search_toggle
2018年 仮想通貨モナコイン(MONAM・onaCoin)の今後・将来性・価格はどうなる?モナコインのこれからを予想

MonaCoin(モナコイン 、モナーコイン/MONA)

45.1445 JPY

前日比

-6.74%

前週比

-27.014%

0.397941 USD

前日比

-6.74%

前週比

-27.66%

0.00011972 BTC

前日比

-3.207%

前週比

-23.829%

Ic head point

この記事でわかること!

  • モナコインの今後と将来性

  • モナコインの最新ニュース

  • モナコインの有用性

  • Coinwall編集部のモナコイン価格予想

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    モナコインが今後どうなるのか知りたい人

  • Ic megafon notice

    モナコインの最新情報が知りたい人

  • Ic megafon notice

    モナコインを購入しようと思っている人

モナコインの今後と将来性を予測していきます!

#

今回は、日本の2ちゃんねるを初めとするネット掲示板やそのコミュニティから発生していった仮想通貨モナコイン(MONA・MonaCoin)の今後と将来性について記事にしました。

 

2018年最新のニュースやこれから高騰する可能性と今後の将来性を解説しています。

さらに、モナコインの優位性について分析し、今後の価格も予測していきます。

 

以下、詳しく見ていきましょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)の最新ニュース

#

最新ニュース① モナコインマーケット『MONAMA!』がリリース

最新ニュース② 8月16日にTipmonaの投げ銭botが廃止される可能性あり

#

『モナコインちゃんbot』という投げ銭botでは、Twitter(ツイッター)上で少額のモナコイン送金が行えていましたが、有志による個人運営で、APIの関係でシステムを維持するのが困難のため、8月16日に廃止が予定されています

(@Tipmona:アカウントはコチラ

・Tipmonaの投げ銭botとは?

 

twitterアカウント『モナコインちゃんbot』を使うことで定型コマンドを入力してメッセージを送れば、特別なソフトを必要としなくてもモナコインを他のアカウントに送金することができます。

 

これを「tipmona(チップモナ)」と呼びます。

『モナコインちゃんbot』の最大の特徴は、メッセージを送ることができる相手ならば、誰にでも一方的にモナコインを送ることができる点です。

「一方的に送るのは怖い」と思われるかもしれませんが、そもそもモナコインはネット上の不特定多数のユーザーによって拡散してきた「緩いコミュニティ」を持つ仮想通貨です。

 

少額でモナコインを送り合う「投げ銭」と呼ばれるこのシステムで気軽に小銭を渡し合えるような感覚で楽しめます。

最新ニュース③ モナコインがハッキング被害に

モナコイン(MONA・monacoin)のブロックチェーンが5月15日までに悪意ある攻撃者によって複数回に渡ってハッキング攻撃されたようです。

海外のある取引所でも被害額が約1000万円にも上る被害が出ています。

 

これは以前からたびたび言われていた問題で、その内容は極めて計算能力(ハッシュパワー)の高い悪意あるマイナー(採掘者)が生成したブロックを溜め込み、自身のチェーンが他のチェーンより長くなった段階でネットワークに放出することで、分岐した間近のチェーンを塗り替えてしまう(取引記録が巻き戻されてしまう)ことができるという攻撃方法です

 

改ざん不可能性を売りにしていたブロックチェーン技術ですが規模の小さいネットワークではこのように悪意ある攻撃を受けてしまう可能性があることが露見してしまいました。

 

このモナコインのハッキングで仮想通貨市場全体が急落しました。

この攻撃はウォレットを如何に強固にしていたとしても個人の力で防げるようなものではないため、モナコインの今後の課題だと言えます。

 

モナコインのブロックチェーン、攻撃受け「巻き戻し」 国内取引所も警戒 - ITmedia NEWS

国産仮想通貨「モナコイン」のブロックチェーンがマイナーによる攻撃を受け、巻き戻しが起きた結果、海外の取引所で約1000万円の被害が出たようだ。モナコインを扱う国内取引所もモナコイン入金に必要な承認数を上げるなどの対策を行っている。

