search_toggle
2018年 仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)の今後・将来性・価格は?高騰が期待されている真相を解説

Ethereum(イーサリアム/ETH)

23,006.3 JPY

前日比

-1.63%

前週比

-2.086%

203.852 USD

前日比

-1.63%

前週比

-2.96%

0.0316998 BTC

前日比

-0.767%

前週比

-0.797%

Ic head point

この記事でわかること!

  • イーサリアムの今後と将来性

  • イーサリアムの最新ニュース

  • イーサリアムの有用性

  • Coinwall編集部のイーサリアム価格予想

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    イーサリアムの今後が知りたい人

  • Ic megafon notice

    イーサリアムの最新情報が知りたい人

  • Ic megafon notice

    イーサリアムを購入しようと思っている人

イーサリアムの今後は高騰の可能性が高い

#

今回は、時価総額ランキングにおいてビットコインに次いで2位に位置しているアルトコイン

Ethereum(ETH・イーサリアム)の今後と将来性について記事にしました。

イーサリアムは4年間で約2500倍の高騰をした仮想通貨です。

 

2018年最新のニュースやこれから高騰する可能性と今後の将来性、イーサリアムの優位性について分析し、今後の価格も踏まえて解説していきます。

さらに、ビットコインとの違い高騰の理由も最後に紹介します。

 

以下、詳しく見ていきましょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)最新ニュース

#

最新ニュース① イーサリアム最大発行数の制限が提案された

発行上限に制限が存在していないEthereum(ETH・イーサリアム)ですが、4月2日にイーサリアムの開発者であるVitalik氏によって、発行上限を制限する提案がありました。

 

もしイーサリアムに発行上限が設けられた場合、ビットコイン「金」と同じ性質をもたされているのと仕組みと同じように、イーサリアムも「金」のような性質が生ます。

そうなると、過去のビットコイン価格上昇などがイーサリアムでも起きる可能性があります。

最新ニュース② アメリカでイーサリアムを有価証券として扱うことが検討されている

最近、仮想通貨であるEthereum(ETH・イーサリアム)を金融(有価)証券に分類する動きが高まっています。

独自通貨を発行できるなどの特徴を持つイーサリアムのサービスが認められなくなる可能性があると言われています。

 

イーサリアムが有価証券として認められれば、仮想通貨取引所で取引を行うことができなくなり、取引量が減少してしまいます。

現行の取引所は証券を扱うための新たな認可を得る必要があるので、仮想通貨としてのイーサリアムの価格や価値が脅かされると考えられます。

 

それに対して、イーサリアム財団は「イーサの供給も管理もしていない。発行する能力もない。それに財団が保有している分は全イーサの1%以下で、エコシステムの多数の参加者よりもすでに少なくなっている」と主張しています。

イーサリアムは、開発当初から金融証券及び有価証券への対策を行ってきたようで、それほど影響はないと考えられます。

最新ニュース③ NASAがイーサリアムの導入を検討

アメリカ航空宇宙局のNASA自動で宇宙に漂う障害物を避けながら航行する宇宙探査機の開発に向けて、Ethereum(ETH・イーサリアム)のスマートコントラクト技術を導入しようか検討しているようです。

今後、ブロックチェーン技術のスマートコントラクトを利用して、宇宙通信や宇宙航行(宇宙探査)がより安全に、かつ効率的に行われる可能性があります。

 

このプロジェクトはアクロン大学のJinWeiKocsis(ジン・ウェイ・コチシュ)博士のチームが進めていて、3年間で3330000ドル(約3500万円)もの助成金がNASAから投入されているほど壮大なプロジェクトです。

 

現在の宇宙探査機は、地球との距離が離れているため、危険物を察知してもタイムラグによって、衝突事故が起きてしまいます。

このイーサリアムを用いたプロジェクトが成功すると、宇宙探査機が地球上の研究者からの操縦ではなく、実質的に探査機自身で考えて危険物からの回避を行うようになるそうです。

 

このプロジェクトは世界でも注目されていて、スマートコントラクト技術がさらなる応用の証明になり、さらなる需要の高まりが期待されています。

Ic head link

あわせて読みたい

仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)の今後・将来性(長期保有・ガチホの観点)

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは、仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について、以下の観点から独自の評価を行います。

 

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

 

・ビジネス的な有用性

そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

 

・チーム

初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

 

・発信 / マーケティング活動

上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

 

