search_toggle
2018年仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

Bancor(バンコール/BNT)

61.7845 JPY

前日比

-1.48%

前週比

8.46%

0.557798 USD

前日比

-1.48%

前週比

8.46%

0.00014041 BTC

前日比

-1.045%

前週比

-0.923%

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)の最新ニュース

#

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)とは?

「Bancor(バンコール)」は、イスラエルの新興企業が開発した仮想通貨で、2017年2月に公開されました。

詳しい特徴は以下の記事をご覧ください。

仮想通貨bancorとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!|Coinwall [コインウォール]

退職プラン・プラットフォームAuctusと提携を開始

#

BancorはAuctusと提携を組みました。

Bancor Protocol™を統合し、分散型流動性ネットワークに参加することにより、Bancor Web AppではBNT(Bancor Network Token™)、STORM、OMG(OmiseGO)、Bancorを使用した長いリストのAUCトークンが利用可能になります。

すべての統合トークンは、MetaMaskを使用して自動的に他のものに変換できます。

Auctusはトークン販売を成功裏に完了してから2週間以内に、循環トークン供給の最初の約1%(正確な割合はETH / USDの金利と金額に依存します)でトークンリレーを有効にします。

AuctusのCEOであるRaphael Vantroostは、「Auctusプラットフォームを使用するグローバルコミュニティは、AUCトークンをプラットフォーム内の製品やサービスを取引するための唯一のプラットフォーム通貨として使用する」と述べています。

Bancorと提携して、ユーザーにトークンを簡単に変換し、将来の取引リストに備えられるようにしています。

Flux.Gameプロトコルとパートナーシップを組む

#

Flux.Gameとはゲームでの資金調達をより容易にすることを目的に作られたプロトコルです。

プレイヤーだけではなく、デベロッパー、投資家もマネタイズしやすい構造になるとのことで、多くの業界から注目を集めています。

バンコールネットワーク、トークン交換機能内蔵のネイティブウォレットをリリース準備中

分散型仮想通貨取引所のバンコールネットワークは自動トークン交換機能内蔵のネイティブウォレットの開発を進めているようです。

このネイティブウォレットを使用すればユーザーは今後、仮想通貨を直接ウォレットから交換することができ、取引所で二者間のマッチングを行う必要がなくなります。

バンコールネットワーク、トークン交換ができるウォレットをリリース

分散型仮想通貨取引所Bancor(バンコール)の声明によれば、100種類以上の独自の仮想通貨を有するブロックチェーンアプリケーションが既にバンコールネットワークとの統合を発表しています。

ここにはイーサリアム(ETH)、イオス(EOS)、ダイ(DAI)といった人気の仮想通貨も含まれています。

今後、ユーザーは取引所を介せずにウォレット間での自由取引が行えるようになる見通しです。

上記のニュースはその取引を自動で行うウォレットのことで、こちらとはまた違います。

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)の今後・将来性(長期保有・ガチホの観点)

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは、仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について、以下の観点から独自の評価を行います。

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

・ビジネス的な有用性
そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

・チーム
初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

・発信 / マーケティング活動
上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

・コミュニティの熱狂度
仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)のビジネス的な有用性①スマートトークンの利用によるウォレット間の取引

Bancor(バンコール)は、担保となる通貨を保有することによって、スマートトークンと呼ばれる独自のトークンを発行することができ、そのトークンの価格の自動調整や流動性の保証をしてくれる非中央集権的ネットワークのことを指します。

Bancor(バンコール)という言葉の由来は、第二次大戦後にケインズが構想した幻の世界通貨 Bancor で、国際経済市場の安定化を図る目的で発案されました。

 

また、このスマートトークンを利用することによって面倒な取引所への本人登録作業を省略することができます。

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)のビジネス的な有用性②流動性のリスクを解消

 

流動性 (liquidity) とは、モノの換金のしやすさを意味する経済用語です。ある保有資産が「売りたい時に売れるかどうか」を表します。

仮想通貨の取引では、需要と供給が一時的にアンバランスな状態になり、期待していた取引ができないケースが少なくありません。

また、その通貨がマイナーで、市場での取引量が少なかった場合も同じような状態に陥り、取引が停滞してしまいます。

このように取引が停滞することを流動性のリスクと言います。

これが頻発すれば、トレーダーのストレスは増大し、他の取引における判断にも影響します。

bancorは、こうした流動性の問題を解決し、取引の停滞を回避できることを特徴としています。

 

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)のビジネス的な有用性③Bancor Protocol(バンコールプロトコル)

バンコールは人が取引価格を決めるのではなく、定義された計算式によって自動的に決まる仕組みを採用しています。

これにより、ある瞬間のトークン価格は一意に定まります。

そのため、売り手と買い手の両者における合意が取引価格の決定に関与しなくなるため、取引が円滑かつ活発になるのです。

この仕組みはBancor Protocol(バンコールプロトコル)と呼ばれています。従来の取引所のように需要と供給のマッチングを取る必要がないため、スプレットしなくなり、これまでよりも簡単に交換が成立するようになったのです。

