search_toggle
仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)とは?特徴、買い方、チャート解説

MonaCoin(モナコイン 、モナーコイン/MONA)

179.817 JPY

前日比

2.63%

前週比

-6.32%

1.62711 USD

前日比

2.63%

前週比

-6.32%

0.00025015 BTC

前日比

0.855%

前週比

-8.605%

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)とは?:2ちゃんねるから誕生した日本初のコイン

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

モナコインの基本情報・取引データ

・通貨名:monacoin(モナコイン /MONA)

・取引開始日:2017年12月23日

・発行上限:1億512万MONA

・現在の流通量(取引量):59,946,300 MONA(2018年6月時点)

・時価総額:21,723,236,336 JPY (2018年6月時点)

・ブロック認証サイクル:約90秒

・コンセンサスアルゴリズム:Pow(proof-of-work/プルーフオブワーク )

・公式サイト:https://monacoin.org/

・ソースコード:https://github.com/monacoinproject/monacoin

・ホワイトペーパー:なし

・Blockchain Explorer(取引詳細):https://mona.chainsight.info/

・Blockchain Explorer(取引詳細):https://mona.chainseeker.info/

・公式フォーラム: http://askmona.org/

・twitter:https://twitter.com/monacoin2ch

・telegram:https://t.me/joinchat/GzpszQ2DW2DDuOsHavzCoQ

モナコインの概要

モナコイン(MONA・monacoin)は日本発仮想通貨で「純日本産」仮想通貨です。2ちゃんねるという掲示板から誕生しました。モナコインの名前の由来は、アスキーアート(いわゆる顔文字)で描かれた2ちゃんねるのキャラクタ「モナー」から来ています。日本初の仮想通貨でありながら、掲示板から誕生したこともあり、コミュニティがかなり大きいのが最大の特徴です。

※2ちゃんねるは現在、5ちゃんねるに変わっています。

 

モナコイン自体は、取引処理が早いことで有名なLitecoin(ライトコイン)のソースコードをベースにして作られています。モナコインとBitcoin(ビットコイン)の取引処理にかかる時間と比べると、モナコインの方が約6.7倍早いと言われています。ネタコインだと思われがちですが実は実力派です。

 

以下、国産通貨モナコインについて詳しく解説していきます。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)の特徴

#

モナコインの特徴① 日本最大のコミュニティ:「サービス」が拡大していく

モナコイン(MONA・monacoin)には2ちゃんねる秋葉原と密接に関わるオタクコインとして日本最大の仮想通貨コミュニティが存在します。初の「国産」仮想通貨ということもあって、かなりの注目を受けています。

 

ホリエモン(堀江貴文)さんやZaif(ザイフ)取引所のCEOである朝山貴生さんもモナコインに注目していることで有名です。

 

モナコインのこの大きなコミュ二ティは、モナコインを使った「サービス」を拡大させていて、日本で最も実用性のある仮想通貨となっています。

 

オタクの祭典とも呼ばれるコミックマーケット(コミケ)では、モナコイン決済と認めている場所があります。

 

『モナコインちゃんbot』という投げ銭botでは、Twitter(ツイッター)上で少額の送金も行えるようです。

(@Tipmona:アカウントはコチラ

※有志による個人運営で、APIの関係でシステムを維持するのが困難だそうです。(5月時点)

インターネット上では他にも、モナコインが使える場所が存在します。

 

Monappyというサイトでは「Monappy payment」によってモナコインで商品が売買できるストアも存在します。

どうやらMonappyが閉鎖してしまうかもしれません。詳しくは下の今後の予定で解説します!(5月時点)

 

また、AskMonaというサイトでは、書き込みしたり投稿する事によってモナコインをもらうことができる掲示板も存在します。

 

このようにコミュニティの有志によって「サービス」が拡大していくので、モナコインの使い道・モナコイン取引の場がどんどん増えていきます。日本最大のコミュニティこそがモナコインの最大の特徴だと言えます。

モナコインの特徴② Litecoinをベースにしている:送金時間が速い

#
Litecoin(ライトコイン)の詳細はコチラ

モナコイン(MONA・monacoin)はLitecoin(ライトコイン)のソースコードをベースに作られているので、送金時間が速く決済手段に向いています。

 

ライトコインの取引処理速度(ブロック生成時間)は約150秒(2.5分)です。しかしモナコインはその記録上回り、取引処理速度を約90秒(1.5分)まで速めることに成功しています。まさに、モナコインは即時決済手段に向いている仮想通貨なのです。

モナコインの特徴③ SegWit(セグウィット)を実装 

「SegWit」と言えば、ビットコインやライトコインを連想すると思いますが、2017年3月に世界で初めてSegWitの技術を採用したのはモナコイン(MONA・monacoin)です。

 