・コミュニティの熱狂度

仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。

#

イーサリアムの概要

Ethereum(イーサリアム)は仮想通貨市場の中で時価総額がビットコインに次いで第2位の仮想通貨・アルトコインです。

イーサリアムの設計理念は『ブロックチェーンを利用した柔軟なアプリケーション作成プラットホーム』です。

 

Ethereumとは、分散型アプリケーションスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームの名称でもあり、イーサリアムプロジェクトによって現在も開発が進められています。

 

ビットコインと大きく異なるイーサリアムの特徴は、アプリケーション作成のプラットホームであるということです。

イーサリアムのブロックチェーンを利用して、誰でもアプリケーションを作成する事が可能にっています。

 

さらに、契約を人の手を介さず実行する仕組み(スマートコントラクト)を実装しています。

これによってトランザクションが速やかに実行されるだけでなく、契約自体をブロックチェーンで行えるという利点があります。

ビジネス的な有用性① スマートコントラクトで契約を自動的に実行できる

Ethereum(ETH・イーサリアム)ではブロックチェーン上でスマートコントラクトを構築することができます。

スマートコントラクトとは、契約を第三者の手を介さずに実行する仕組みのことです。

 

具体的に説明すると、イーサリアムのブロックチェーンには『これをしたら(契約)、これをする(実行)』という条件を書き込むことができます。

そして、この「契約」「実行」を自動的に完了してくれます。この一連の仕組みがスマートコントラクトです。

 

スマートコントラクトによって、ブロックチェーン上の「契約」を人の手を介さず実行することができるだけでなく、複雑なトランザクションも速やかに実行できるという利点が生まれます。

第三者の介入によって信頼関係を結ぶ保険現金の貸付土地の売買なども当事者同士で行うことが出来るようになるのです。

 

また、イーサリアムは世界で初めてスマートコントラクトを実装しているために、このスマートコントラクト業界の発展を引っ張っている仮想通貨だと言えます。

ビジネス的な有用性② トークン発行機能が『ICO』を可能にする

Ethereum(ETH・イーサリアム)のプラットフォームではイーサリアムを基軸とすることで新たなトークンの作成を行うことができるので、『ICO』の資金調達の際によく使用されています。

ちなみに、このトークン発行を可能にしているのはイーサリアムのERC20というシステムです。

2017年には、実際に10件ICO資金調達でイーサリアムが利用されました。

 

イーサリアムのERC20によって発行されたトークン一覧

・Waves(ウェーブス):コチラ 

・Wings(ウィングス):コチラ 

・Gnosis(ノーシス):コチラ 

・Augur(オーガ):コチラ

 

イーサリアムトークンは、イーサリアムのブロックチェーン上で利用することができる他、技術的にも簡単に発行することができるので、比較的にICOを行いやすい環境を整えています。

セキュリティや信頼性も高く、今後もICOの際にはイーサリアムが使われていくことが予想されます。

ICOでの資金調達の流行がイーサリアムの価格上昇を促進していく可能性が大いにあります

 

ICOERC20については下の関連記事で詳しく説明していますので、是非参考にしてみてください。

Ic head link

あわせて読みたい

ビジネス的な有用性③ 決済手段としても利用できる

Ethereum(ETH・イーサリアム)は決済手段としても利用することができます。

 

ビットコイン(BTC)を送金するのにかかる時間が約10分なのに対して、イーサリアムは15秒です。

かなり迅速に送金決済が行えるので、イーサリアムが決済手段として使われていく可能性が十分にあります

ビジネス的な有用性④ Plasma(プラズマ)でスケーラビリティ問題を解決

Ethereum(ETH・イーサリアム)へのプラズマ(Plasma)の導入は、2017年8月にイーサリアム創設者のVitalik Buterin氏ライトニングネットワークの共同開発者であるJoseph Poon氏によって発表されました。

 

プラズマをイーサリアムに実装することで、1秒間のトランザクションの処理数莫大なデータサイズのトランザクションの処理を劇的に向上させるとされています。

ちなみに、1秒間数十億のトランザクションが実行がと見込まれています。

 

つまり、ビットコイン同様に、イーサリアムでも問題視されていた「スケーラビリティ問題」を解決できるということです。

 

プラズマの基本的な仕組みはライトニングネットワークと同じです。

ライトニングネットワークと異なる点は、オフチェーン処理ではなく、実際にプラズマのブロックチェーンを用いて処理している点です。

また、ライトニングネットワークではユーザー間でのトークンのやり取りを迅速にする役割がありますが、プラズマではトランザクションの処理速度を向上させる役割があります。

