search_toggle
仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

Ethereum(イーサリアム/ETH)

62,900.1 JPY

前日比

-2.016%

前週比

-20.287%

573.673 USD

前日比

-1.98%

前週比

-19.9%

0.0779231 BTC

前日比

-2.661%

前週比

-7.57%

仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)最新ニュース

イーサリアムは時価総額ランキングにおいてビットコインに次いで二位に位置しているアルトコインの一種です。

2013年にVitalik Buterin氏によって考案発明された通貨で、単位はETH(イーサ)です。

ブロックチェーン技術を通貨だけに利用するのではなく、コンピューティングの基盤として応用しようというコンセプトの元に生まれた通貨ですので、通貨として以外の使い道もあります。

イーサリアムがリリースされた2014年当初の価格は1ETH=26円だったのに対し、2018年4月現在では65000円前後をキープしています。

4年間で約2500倍の高騰をしたことになりますね。

イーサリアムの最大発行数を制限するEIP960がVitalik氏によって提案される

発行上限に制限が存在しなかったEthereumですが、4月2日にEthereumの開発者であるVitalik氏により発行上限を制限する提案がありました。

もし発行上限が設けられた場合、ビットコインが金と同じ性質をもたされているように、価格の上昇、潜在的なASICに対する対策になりうる、などが予想されます。

ASICとは?などの詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

仮想通貨Ethereum(イーサリアム、ETH)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!|Coinwall [コインウォール]

米SECがイーサリアムを有価証券として扱うことを検討か

米SEC:イーサリアムを有価証券として扱うことを検討か

米のSECがEthereumを有価証券として扱うかどうか検討中のようです。

もしこれが採択されれば、これまで以上にEthereumの価値は上昇することが予想されます。

NASAがイーサリアムを導入か

NASA Wants To Use The Ethereum Blockchain To Automate Spacecraft

NASAがEthereumのスマートコントラクト、ブロックチェーン技術を宇宙ゴミを回避自動化するために導入を検討しているようです。

NASAほどの団体がEthereumを利用するとなると、スマートコントラクト技術のさらなる応用の証明になりさらなる需要の高まりが予想されます。

スマートコントラクトとは? 仕組みやメリット・デメリットを解説!

スマートコントラクトとはなんでしょうか?こちらの記事で詳しく解説しています!

仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)今後・将来性(長期保有・ガチホの観点)

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは、仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について、以下の観点から独自の評価を行います。

 

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

 

・ビジネス的な有用性

そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

 

・チーム

初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

 

・発信 / マーケティング活動

上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

 

・コミュニティの熱狂度

仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。

ビジネス的有用性

スマートコントラクト

イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトは、単純に言えば第三者を必要としない契約が出来るシステムのことです。

このシステムにより、仲介業者を必要とせずに自動であらゆる契約をインターネット上で結ぶことが可能になります。

どういうことか言いますと、これまでは第三者の介入によって信頼関係を結んでいたような保険、現金の貸付、土地の売買なども当事者同士で行うことが出来るようになるのです。

 

イーサはその契約時に使用される通貨なので、もしこの仕組みがもっと世の中に浸透していけば、これまで以上にイーサの価値が上がることが予想されます。

 

ICOでの使用

携帯画面ページ 2


ICOとは仮想通貨で資金を調達することを指します。

このICOで頻繁に資金集めの手段として利用されているシステムがイーサリアムなのです。

新しく通貨を一から作るよりも、イーサリアムのブロックチェーンを使って作るほうが楽で便利だからです。

 

また、イーサリアムを使ってICOが行われる場合、支払いに使う通貨はイーサですのでまたここでもイーサリアムの需要が上がることになります。

 

スケーラビリティ問題を解決するPlasa

イーサリアムにおいて長年問題とされてきたものが、スケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題とは、現在のビットコインがそうであるよう決済が完了するのに時間がかかってしまうという問題です。

同じことがイーサリアムにも問題として存在していましたfが、それを解決せんと生み出されたものがPlasmaと呼ばれるフレームワークです。

 

その後Plasma cashと言われる新しいフレームワークが誕生し、今日ではスケーラビリティ問題も解決に向かっており、スピーディな決済を可能にしています。

送金決済のスピードが速い

上記の項目でも述べましたが、イーサリアムは非常に速い決済スピードを誇っています。

ビットコインが決済完了に約10分ほどかかるのに対し、イーサリアムは瞬時に決済が行えます。

最近で取引量の増加から多少スピードは落ちていますが、それでもビットコインに比べるとまだまだ速いです。

DApps(ダップス)

イーサリアムは元々通貨としてではなくプラットフォーム(インターネットなどのコンピューティングの基盤)として生まれたものですので、イーサリアムというプラットフォーム上で動作するアプリケーションが存在します。

