search_toggle
仮想通貨イーサリアム(Ethereum、ETH)のマイニングとは?方法、いつまでできるのか、仕組みを解説

Ethereum(イーサリアム/ETH)

23,044.4 JPY

前日比

-1.3%

前週比

-1.309%

204.362 USD

前日比

-1.3%

前週比

-2.19%

0.0315739 BTC

前日比

-0.684%

前週比

-0.498%

そもそもマイニングとは

#

仮想通貨の取引記録の承認を行い、報酬として新規発行されたコインを入手するプロセスをマイニングといいます。

多くの仮想通貨では、すべての取引履歴(AさんがBさんにいくら送金した)が一つにつながった取引台帳に追記されていきます。

この台帳のことをブロックチェーンといい、最初に通貨の取引が行われた時から今に至るまでのすべての記録を保持しています。

この時、本当にその取引が行われたのか正当性、証明する能力を保つ必要があります。

具体的には、「この取引は不正に行われたものではないので、ブロックチェーンに記録しよう」という承認を通貨に与えることが必要になるのです。

その承認された記録を今まで積みあがってきたブロックチェーンに追加するため、固定するために鍵が要るのですが、その鍵を生成する作業がマイニングとなります。

 

実際には、この鍵はハッシュ関数という暗号化された文字列によって生成されるのですが、詳しい説明は省きます。

マイニングでは膨大な量のマシンパワーを必要とするので、マイニングを行い取引記録の手助けをすることで、報酬を受け取ることができます。

現代の労働制と同じですね。

この報酬が、新規発行された通貨なのです。

多くの通貨は、新たに通貨を発行するときはこのプロセスを通しているのです。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

ビットコインとの違い

イーサリアムとビットコインのマイニングにおいて、マイニングアルゴリズムのほかには明確な違いはありません。

両者とも同じくプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)と呼ばれる制度を採用しています。

プルーフ・オブ・ワークとは、名称の通り、マイニングの計算量(仕事量=Work)に応じてマイニング報酬が得られるシステムです。

つまり、一定期間の間に一番早く鍵を作り、ブロックチェーンを生成した人に新規発行されたコインが与えられます。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum、ETH)のマイニング 仕組みと種類、そのメリット、デメリット 自分だけでもできるのか?

マイニングの仕組みは上記でご説明した通りですが、いろいろと説明を省いた部分がございますので、詳しい説明については以下の記事をご覧ください。

#

仮想通貨の採掘・マイニングとは?仕組みや種類、方法を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ここではイーサリアムのマイニングを三種類のタイプに分けてご説明します。

ソロマイニング

ソロマイニングとは、その名の通りたった一人でマイニングを行うことを指します。

報酬を受けることができれば高額な利益となる可能性がありますが、高額な設備や激しいマイニング競争などハードルの高い手法と言えます。

一方で、ほんの少額の利益でも細々とマイニングを楽しみたいという方には、面白いかもしれません。

プールマイニング

プールマイニングでは、マイニングを行いたい個人が複数人集まり、力を一つに合わせてマイニングを行うタイプです。

協力してマイニングを行うので安定した報酬を受け取ることができますが、利益が分割される分、高額な利益を弾き出すことは難しいと言えるでしょう。

クラウドマイニング

一般の方にとって最も現実的なのがこのタイプです。

自分でマイニングに参加するわけではなく、マイニングを請け負う業者に投資をし利益の一部を受け取る方法です。

高額な設備の必要なマイニングを自分を自分でが行わないという手軽さがメリットですが、一方で業者がマイニングの利益を持ち逃げする可能性もあります。

信頼できる投資先なのかどうかを吟味する必要があるうえ、ある程度は運も必要にあってきます。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum、ETH)マイニングに必要な設備、ツール、パソコンのスペックは?