 

送金決済のスピードだけでなく、スマートコントラクトの実行速度も向上させることができるので、イーサリアムプラズマの相性は抜群です。

 

イーサリアムは「スケーラビリティ問題」も難なく解決しているのです。

Ic head link

あわせて読みたい

ビジネス的な有用性⑤ 分散型アプリケーションを開発できる

Ethereum(ETH・イーサリアム)では、ブロックチェーンを利用して分散型アプリケーション開発及び作成することができます。

分散型アプリケーションDAppsと呼ます。

(Decentralized Applicationsの略称)

 

 

分散型アプリケーション(DApps)を簡単に説明すると、中央管理者を必要とせずに自立的に動くアプリケーションです。

データ改ざんが行われない強みから、革新的なアプリケーションをイーサリアムを利用して開発することができます。

 

今現在、実際にイーサリアムのDAppsはいくつも開発されています。

Ic head link

あわせて読みたい

#

イーサリアムのチーム① 開発者

Vitalik Buterin

 

Vitalik Buterin氏は仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)の考案者及び開発者です。

また、Satoshi Nakamoto(サトシナカモト)の手によってビットコイン論文が発表された後、2011年9月Vitalik Buterin氏ビットコインに関する記事を執筆するBitcoin Magazine社を設立しました。(共同設立者)

 

さらに2012年Vitalik Buterin氏は情報科学の国際オリンピックで銅メダルを獲得しています。

その後、2013年仮想通貨イーサリアムを開発しました。

 

実は、2018年には来日した際に、河野太郎外務大臣とも面談を果たしています。

イーサリアムのチーム② プロジェクトチーム

#

Enterprise Ethereum Alliance(EEA・エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)は、イーサリアムをビジネスに応用しようというコンセプトの下で発足したプロジェクトです。

具体的には、イーサリアムを利用した分散型アプリケーション開発のサポートを行っているようです。

7月現在、300社以上の企業EEAに参加しています。

 

その企業の中には、マイクロソフトトヨタ自動車インテル三菱東京UFJ銀行JPモルガンなどの世界代表する大企業日本の企業までもが名を連ねています。

Enterprise Ethereum Allianceの公式サイトはコチラ

イーサリアムのコミュニティに熱狂度

『Ethereum Japan Community Meetup #2』というイーサリアムの日本イベントが2018年4月17日に東京で開催されています。

前売りされていたイベントチケットも全て完売し、イベント会場は人で溢れかえりました。

 

日本でもコミュニティの活動は十分に活発的です。

イーサリアムの他の好材料

EIP(Ethereum Improvement Proposal・イーサリアム改善案)に基づいて、Ethereum(ETH・イーサリアム)は段階的にハードフォーク(アップデート)が行われることが決まっています。

このイーサリアム改善案はイーサリアム開発当初から決まっている仕様変更です。

 

仕様変更の実行は、4つの「フェーズ」という開発段階に分れています。

また、その「フェーズ」には呼称があります。

 

  1. Frontier(フロンティア)

  2. Homestead(ホームステッド)

  3. Metropolis(メトロポリス)

  4. Serenity(セレニティ)

 

現在は、Metropolis(メトロポリス)の約半分まで進んでいます。

 

Metropolis(メトロポリス)は、本来2016年の後半に完了する予定でしたが、現段階でこの当初の予定に遅れてしまっています。

そんなMetropolis(メトロポリス)後半のアップデートが完了するのはいつなのでしようか。

 

Coinwall編集部は、2018年10月あたりだと予想しています。

※確定ではありません

Ic head link

イーサリアムの通貨情報

詳しくは上の【イーサリアムの通貨情報】で解説していますので、そちらを参考にしてください。

仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)の価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

以上の「最新ニュース」「今後・将来性」の内容を踏まえ、Coinwall編集部がイーサリアムの今後を大胆予想します!