最新ニュース④ 7月31日にMonappyが閉鎖する可能性あり

モナコイン(MONA・monacoin)の投げ銭サービスであるMonappyが7月31日に閉鎖されてしまうようです。

 

実際にMonappy運営事務局のtwitterアカウントががこのように発表しています。

ですが今後、Monappyが閉鎖されない可能性があります。

 

2日後のtweetではこのようにコメントしています。

Monappyの動向に注目が集まりまが、まだ続報がない状況です。

 

・monappyの投げ銭サイトとは?

 

monappyは投げ銭ができるサイトの1つです。

イラストや文章の投稿をすることが可能で、その内容に対して共感の意味を込めてチップ(投げ銭)を渡したいというシステムになっています。

 

tipmonaなどと同様に、共感の投げ銭を通じて人と繋がることができるため、大きく人気を集めていると同時に、モナコインの浸透も根強いものになっていっているようです。

最新ニュース⑤ モナコインがツイキャスに対応!送金も可能になる

ツイキャスとは「ツイキャス・ライブ」というアプリのことです。

ニコニコ生放送などと同じように誰でもライブ映像や音声のみの配信をすることができるサービスになっています。

 

「ツイキャス・ライブ」ではtwitterfacebookのアカウントから気軽にコメントすることができるため、誰でもライブ配信のような自己発信が可能です。

 

そんなツイキャスですが、公式twitterによるとモナコインのウォレットが対応したので、ユーザー同士でコインを送金することができるようになしました。

「いいね」代わりのチップ(投げ銭)でモナコインを渡すこともできます。

 

後日、Bitcoin(ビットコイン・BTC)とも対応するとされていますが、モナコインの方が先に実装されている点で、モナコインの日本での定着度がわかります。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)の今後・将来性(長期保有・ガチホの観点)

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは、仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について、以下の観点から独自の評価を行います。

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

・ビジネス的な有用性
そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

・チーム
初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

・発信 / マーケティング活動
上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

・コミュニティの熱狂度
仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。
 
#

モナコインの概要

モナコイン(monacoin・MONA)は日本初の「純日本産・国産」仮想通貨・アルトコインです。

2ちゃんねるという掲示板から誕生しました。

モナコインの名前の由来は、アスキーアート(いわゆる顔文字)で描かれた2ちゃんねるのキャラクタ「モナー」から来ています。

日本初の仮想通貨でありながら、掲示板から誕生したこともあり、コミュニティがかなり大きいのが最大の特徴です。

 

モナコイン自体は、取引処理・取引スピードが早いことで有名なLitecoin(ライトコイン)のソースコードをベースにして作られています。

モナコインとBitcoin(ビットコイン)の取引処理にかかる時間と比べると、モナコインの方が約6.7倍早いと言われています。

 

また、取引所を通さずにユーザー同士で種類の異なるコインの交換が出来るアトミックスワップはモナコインの魅力的な特徴の1つです。

ビジネス的な有用性①:ライトコインベースで送金時間が速い

モナコイン(MONA・monacoin)は、Litecoin(ライトコイン)のソースコードをベースに作られているので、送金時間が速く決済手段に向いています

 

ライトコインの取引処理速度(ブロック生成時間)は約150秒(2.5分)です。

しかしモナコインはその記録上回り、取引処理速度を約90秒(1.5分)まで速めることに成功しています。

まさに、モナコインは即時決済手段に向いている仮想通貨だと言えるでしょう。

 

今後、送金時間が速いというモナコインの特徴を生かして、日本国内の即決決済手段として使われていく可能性が大いにあります。

Ic head link

あわせて読みたい

ビジネス的な有用性②:SegWitによってスケーラビリティ問題を解決

実は、2017年3月に世界で初めてSegWitの技術を採用したのはモナコイン(MONA・monacoin)です。

 