SegWit(Segregated Witness・セグウィット)という技術は、仮想通貨の取引処理能力を向上させるための改善措置です。今までブロックチェーンに書き込まれていたデータのうち一部をオフチェーンにすることで、承認すべきトランザクションサイズを小さくすることができます。SegWitが導入すると承認にかかる手間が省けるのです。

 

また、この技術はライトコイン(2017年4月)とビットコイン(2017年9月)にそれぞれ実装されました。

SegWit(セグウィット)についてはコチラ

Segwitはスケーラビリティ問題を解決するだけでなく、トランザクション展性(マリアビリティ)も解決します。

 

トランザクション展性とは、トランザクションに記載されている「送金者」と「受金者」を変更せずに、トランザクションの「ハッシュ」だけを変更するハッカー攻撃です。マウントゴックス(MTGOX)はこの攻撃をうけ、ビットコインの大量流出が発生しました。

 

詳しくは以下のリンクを参考にしてください。

トランザクション展性とは - ビットコインの仕組み:Bitcoinを技術的に徹底解説!

モナコインの特徴④ Atomic swap(アトミックスワップ)が実装可能

#

モナコイン(MONA・monacoin)は、仮想通貨Decred(DCR)とのアトミックスワップに成功しています。Atomic Swap(アトミックスワップ)技術とは、相手を信用する必要なしに(トラストレス)種類の異なる仮想通貨同士の交換を行うことを可能にする技術です。この技術にはアドレス署名を用いています。

仮想通貨Decred(ディークレッド)の詳細はコチラ

例えば、現在モナコインを持っていて、仮想通貨Decred(DCR・ディークレッド)を購入したい場合、取引でモナコインをビットコインか日本円に両替してからをDecred購入する必要があります。

 

図で表すとこんな感じです。

MONA→BTC・JPY→DCR

 

 

ですがアトミックスワップでは、モナコインから直接Decredを購入することができます。

 

MONA→DCR

 

相手に関わらず、安全にコイン同士の交換を可能にします。つまり、アトミックスワップが他の通貨にも実装されれば、取引所を通さずユーザー同士で安全に種類の異なるコインの交換が出来るようになります。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)のマイニング

モナコイン(MONA・monacoin)はライトコインをベースにしているためマイニングアルゴリズムもPoW(Proof of work)です。PoWはマイニングを成功させるのに膨大なマシンパワーを必要としておりマイニングプールなどに所属してプールマイニングをするのが一番の方法となっています。

 

Monacoinモナコインのマイニングに関する詳しい解説は以下の記事をご覧ください。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)のマイニングについての詳しい解説はこちら

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)の今後の予定・スケジュール・ロードマップ

#

様々な噂が飛び交うモナコイン(MONA・monacoin)ですが、今後の予定は特に発表されていません。

 

モナコインでは、ユーザーの主体的な投げ銭文化神社の建立など、他の仮想通貨では見られないことが行われています。日本のオタク文化とも非常に関係が深く、今後の発展に大きく関わってくるでしょう。

7月31日にMonappyが閉鎖する可能性あり

先ほど【モナコインの特徴①】で紹介した投げ銭サービスのMonappyが7月31日に閉鎖されてしまうようです。実際にMonappy運営事務局のtwitterアカウントががこのように発表しています。

ですが今後、Monappyが閉鎖されない可能性が十分にあります。2日後のtweetではこのようにコメントしています。

Monappyの動向に注目が集まります。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)のチャート(テクニカル分析)

モナコイン(MONA・monacoin)のチャートを見ていくと、急な値上がりをしている時期があります。bitFlyer(ビットフライヤー)への上場で価格が一度高騰しました。

 

また、もう1つの値上がりは2017年末から2018年初めに起きています。仮想通貨全体の値上がりに乗っかってモナコインも上昇しました。

 

しかし現在、モナコインは下落を続けている状態です。特に発表されているイベントもなくMonappyも閉鎖予定。これから価格が上がるにはコミュニティである2ch(5ch)での活発な宣伝か仮想通貨市場全体が盛り上がった時くらいでしょう。しかし日本の人々は国産というフレーズに弱いですのでその特徴を押し出していけばあるいは…といった感じでしょうか。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)最新ニュース

モナコインマーケット『MONAMA!』がリリース

モナコインマーケット『MONAMA!』が2018年5月25日にリリースされました。この『MONAMA!』を使うことで誰でもモナコインで支払いをする取引を行うことができるようになります。

モナコインがハッキング被害に

#

モナコイン(MONA・monacoin)のブロックチェーンが5月15日までに悪意ある攻撃者によって複数回に渡ってハッキング攻撃されたようです。海外のある取引所でも被害額が約1000万円にも上る被害が出ています。

 

これは以前からたびたび言われていた問題でもありその内容は極めて計算能力(ハッシュパワー)の高い悪意あるマイナー(採掘者)ならば生成したブロックを溜め込み、自身のチェーンが他のチェーンより長くなった段階でネットワークに放出することで分岐した間近のチェーンを塗り替えてしまう(取引記録が巻き戻されてしまう)ことができるという攻撃方法です。