そのアプリケーションのことをDAppsと呼びます。

市場を予測するGnosis、音楽配信サービスのUjoなどが有名ですが、このほかにも用途に合わせた無数のアプリケーションが開発されており、今後もその数を伸ばしていくことが予想されています。

 

これらの特徴を持つイーサリアムが、実際にスマートコントラクトを応用して採用された事例はいくつかあり、

ブロックチェーンサービスを利用し不動産取引の手数料、時間、信頼性を担保する不動産取引サービスのREX

金の売買契約時にスマートコントラクトを利用しているDigix DAO

複数のユーザーの間で行う書類作製の記録をスマートコントラクトを利用することで永久的に保存することが出来、複雑な処理を伴う契約の作製を自動で執行することもできるMijin

 

ほかにも金融、医療、物販などの様々な分野でスマートコントラクトは採用されてきています。

需要が高まった際に予想されるスケーラビリティ問題も、Plasmaの導入で解決されてきています。

 

Ethereum(イーサリアム)はこれからも様座な分野での活躍が期待されていくでしょう。

スマートコントラクト

イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトは、単純に言えば第三者を必要としない契約が出来るシステムのことです。

このシステムにより、仲介業者を必要とせずに自動であらゆる契約をインターネット上で結ぶことが可能になります。

どういうことか言いますと、これまでは第三者の介入によって信頼関係を結んでいたような保険、現金の貸付、土地の売買なども当事者同士で行うことが出来るようになるのです。

 

イーサはその契約時に使用される通貨なので、もしこの仕組みがもっと世の中に浸透していけば、これまで以上にイーサの価値が上がることが予想されます。

ICOでの使用

ICOとは仮想通貨で資金を調達することを指します。

このICOで頻繁に資金集めの手段として利用されているシステムがイーサリアムなのです。

新しく通貨を一から作るよりも、イーサリアムのブロックチェーンを使って作るほうが楽で便利だからです。

 

また、イーサリアムを使ってICOが行われる場合、支払いに使う通貨はイーサですのでまたここでもイーサリアムの需要が上がることになります。

 

 

スケーラビリティ問題を解決するPlasa

イーサリアムにおいて長年問題とされてきたものが、スケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題とは、現在のビットコインがそうであるよう決済が完了するのに時間がかかってしまうという問題です。

同じことがイーサリアムにも問題として存在していましたfが、それを解決せんと生み出されたものがPlasmaと呼ばれるフレームワークです。

 

その後Plasma cashと言われる新しいフレームワークが誕生し、今日ではスケーラビリティ問題も解決に向かっており、スピーディな決済を可能にしています。

送金決済のスピードが速い

上記の項目でも述べましたが、イーサリアムは非常に速い決済スピードを誇っています。

ビットコインが決済完了に約10分ほどかかるのに対し、イーサリアムは瞬時に決済が行えます。

最近で取引量の増加から多少スピードは落ちていますが、それでもビットコインに比べるとまだまだ速いです。

DApps(ダップス)

イーサリアムは元々通貨としてではなくプラットフォーム(インターネットなどのコンピューティングの基盤)として生まれたものですので、イーサリアムというプラットフォーム上で動作するアプリケーションが存在します。

そのアプリケーションのことをDAppsと呼びます。

市場を予測するGnosis、音楽配信サービスのUjoなどが有名ですが、このほかにも用途に合わせた無数のアプリケーションが開発されており、今後もその数を伸ばしていくことが予想されています。

スマートコントラクト

イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトは、単純に言えば第三者を必要としない契約が出来るシステムのことです。

このシステムにより、仲介業者を必要とせずに自動であらゆる契約をインターネット上で結ぶことが可能になります。

どういうことか言いますと、これまでは第三者の介入によって信頼関係を結んでいたような保険、現金の貸付、土地の売買なども当事者同士で行うことが出来るようになるのです。

 

イーサはその契約時に使用される通貨なので、もしこの仕組みがもっと世の中に浸透していけば、これまで以上にイーサの価値が上がることが予想されます。

ICOでの使用

ICOとは仮想通貨で資金を調達することを指します。

このICOで頻繁に資金集めの手段として利用されているシステムがイーサリアムなのです。

新しく通貨を一から作るよりも、イーサリアムのブロックチェーンを使って作るほうが楽で便利だからです。

 

また、イーサリアムを使ってICOが行われる場合、支払いに使う通貨はイーサですのでまたここでもイーサリアムの需要が上がることになります。

 

 