SegWit(Segregated Witness・セグウィット)という技術は、仮想通貨の取引処理能力を向上させるための改善措置です。

今までブロックチェーンに書き込まれていたデータのうち一部をオフチェーンにすることで、承認すべきトランザクションサイズを小さくすることができます。

 

この改善措置によって、ビットコインなどで話題になっている「スケーラビリティ問題」も解決することができます。

 

SegWitを導入すると承認にかかる手間が省け、スケーラビリティ問題を解決できるのです。

 

ちなみにSegWit技術は、モナコインに導入された後、ライトコイン(2017年4月)ビットコイン(2017年9月)にもそれぞれ実装されるほど今流行りの技術です。

Ic head link

あわせて読みたい

ビジネス的な有用性③:個人同士で異なる通貨を交換できるアトミックスワップを実装

モナコイン(MONA・monacoin)は、Decred(DCR)という仮想通貨とのアトミックスワップに成功しています。

 

Atomic Swap(アトミックスワップ)技術とは、相手を信用する必要なしに(トラストレス)種類の異なる仮想通貨同士の交換を行うことを可能にする技術です。

この複雑なシステムを実行するために、この技術にはアドレス署名が使われています。

 

今後アトミックスワップが使われていくと、個人同士で違った通貨を交換できるだけでなく、取引所の破綻やハッキングによる盗難のリスクを軽減することもできます。

 

仮想通貨に取り入れるのが難しいとされているアトミックスワップ技術を既に成功させているのがモナコインの魅力的な特徴の1つでもあります。

モナコインのビジネス的有用性:②MonaCoinが使える店舗・国内サービスの充実

日本国内ではビットコインに次いで、2番目にモナコイン(MONA・MonaCoin)を決済コインとして使える店舗が多いです。

 

▼ 以下の動画ではモナコイン支払いができる店舗を紹介しています。

最近では、仮想通貨決済(支払い)が可能になってきたので、対応する店舗も増加してきています。

ビットコインとモナコインは他の有力な仮想通貨を凌いで、特に決済対応店舗があると言えるでしょう。

 

仮想通貨が決済手段として機能するためには一定の信頼ユーザー数が必要ですので、モナコインが浸透具合が大きいことがわかります。

モナコインのチーム

モナコイン(MONA・monacoin)はインターネット上の掲示板サイト「2チャンネル」が発祥となったコインです。

掲示板において、ユーザーが情報を共有し合ってソースコードなどを完成させたと言われています。

 

そのため、モナコインではとにかく開発チームとユーザーの関係が「いい意味で緩い」のが特徴です。

ここで言う「緩い」とは、開発者やユーザーとの垣根がなく、情報共有をするのにも躊躇なく進行する状態を意味します。

 

今後モナコインを発展させる上で、この開発陣とユーザーの関係から、モナコインの多種多様な開発が実現していくと考えられます。

モナコインのコミュニティの熱狂度

現在、日本国産の仮想通貨はいくつかありますが、その中でもモナコイン(MONA・monacoin)は日本国産の仮想通貨を引っ張っていく存在だと言えます。

 

仮想通貨市場全体を通して言えるのは、開発が国外ということもあり、海外の仮想通貨情報が日本での認知の壁となっていることです。

ましてや、ホワイトペーパーなどはほとんどが英語や中国語による情報で、自力で読み解くのは容易ではありません

 

日本語による情報量が多いということはモナコインの最大の強みだと言えます。

この強みがモナコインの大きなコミュニティを作り上げているのでしょう。

 

また、【最新ニュース】でも解説したmonappyの投げ銭サイトツイキャスでの投げ銭などを通じて、イラストや文章を共有できるコミュニティがモナコインにはあります。

 

今までは自己発信に対して「いいね」などの方法で共感の共有がされていましたが、モナコインを投げ銭することができるようになったことで、少額とはいえ、お金の価値を得ることができ、強烈な盛り上がりを見せています。

