSONM(ソン、SNM)です。コンピュータパワーのシェアツールを迅速かつ安全に提供するSONM(ソン、SNM)はどんな機能の仮想通貨…

2018/3/24

仮想通貨Protean(プロティーン/PRN)とは?特徴、チャート、将来性など解説!

今回はProtean(プロティーン/PRN)を紹介します。Protean(プロティーン/PRN)はマルチプラットフォームとして、仮想通貨取引を促進、…

2018/3/28

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMaker(メイカー・MKR)を紹介します。Maker(メイカー・MKR)はイーサリアムブロックチェーン上で開発される、ベッグ通貨DAI(ダイ…

2018/3/28

仮想通貨Power Ledger(POWR・パワーレジャー)の特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

今回は仮想通貨Power Ledger(POWR・パワーレジャー)を紹介します。仮想通貨Power Ledgerは消費者が相互に電力を交換することが…

2018/4/13

仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)の特徴、買い方、取引所、将来性、チャートなど解説

資産をトークン化する仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるのでしょうか。LATokenとはど…

2018/3/15

仮想通貨Numeraire(ニューメライア・NMR)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はNumeraire(ニューメライア・NMR)を紹介します。Numeraire(ニューメライア・NMR)は市場予測プラットフォーム「Numera…

2018/4/11