スケーラビリティ問題を解決するPlasa

イーサリアムにおいて長年問題とされてきたものが、スケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題とは、現在のビットコインがそうであるよう決済が完了するのに時間がかかってしまうという問題です。

同じことがイーサリアムにも問題として存在していましたfが、それを解決せんと生み出されたものがPlasmaと呼ばれるフレームワークです。

 

その後Plasma cashと言われる新しいフレームワークが誕生し、今日ではスケーラビリティ問題も解決に向かっており、スピーディな決済を可能にしています。

送金決済のスピードが速い

上記の項目でも述べましたが、イーサリアムは非常に速い決済スピードを誇っています。

ビットコインが決済完了に約10分ほどかかるのに対し、イーサリアムは瞬時に決済が行えます。

最近で取引量の増加から多少スピードは落ちていますが、それでもビットコインに比べるとまだまだ速いです。

DApps(ダップス)

イーサリアムは元々通貨としてではなくプラットフォーム(インターネットなどのコンピューティングの基盤)として生まれたものですので、イーサリアムというプラットフォーム上で動作するアプリケーションが存在します。

そのアプリケーションのことをDAppsと呼びます。

市場を予測するGnosis、音楽配信サービスのUjoなどが有名ですが、このほかにも用途に合わせた無数のアプリケーションが開発されており、今後もその数を伸ばしていくことが予想されています。

Ethereumのチーム①開発者

Vitalik Buterin

Vitalik Buterinは仮想通貨Ethereumの考案者であり開発者です。

Satoshi Nakamotoの手によってビットコインの論文が発表されたのち、ビットコインに関する記事を執筆するBitcoin Magazine社を2011年9月に設立し、共同設立者に。

2012年には情報科学の国際オリンピックで銅メダルを獲得するなどEthereumを開発する前から異色の経歴であったことが分かります。

 

その後2013年に仮想通貨Ethereumを開発し2018年に来日した際に河野太郎外務大臣と面談を果たします。

 

Ethereum Classicを生み出すことになるハードウォークを実行するなどEthereumの生みの親らしい大きな影響力を保持しています

 

Ethereumのチーム②EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス))

Enterprise Ethereum Alliance

EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)は、イーサリアムをビジネスに応用しようというコンセプトの元発足したプロジェクトで、4月現在300社以上の企業が参加しています。

その企業の中にはマイクロソフト、トヨタ自動車、インテル、三菱東京UFJ銀行、JPモルガンなどの日本を代表する大企業や、知らない人はいないであろう企業までもが名を連ねています。

 

このプロジェクトはイーサリアムを利用したアプリケーション開発におけるサポートを行っており、この連合自体で何かを生み出そうというわけではないようです。

Ethereumのコミュニティ

Ethereum Japan Community Meetup #1が2018年3月28日に東京で開催され、前売りされていた300枚のイベントチケットも完売しイベント会場は人で溢れかえりました。

このように日本でもコミュニティの活動は活発的なようです。

仮想通貨Ethereumの価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

以上の「ニュース」「将来性」の内容を踏まえ、Coinwall編集部がEthereumの今後を大胆予想します!

Ethereumを短期保有するなら・・・

仮想通貨Ethereumの短期保有オススメ度は★★☆☆☆ 中 です。

夏にアップデートの予定があることや、ハードウォークの予定もある中短期保有しておくことはおすすめできません。

Ethereumを短期保有する場合、情報収集を通じて、以下のキーポイント(イベントや発表の内容)をチェックしておきましょう!

 

★ 今後のキーポイント(価格変動材料)

・2018年夏アップデート

・発行上限の提案

・ハードウォークの予定

Ethereumを長期保有するなら・・・

仮想通貨Ethereumの長期保有オススメ度は★★★★★ 大です。

短期保有の項でも述べましたように、これからイーサリアムの価格が上昇するであろうイベントが大量に控えています。

今後もじわじわと伸びていくことが予想されますので、長期保有をおすすめします。

 

★ 今後のキーポイント(価格変動材料)

・2018年夏アップデートに伴う改良

・多くの団体、企業がスマートコントラクト導入を検討

・ハードウォーク時に保有していれば通貨が倍増

免責事項

仮想通貨取引のリスクについて

仮想通貨は、法廷通貨とは異ります。仮想通貨の定義のとおり、「電子情報処理にて発行・移転・管理され、決済手段として不特定多数に利用できる財産的価値」ですが、法定通貨とは違い、仮想通貨取引には、様々なリスクが存在します。 仮想通貨取引を始めるにあたり、仮想通貨取引の特徴、仕組みおよびリスクについて十分ご理解した上で、ご自身の判断と責任において取引するようにお願いします。

ビットコインとどう違う?