 

したがって、モナコインはコミュニティ熱狂度が高い上に、ビジネスモデルとしての強固なユーザー層を持っている大きなコミュニティが存在しているのです。

モナコインの他のメリット

モナコイン(MONA・monacoin)は日本円で購入が可能なので、ビットコイン価格の影響を直接的に受けない場合があります。

 

どういうことかと言いますと、他の仮想通貨、特に海外取引所のみの扱いの仮想通貨は日本の法定通貨である円で購入することができません。

そのため、まずビットコインなどの仮想通貨を購入し、買いたい通貨をビットコインで購入する必要があります。

 

しかし、これではビットコインの価格が高いか低いかによって損をする可能性があります。

実際、時価総額ランキングの低い仮想通貨は、ビットコイン価格の影響を強く受けがちです。

 

それゆえ、日本円で購入できるモナコインでは安定した購入計画を立てることができます

モナコインのリスク

#

【最新ニュース】で説明した通り、モナコイン(MONA・monacoin)には、気軽に送金できるtwitterアカウント『モナコインちゃんbot』があります。

 

しかし一方で、twitterに不正にログインされてしまった場合、モナコインが自由に送金されてしまう可能性があります。

これは他のmonappyなども同様で、Googleアカウントに不正にログインされた場合などの危険性があります。

 

モナコインと連動して同期されたインターネット環境が多いことはメリットでもある一方、セキュリティ的には危険性が増えたことにもなります。

 

保有する仮想通貨資産を分散したり、セキュリティ対策を強化するなど、注意が必要です。

仮想通貨MonaCoinモナコイン(MONA・monacoin)の価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

#

仮想通貨MonaCoinモナコイン(MONA・monacoin)を短期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★★☆☆](2018/7/15)

モナコインは短期保有の観点からオススメできる仮想通貨です。

 

コミュニティの熱狂度に加え、投げ銭などコミュニティに参加しながら楽しめるシステムが多く採用されています。

また、決済対応している店舗も多く、便利とまではいかないものの実用性がある仮想通貨です。

 

価格の上昇に関しては、あまり期待できないかもしれません。

というのも現在は仮想通貨市場そのものが停滞していて、下落傾向にあるからです。

その点においては、短期保有で資産を減らしてしまうリスクも当然あります。

 

<KeyDriver>

コミュニティの熱狂度や投げ銭システム

モナコイン決済

仮想通貨市場の下落傾向

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)を長期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★★★☆](2018/7/15)

 

モナコインは長期保有としてはかなりオススメできます。

 

日本発祥という特徴は、国内で仮想通貨の浸透度が高まりつつある現在において大きな強みになっていく可能性があります。

根強いユーザー層がビジネス的にモナコインを用いる機会が増えれば、モナコインを中心とした新たなビジネス的展開を期待することもできます。

 

実際に現段階において仮想通貨市場が下落傾向にあるものの、【最新ニュース】からもわかる通り、モナコインのサービスは徐々に拡大してきています。

ビジネス的展開やサービスが拡大していけば、自然と価格も上昇していくのではないでしょうか

 

長期保有の注意点としては、2018年5月上旬に起きたモナコインに対するハッキング事件のような出来事です。

このような事件には十分注意してモナコインを管理しましょう。

 

<KeyDriver>

国産通貨という優位性

コミュニティやユーザーの根強さ

サービスの拡大

ハッキング事件への対応

免責事項

仮想通貨取引のリスクについて 仮想通貨は、法廷通貨とは異ります。

仮想通貨の定義のとおり、「電子情報処理にて発行・移転・管理され、決済手段として不特定多数に利用できる財産的価値」ですが、法定通貨とは違い、仮想通貨取引には、様々なリスクが存在します。

 

仮想通貨取引を始めるにあたり、仮想通貨取引の特徴、仕組みおよびリスクについて十分ご理解した上で、ご自身の判断と責任において取引するようにお願いします。

まとめ

ここまでモナコインの今後の将来性について解説してきました。

 