#

イーサリアムを短期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★☆☆☆](2018/7/15)

 

イーサリアムは短期保有の観点から、現段階ではあまりオススメできない仮想通貨です。

 

アップデートやハードフォークの予定があるので、その直前のみ短期保有がおすすめです。

実際、いつになるかわからない予定なので先ほどの記事を参考にしてみてください。

 

イーサリアムの価格の上昇に関しては、あまり期待できないかもしれません。

というのも現在は仮想通貨市場そのものが停滞していて、下落傾向にあるからです。

その点においては、短期保有で資産を減らしてしまうリスクも当然あります。

 

<KeyDriver>

・2018年夏アップデート

・発行上限の提案

・ハードウォークの予定

イーサリアムを長期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★★★★](2018/7/15)

 

イーサリアムは短期保有ではあまりオススメできませんでしたが、今後イーサリアムの価格が上昇するであろうイベントが大量に控えているのは確かです。

 

今後もじわじわと伸びていくことが予想されますので、長期保有をおすすめします。

特に現在は、価格も下落しているので、購入しやすい価格になっています。

 

<KeyDriver>

・2018年夏アップデート

・多くの団体や企業がスマートコントラクト導入

・ハードフォーク

免責事項

仮想通貨取引のリスクについて

仮想通貨は、法廷通貨とは異ります。

仮想通貨の定義のとおり、「電子情報処理にて発行・移転・管理され、決済手段として不特定多数に利用できる財産的価値」ですが、法定通貨とは違い、仮想通貨取引には、様々なリスクが存在します。

 

仮想通貨取引を始めるにあたり、仮想通貨取引の特徴、仕組みおよびリスクについて十分ご理解した上で、ご自身の判断と責任において取引するようにお願いします。

イーサリアムとビットコインどう違うの?

ビットコインとイーサリアムはよく引き合いに出される通貨ですが、多くの違いがあります。

 

まず、作られた目的が違います。

ビットコインは通貨、送金手段として作られたのに対し、イーサリアムはプラットフォームとして作られています。

イーサリアムには多くの機能が実装されていますよね。

この点で拡張性の点では、ビットコインよりも上だと言えます。

 

そして発行量も違います。

ビットコインは発行量が決められているのに対し、イーサリアムは今のところ無制限です。

 

また、先ほども述べたように決済スピードがビットコインは約10分なのに対し、イーサリアムは約15秒です。

イーサリアムの高騰が予想されている理由は?

イーサリアムは仮想通貨界隈で、今後高騰するとの噂が立っています。

将来性が高い点も理由としてありますが、以下の要因も大きく関係していると思われます。

高騰の理由① 仮想通貨の格付けで高い評価

アメリカの「Weiss Ratings」という格付け機関によって発表された仮想通貨の格付け表でイーサリアムがA~Eの評価のうちのB評価を受けています。

 

A評価を受けた通貨は存在しませんので、実質的にはトップクラスの評価を受けたことになります。

 

ビットコインはC+の評価でしたので、かなりの高評価であることがわかります。

高騰の理由② ハードフォークが予定されている

先ほどの【イーサリアムの他の好材料】でも説明した通り、イーサリアムには今後ハードフォークの予定が確定しています。

 

ハードフォークの後は、通貨が全く違う2つの通貨になってしまうので、これまでその通貨を所持していた人は分裂した通貨を2つとも手に入れることが出来ます

 

イーサリアムはハードフォークを予定が確定していますので、それまでに通貨を持っておこうという動きがあるため高騰が予想されています。

イーサリアムを今後に向けて購入できるおすすめの取引所

手数料を抑えたいならZaif(ザイフ)

運営会社: テックビューロ株式会社
資本金: 8億3013万円
事業者登録:

Img radar chart zaif

    取り扱い通貨豊富で、Zaifトークンや積立投資が魅力的な人気取引所

  • Ic check exchange point

    現物売買マイナス手数料

  • Ic check exchange point

    信用取引時の追証不要

  • Ic check exchange point

    仮想通貨積立投資ができる

-基軸通貨数(15種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto xemXEM Thumb crypto monaMONA Thumb crypto ethETH Thumb crypto bchBCH XCP ERC20 Mosaic BCY ZAIF SJCX FSCC CICC PEPE JPYZ
-手数料-
btc売上販売料(販売所) -0.01%
btc売上販売料(取引所) -0.01%
アルトコイン売買手数料 -0.01~0.3%
最低入出金額 最低入金額: ¥500円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥486~594円
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥350~756円
-詳細-
取引ツール Trading View
最大レバレッジ 25倍
入金方法 銀行振込コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.0001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

Zaif(ザイフ)は国内の取引所の中で群を抜いた手数料の低さが特徴的です。

そのため、とにかく安く通貨を手に入れたいのならこの取引所が一番のおすすめだと言えるでしょう。

安定した価格で購入したいのならGMOコイン

運営会社: GMOコイン株式会社
資本金: 17.58億円
事業者登録:

Img radar chart gmo

    各種手数料無料!大手証券会社が運営するGMOコイン!