ビットコインとイーサリアムはよく引き合いに出される通貨ですが、さまざまな違いがあります。

まず創られた目的が違います。

ビットコインは通貨、送金手段として創られたのに対し、イーサリアムはプラットフォームとして創られています。

この点で拡張性がビットコインよりも上だと言えますね。

 

そして発行量も違います。

ビットコインは発行量が決められているのに対し、イーサリアムは無制限です。

 

また、先ほども述べましたように決済スピードがビットコインは10分なのに対し、イーサリアムは10数秒です。

 

これらの事柄が、主な両者の違いとなります。

 

高騰が予想される理由

イーサリアムはそこらじゅうで高騰するとの噂が立っています。

将来性が高いのもありますが、以下の要因も大きく関係していると思われます。

仮想通貨の格付けで高い評価

アメリカの「Weiss Ratings」という格付け機関によって発表された仮想通貨の格付け表では、イーサリアムはA~Eの評価のうちB評価を受けています。

A評価を受けた通貨は存在しませんので、実質的にはトップクラスの評価を受けたことになります。

ビットコインはC+の評価でしたので、かなりの高評価であることがわかります。

ハードウォークが予定されている

ある特定の通貨が分裂することをハードウォークといます。

これは事件や事故などを境に、通貨が全く違う2つの通貨になってしまうことで、これまでその通貨を所持していた人は分裂した通貨を2つとも手に入れることが出来ます。

ハードウォークを経験した通貨は多く、イーサリアムもビットコインまでもが過去に経験しています。

その時はイーサリアムはイーサリアムとイーサリアムクラシック、ビットコインならビットコインとビットコインキャッシュ、分裂し、今でもそれぞれの通貨が個別に価値を持っています。

 

イーサリアムはこのハードウォークを予定していますので、それまでに通貨を持っておこうという動きがあるため高騰が予想されています。

購入方法

イーサリアムはほかの通貨と同様に、国内外の取引所で口座を開設したのち、購入することが出来ます。

次の項ではイーサリアムを購入できるおすすめの取引所をご紹介していきます。

おすすめの取引所

手数料を抑えたいならZaif(ザイフ)

仮想通貨取引所・販売所 - Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)は国内の取引所の中で群を抜いた手数料の低さが特徴的です。

そのため、とにかく安く通貨を手に入れたいのならこの取引所が一番のおすすめだと言えるでしょう。

安定した価格で購入したいのならGMOコイン

仮想通貨(ビットコイン)のFX・売買なら | GMOコイン

GMOコインは正確には取引所ではなく、直接会社から通貨を購入できる販売所のようなものです。

そのため安定した価格で好きな数量を購入することが出来ますので、確実に通貨がほしい時にはうってつけの場所だと思います。

イーサリアムの今後のまとめ

コインチェック社の流出事件の影響もあって、イーサリアムの価格は下落してしまいましたが、現在は回復に向かっています。

また、イーサリアムという通貨が高い将来性と期待を抱えていることは間違いありませんので、これからも価格は上昇していくことが予想されます。

 

今回の記事が皆さんのお役に立てることを願っています。

関連記事

仮想通貨値上がりの仕組みとは?なぜ値上がりするのかを徹底解説|Coinwall [コインウォール]

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回はEthereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)の今後を予想します。Ethereum Classicはイーサリアムと分裂した…

2018/5/7

仮想通貨Ethereum Blue(イーサリアムブルー)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はEthereum Blue(イーサリアムブルー)を紹介します。Ethereum Blue(イーサリアムブルー)はスマートコントラクトのセキュリ…

2018/4/20

Ethereum(イーサリアム)のハードフォーク(HF)とは?Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)やEtherZero(イーサリアムゼロ)との関係など徹底解説!

ハードフォークとは、仮想通貨において「互換性のない仕様変更」を意味します。プラットフォームが分岐する中で、Ethereumでは4段階アップデート、コ…

2018/4/20

仮想通貨NEO(ネオ)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

NEO(ネオ)は、中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。なぜ中国版イーサリアムと呼ばれているのでしょうか?どちらもスマートコントラク…

2018/5/20

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

仮想通貨Lisk(リスク)はイーサリアムと同じく、主に分散型のアプリケーションプラットフォームを提供する仮想通貨であり、プラットフォームです。どちら…

2018/5/27

仮想通貨Quantstampとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はQuantstampを紹介します。Quantstampはイーサリアムのスマートコントラクトのセキュリティを強化するプロジェクトです。そんなQu…

2018/4/4

Ethereum Classic(ETC・イーサリアムクラシック)とは?特徴、取引所、将来性など徹底解説!

Ethereum(イーサリアム)の名前に似た仮想通貨Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)は実際、Ethereumとはど…

2018/4/16