掲示板などを中心に盛り上がりを見せたモナコインは、決済にも使えるという便利さですが、使い道が増える分セキュリティ面のリスクにも注意していきたい仮想通貨です。

 

ぜひ、モナコインをチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)とは?特徴、買い方、チャート解説|Coinwall [コインウォール]

今回は日本初で2ちゃんねる発祥のモナコイン(MONA・monacoin)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょうか。そんなmonacoinはどんな仮想通貨なのかその特徴やチャート、将来性、取引所での購入方法まで徹底解説していきます。

仮想通貨値上がりの仕組みとは?なぜ値上がりするのかを徹底解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨を購入している人や購入することに関心がある人は仮想通貨が上がった、暴落したなどのニュースをよく聞くかもしれません。特に2017年は仮想通貨元年と呼ばれ暴騰や暴落が頻発しました。今回は仮想通貨がどうしたら値上がりしたり暴落したりするのかを解説します。

2018年仮想通貨Bitcoin(ビットコイン・BTC)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め予想を解説|Coinwall [コインウォール]

今回は、電子決済システムであるBitcoin(ビットコイン・BTC)の今後と将来性について記事にしました。2018年最新のニュースやこれから高騰する可能性と将来性を解説しています。ビットコインの優位性について分析し、今後を予測していきます。

2018年仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説|Coinwall [コインウォール]

つい最近数ヶ月ぶりに高騰を果たした仮想通貨リップルの今後はどのようになっているのでしょうか?多くの銀行や企業との提携が行われているRippleですが、Rippleを長期保有する観点から様々な優位性をまとめました。最新情報から将来性・今後の予想まで解説します。

bitbank(ビットバンク)の特徴、メリット・デメリット、登録方法を解説!|Coinwall [コインウォール]

bitbank(ビットバンク)はリップルを含む5つの人気アルトコインを板取引可能な国内取引所であり、bitbank Tradeではレバレッジ20倍・追証なしのBTCFXも行えます。bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリット、登録方法ついて徹底解説!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年 仮想通貨モナコイン(MONAM・onaCoin)の今後・将来性・価格はどうなる?モナコインのこれからを予想

今回はモナコイン(MONA・MonaCoin)の今後の将来性を紹介します。モナコインは2チャンネルを初めとするネット文化から発生した仮想通貨で、国内…

2018/4/29

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)のコミュニティを複数解説!

日本発の国産通貨で、投げ銭文化の普及に一役買っている仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)は非常に強いコミュニティを持っています。コミュニ…

2018/6/19

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)はどうなる?特徴・将来性・今後の価格を徹底予想

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)はライトコインをベースにした日本発の国産通貨です。しかし2018年現在実用面ではライトコインよりも進…

2018/6/19

bitflyer(ビットフライヤー)でモナコインを入手する方法を解説!画像解説付き!

bitflyer(ビットフライヤー)は日本の仮想通貨取引所です。ビットコイン取引量が日本一であることは有名ですが、モナコインは購入できるのでしょうか…

2018/6/27

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でのモナコイン購入方法を画像付きで詳しく解説します!

Zaif(ザイフ)は国内の大手仮想通貨取引所で、他の仮想通貨取引所と比較してもトップクラスに取引手数料が安く、ビットコインはもちろんのことアルトコイ…

2018/6/29

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)でのモナコイン購入方法を画像付きで解説!

BitTrade(ビットトレード)は国内の大手仮想通貨取引所です。BitTradeは仮想通貨交換業者として金融庁から認可されており、ビットコインを含…

2018/6/29

仮想通貨MonaCoin(モナコイン/MONA)で決済できるサービス・使い方を解説!

日本発の国産通貨であり世界で初めてSegwitを実装した高性能な通貨でもあるMonaCoin(モナコイン/MONA)はネットショッピングからスポーツ…

2018/6/22