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)のビジネス的な有用性④準備金モデル

準備金は、トークンを発行するプロジェクト側で準備 (reserve)された一定量の ETH(イーサリアム、Ethereum) で、 Bancor Protocol の基本的な考え方はまさにこの準備金なのですが、MNR の売りニーズに応えていくと、急激な売りが入った時に、用意していた準備金 (ETH)が枯渇する可能性があります。そうなるとその信頼性は暴落してしまいます。

貨幣の世界でいえば、アメリカがドルから金への交換を停止したニクソンショックに当たります。

 

しかし、常に時価総額に CRR(固定準備率) をかけた分の準備金が保持されるように調整されるので、枯渇することは(全ての BNT が売られない限り)ありません。

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)のチーム①Bprotocol Foundation

Bprotocol Foundationはイスラエルを拠点とするチームで、Bancorプロジェクトをリードしています。

ブルームバーグ・ビジネスウィークの「世界のトップ為替トレーダー」に選ばれたこともあるベルギーの経済学者、ベルナルド・リエター氏が会長を務め、イスラエルで急成長の動画共有サイト「MetaCafe」の設立者、エヤル・ヘーズゾク氏、ソーシャルゲーム開発企業「Mytopia」のガイ・ベン・アルツィCEOなどが脇を固めます。

名実ともに力のあるメンバーがそろった優秀なチームといえるでしょう。

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)のスポンサー①ICO資金調達額で新記録樹立 3時間で1億4,400万ドル

6月12日の14:00に開かれたBancor トークンイベント(BNT)は3時間続き、2017年当時の新記録である1億4400万ドルをたったの三時間で調達することができました。

また、途中悪意のあるサイバー攻撃を受けるなどして難航したのにもかかわらず、このようなとてつもない金額をたったの三時間で調達してしまったことからも、今プロジェクトに対する人々の期待の大きさが推し量れます。

 

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)を購入できる取引所

仮想通貨bancorを購入するには、海外取引所であるBitrex(ビットレックス)やBinance(バイナンス)から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。 1. CoincheckやBitflyerなどの国内取引所に登録 2. 国内取引所でビットコインを購入する 3. Bitrex,Binanceに登録する 4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する 5. Bancor(バンコール)を購入する

以下のHPから登録してください

Binance(バイナンス)の無料登録はこちら

Home

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)の価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)を短期保有するなら

オススメ度[★★★☆☆]

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)はどちらかというと長期保有をおすすめする通貨です。

Bancorはそのプロトコルによってマイナーな仮想通貨にもメリットを与え、仮想通貨市場における基軸通貨を目指しています。

この目標が達成されれば、地域性の高いマイナー通貨であっても十分な流動性を確保しつつ、グローバルな取引が可能になります。

しかし、その実現にはまだ時間がかかると思いますので、実現を待ってから売りに出す方がいいでしょう。

Key-word

・マイナー通貨への流動性付与

・時間がかかる

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)を長期保有するなら

オススメ度[★★★★☆]

先ほどお伝えした通り、Bancorは長期保有をおすすめしたい通貨です。

その流動性の解決策としての期待やまだ日本市場に上陸していないことなども考えると、その将来性はいまだに計り知れないものがあります。

ですので、長期保有をおすすめします。

Key-word

・日本市場未上陸

・大きな将来性

仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)の今後のまとめ

マイナー通貨の救世主として多くの期待と注目を集めているBancorですが、これからどんどん勢いを増していくことが予想されるでしょう。

マイナー通貨の量をみれば、その期待の大きさも納得できます。

今回の記事が皆さんのいい判断材料になることを願っています。

関連記事

仮想通貨値上がりの仕組みとは?なぜ値上がりするのかを徹底解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回は仮想通貨Bancor(バンコール、BNT)をご紹介していきます。マイナー通貨の課題であった流動性を解決する力のあるBancorは、ICO分野の…

2018/5/2

Bancor(バンコール/BNT)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つBancor(バンコール/BNT)を取り扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!Bancor(バンコール/BNT)を上手く…

2018/5/7

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMaker(メイカー・MKR)を紹介します。Maker(メイカー・MKR)はイーサリアムブロックチェーン上で開発される、ベッグ通貨DAI(ダイ…

2018/3/28

仮想通貨DigixDAO(DGD・ディジックスダオ)とは?特徴などを徹底解説

今回説明するのは仮想通貨DigixDAOです。DigixDAOとは実際の金をトークン化することで、移動させるのに手間がかかる金の取引を、インターネッ…

2018/3/15

仮想通貨Gas(GAS・ガス)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は、仮想通貨Gas(GAS・ガス)を紹介します。Gasは、NEOのプラットフォームを動かすために必要なトークンで、燃料の役割を持ちます。そんなG…

2018/3/31

2018年仮想通貨Waves(WAVES・ウェーブズ)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

Wavesはイーサリアムに次ぐICOプラットフォームですが、今後はどのようになっていくのでしょうか?Coinwall独自の分析と最新のニュースからW…

2018/4/29

仮想通貨BitClave(クレイブ)の特徴、歴史、チャート、取引所など徹底解説!

2017年11月に取引が始まったばかりの仮想通貨BitClave(クレイブ)を紹介します。分散型検索エンジンの夢を追う企業の発行したBitClave…

2018/3/3