  • Ic check exchange point

    FXアプリ「ビットレ君」で簡単にFXができる

  • Ic check exchange point

    即時入出金が無料

  • Ic check exchange point

    口座開設が早い

-基軸通貨数(5種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH Thumb crypto ltcLTC Thumb crypto xrpXRP Thumb crypto bchBCH
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 無料
アルトコイン売買手数料 無料
最低入出金額 最低入金額: ¥1000円~最低出金額: ¥10000円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥振込手数料実費分
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥無料
-詳細-
取引ツール ビットレ君
最大レバレッジ 5倍
入金方法 銀行振込
アプリ対応
取引形態 信用取引
最低取引単位 0.001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

GMOコインは正確には取引所ではなく、直接会社から通貨を購入できる販売所のようなものです。

そのため安定した価格で、好きな数量を購入することが出来ますので、確実に通貨がほしい場合にはおすすめの取引所です。

まとめ

イーサリアムの今後の将来性はいかがでしたか。

 

コインチェック社の流出事件の影響もあって、イーサリアムの価格は下落してしまいましたが、仮想通貨市場全体の価格は少しずつ回復に向かっています。

 

また、イーサリアムという通貨が高い将来性と期待を抱えていることは大いに考えられるので、これからも価格は上昇していくことを期待しましょう。

関連記事

2018年仮想通貨Bitcoin(ビットコイン・BTC)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め予想を解説|Coinwall [コインウォール]

今回は、電子決済システムであるBitcoin(ビットコイン・BTC)の今後と将来性について記事にしました。2018年最新のニュースやこれから高騰する可能性と将来性を解説しています。ビットコインの優位性について分析し、今後を予測していきます。

2018年仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説|Coinwall [コインウォール]

つい最近数ヶ月ぶりに高騰を果たした仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後はどのようになっているのでしょうか?多くの銀行や企業との提携が行われているRippleですが、Rippleを長期保有する観点から様々な優位性をまとめました。最新情報から将来性・今後の予想まで解説します。

仮想通貨値上がりの仕組みとは?なぜ値上がりするのかを徹底解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨を購入している人や購入することに関心がある人は仮想通貨が上がった、暴落したなどのニュースをよく聞くかもしれません。特に2017年は仮想通貨元年と呼ばれ暴騰や暴落が頻発しました。今回は仮想通貨がどうしたら値上がりしたり暴落したりするのかを解説します。

GMOコインでEthereum(イーサリアム)を購入!購入方法やメリット・注意点を解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨の中でも時価総額が高く実用性もあるEthereum(イーサリアム)ですが、FX取引などのサービスを提供していることで有名なGMOが運営するGMOコインでの取引が可能です。本記事ではGMOコインでのイーサリアム取引方法や注意点などを徹底解説します

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Ethereumの開発者であるVitalik Buterin氏について解説!出身地や経歴、資産は?

Vitalik Buterin氏は19歳にして共同提案者のGavin Wood氏と共に仮想通貨Ethereumを開発しました。今回はVitalik …

2018/6/20

2018年仮想通貨Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)の今後と将来性は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はEthereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)の今後を予想します。Ethereum Classicはイーサリアムから分裂し…

2018/5/7

仮想通貨イーサリアムのメトロポリスとは?アップデートの内容や予想価格をまとめてご紹介!

イーサリアムでは前々からアップデートが予定されていましたが、その3段階目がメトロポリスです。この記事ではイーサリアムのメトロポリスの前半で完了したア…

2018/6/15

イーサリアムのCasper(キャスパー)について解説!キャスパーはPoSの一種?

今回はイーサリアムに実装予定のCasper(キャスパー)について解説します!イーサリアムには4段階のハードフォーク予定がありその最終段階で実装される…

2018/6/16

仮想通貨Ethereum Blue(イーサリアムブルー)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はEthereum Blue(イーサリアムブルー)を紹介します。Ethereum Blue(イーサリアムブルー)はスマートコントラクトのセキュリ…

2018/4/20

Ethereum Classic(ETC・イーサリアムクラシック)とは?特徴、取引所、将来性など徹底解説!

Ethereum(イーサリアム)の名前に似た仮想通貨Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)はEthereumとどう違うの…

2018/4/16

仮想通貨NEO(ネオ)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

NEO(ネオ)は、中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。なぜ中国版イーサリアムと呼ばれているのでしょうか?どちらもスマートコントラク…

2018/5/20