最低限必要なもの

イーサリアムのマイニングにあたって最低限必要なものは

・GPU搭載の64BitのPC

・マイニングのツール、ソフト

・通貨を補完するウォレット

・所属するマイニングプール

となります。(なお、ソロマイニングでは後述の理由により利益が出しづらいので、ここではプールマイニングを前提にしています。)

GPU(グラボ)は必要?

現在はイーサリアムのマイニングの難易度は非常に上がっており、GPU搭載のPC、具体的には4GB以上のGPUを搭載していないとマイニングに参加することができないようです。

ですので、GPUは必須といえます。

Macでもできるのか?

イーサリアムのマイニングにおいてはWindows端末が主流ですが、MacシリーズなどのMacOS搭載端末もマイニング可能なようです。

以下の「MinerGate」というツールがMacOSに対応しています。

Sign up to cryptonote mining pool

仮想通貨イーサリアム(Ethereum、ETH)マイニングの手順と参加方法

イーサリアムのマイニングをする具体的な方法ですが、以下の手順に沿って行います。

1.ウォレットを取得

 

ウォレットは手に入れた通貨を補完するうえで必須のものですので、必ず準備してください。

 

ウォレットがないと手に入れたイーサリアムを換金する手段がありません。

ウォレットの詳しい準備方法は以下の記事をご覧ください。

イーサリアムはどの取引所がおすすめ?おすすめ取引所をご紹介|Coinwall [コインウォール]

2.マイニングツールのダウンロード

仮想通貨のマイニングにはその通貨に対応したマイニングツールが必須となります。

イーサリアムのマイニングツールとして有名なものは

 

二つの通貨が同時にダウンロード可能なClaymore's Dual GPU Miner(クレイモア)

 

MacOS上で動作するMinerGate

 

などがあります。

以下に導入手順についてとても丁寧な説明をされているサイトのリンクを貼っておきますので、ダウンロードをしてください。

Claymore's Dual Miner でマイニングを始める方法(イーサリアム編) - ゲームマイナーおじさん日記|ゲーム、ときどき仮想通貨な日常

3.いざマイニング

手順に従いClaymore's Dual GPU Minerをインストールし設定を完了することができれば、晴れてマイニングに参加することができます。

あとはきちんと利益を生むことができるかどうかですが・・・。

それについては後程ご説明します。

仮想通貨イーサリアム(Ethereum、ETH)の採掘の効率は?儲かる可能性はある?

さて、イーサリアムの肝心な採掘(マイニングのこと)効率はどうなっているのでしょうか。

#

利益(収支、収益)と電気代の関係 損益分岐点が鍵

マイニングではPCを稼働させる必要があるため、電気代が大きな壁として立ちはだかってきます。

仮に30MH/sのハッシュレートで約50日マイニングを続けると、2018年現在のレートで約80000円の報酬を得ることが可能なようです。

ここから初期投資代(PC代)や電気代がひかれたものが最終的に懐に入る金額になりますので、人によりますが莫大な金額でなければマイニングで手に入れられることができそうです。

イメージとしては最初は赤字だった収益がだんだんと増えていき最終的には損益分岐点を超える感じでしょうか。

ビットコインの話になりますが、あるマイニンググループは月に一億円もの価値に値するビットコインをマイニングしているそうですから、突き詰めればマイニングだけでも生計を立てていくことはできるみたいですね。

 

ハッシュレートとマイニング難易度の関係

ハッシュレートとは

マイニングを語るうえで欠かせない重要なことがあります。

それはハッシュレートです。

ハッシュレートとはマイニング(採掘)が行われる際の採掘速度のことを意味しており、イーサリアムにおけるマイニングでは、およそ15秒の間でのレースに世界中のマイナーが競い合い、計算して鍵を見つけ出します。

この時の1秒あたりの計算回数をハッシュレート(採掘速度)と言います。

単位としてhash/sが用いられ、例えば、1Mh/sでは1秒間に1,000,000回計算が行われていることになります。

上記の例で出した30Mh/sは一秒間に30,000,000会の計算が行われていることになります。

ハッシュレートとマイニング難易度の関係

ハッシュレートと通貨の採掘難易度は密接な関係にあります。

採掘難易度とはDifficultyとも呼ばれており、一般的にブロックチェーンが長くなるとその分上がっていきます。

これはブロックチェーンのハッシュ関数と関係があるのですが、詳しくは以下のサイトをご覧ください。

仮想通貨の採掘・マイニングとは?仕組みや種類、方法を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ハッシュレートが採掘難易度についていけなくなると報酬は手に入りませんので、採掘難易度が高まればハッシュレートも高まっていくのです。

このようにハッシュレートと採掘難易度は互いに関係しあっていることがわかります。

PoSとは?今後の仮想通貨イーサリアム(Ethereum、ETH)のマイニング、いつまでできる?

マイニングができなくなる?

イーサリアムが導入する予定のPosについて説明します。

PoS(Proof of Stake/プルーフオブステーク)は、自分が保有するコインの量に応じてマイニング報酬を得ることができます。

PoSでもマイニングは行われますが、PoWとは違い計算量ではなく保有するコインの量が多いほど報酬を受け取りやすくなるため、総当たり式の膨大な計算を必要としません。

莫大なエネルギーを必要としない点で環境への負荷を減らしたアルゴリズムとなっています。

 

一方、コインを多く保有するほど利益が得られるということで中央集権的なシステムになりがちというデメリットもあります。

コイン発掘の先行者がそのコイン市場を独占してしまう危険性もありますね。

 

まだPos導入の明確な時期は決まっていませんが、Posが導入されると、従来のように新規でマイニングを始めることは難しくなってしまいます。

ですので、マイニングをされる予定でしたら、はやめの決断をおすすめします。

まとめ

今回の記事ではイーサリアムのマイニングについてまとめてみました。

まとめとしては、初期費用が掛かるが利益を出すことは不可能ではない、しかしいつまでできるかわからない

というものでした。

 

といっても、既にPCを持っている方ならツールのインストールだけで参加できますので、試しにやってみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

仮想通貨の採掘・マイニングとは?仕組みや種類、方法を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく簡単に徹底図解!! | Coinwall [コインウォール]

マイニングに掛かる電気代はいくら?黒字にする為に気をつけること|Coinwall [コインウォール]

GenesisMiningとは?特徴・使い方・他大手との違いを解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Ethereumの開発者であるVitalik Buterin氏について解説!出身地や経歴、資産は?

Vitalik Buterin氏は19歳にして共同提案者のGavin Wood氏と共に仮想通貨Ethereumを開発しました。今回はVitalik …

2018/6/20

2018年仮想通貨Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)の今後と将来性は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はEthereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)の今後を予想します。Ethereum Classicはイーサリアムから分裂し…

2018/5/7

仮想通貨イーサリアムのメトロポリスとは?アップデートの内容や予想価格をまとめてご紹介!

イーサリアムでは前々からアップデートが予定されていましたが、その3段階目がメトロポリスです。この記事ではイーサリアムのメトロポリスの前半で完了したア…

2018/6/15

イーサリアムのCasper(キャスパー)について解説!キャスパーはPoSの一種?

今回はイーサリアムに実装予定のCasper(キャスパー)について解説します!イーサリアムには4段階のハードフォーク予定がありその最終段階で実装される…

2018/6/16

仮想通貨Ethereum Blue(イーサリアムブルー)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はEthereum Blue(イーサリアムブルー)を紹介します。Ethereum Blue(イーサリアムブルー)はスマートコントラクトのセキュリ…

2018/4/20

Ethereum Classic(ETC・イーサリアムクラシック)とは?特徴、取引所、将来性など徹底解説!

Ethereum(イーサリアム)の名前に似た仮想通貨Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)はEthereumとどう違うの…

2018/4/16

仮想通貨NEO(ネオ)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

NEO(ネオ)は、中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。なぜ中国版イーサリアムと呼ばれているのでしょうか?どちらもスマートコントラク…

2018/5/20