 

改ざん不可能性を売りにしていたブロックチェーン技術ですが規模の小さいネットワークではこのように悪意ある攻撃を受けてしまう可能性があることが露見してしまいました。なおビットコインはモナコインとは文字通り桁違いの規模を誇っていますので51%攻撃の可能性は低いでしょう。

 

このモナコインのハッキングで仮想通貨市場全体が急落しました。この攻撃はウォレットを如何に強固にしていたとしても個人の力で防げるようなものではないため、モナコインの今後の課題ともいえる部分です。

モナコインのブロックチェーン、攻撃受け「巻き戻し」 国内取引所も警戒 - ITmedia NEWS

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/18/news071.html

モナコイン事件:高校生が逮捕

2018年1月30日に大阪府出身の高校生(17才)が逮捕されました。

 

高校生はモナコイン(MONA・monacoin)を不正入手することが出来るウイルスプログラムを作成し、そのプログラムをネットに公開して、ダウンロードしたPCにウイルスを感染させました。これは不正指令電磁的記録作成・同伴用にあたります。

 

そのプログラムは「モナコインの相場を確認できるソフト」というものでした。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)の将来性(長期保有・ガチホの観点)

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について以下の観点から独自の評価を行います。

 

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

 

・ビジネス的な有用性

そのプロダクトがビジネス的に有用かの指標です。

既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

 

・チーム

初期フェーズのプロジェクトにとって「誰がやるか」は非常に重要な指標です。

売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資すると述べますが仮想通貨プロジェクトも同様です。

 

すなわちプロダクトが未熟なフェーズにある分ICO経験者や起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。

そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

 

・発信 / マーケティング活動

上述の通り仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり数字を見て定量的に評価することができません。

ゆえに各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。

その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いてはマーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

 

・コミュニティの熱狂度

仮想通貨とは金融資産であるとともに独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。

仮想通貨圏の強化にはコミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるかといった定性的な一面が必要です。

各ソーシャルメディア上での発言等をもとにこの「コミュニティの熱狂度」を確認します。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)のビジネス的有用性

モナコイン(MONA・monacoin)はライトコインをベースとした通貨ですので少額取引に向いています。上記のニュースでもお伝えした通りモナコインで支払いができるマーケットサービスMONAMA!でグッズや日用品といった身近なものから仕事、ゲーム内課金コンテンツまでモナコインで取引が可能です。このサービスが普及していけばモナコインだけで生活することもできるようになるでしょう。

 

また2017年にはMoacoinを賞金とした麻雀大会なども開かれていてサブカルチャーと共に成長していくようなイメージを感じています。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)のチーム

#

モナコイン(MONA・monacoin)はインターネット上のサイト「2チャンネル」が発祥となったコインです。掲示板において、ユーザーが情報を共有し合ってソースコードなども完成させたと言われています。

 

そのためMonaCoinでは、とにかくコミュニティが「緩い」のが特徴です。ここで言う「緩い」とは、開発者やユーザーとの垣根がなく、情報共有をするのにも躊躇いなく進行する状態を意味します。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)のコミュニティの熱狂度

現在、日本国産の仮想通貨はいくつかありますが、その中でモナコイン(MONA・monacoin)は筆頭と言えます。仮想通貨市場全体を通して言えるのは、仮想通貨の日本での壁は開発国が国外ということです。ましてホワイトペーパーなど英語や中国語による情報を自力で読み解くのは容易ではありません。

 

日本語による情報量が多いということはモナコインの最大の強みと言えます。

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)の価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)を短期保有するなら・・・

オススメ度[★★★☆☆]

 

2018年6月現在、モナコイン(MONA・monacoin)はどちらかといえば短期取引をおすすめする通貨です。理由としては上記でお伝えしたようにMONAMA!がサービス開始をしたばかりで取引が活発になっていることが挙げられます。24時間で20円以上値が動くことも珍しくない状況なので短期取引で利益を上げやすい市場といえます。

 

Key-word

・MONAMA!サービス開始

・値動きが激しい

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)を長期保有するなら・・・

オススメ度[★★☆☆☆]

 

モナコイン(MONA・monacoin) の長期保有は正直に言ってしまえば微妙なところです。

 

確かにアトミックスワップ技術は仮想通貨の中でも高度な技術で、すでに成功しています。モナコインは技術的にみても実用的な通貨です。今後モナコインは日本国内で様々な決済に使われることが期待されるでしょう。

 

しかし基本的なベースはライトコインでありライトコインと違う点といえばコミュニティが土着のものであるということくらいしかありません。つまりモナコインが決済で使われるような状況であればライトコインも当然使われるでしょうから独自性という観点ではあまり有利ではないのです。

 

モナコインの将来性=コミュニティの熱狂度といっても過言ではないのです。しかし現在インターネット掲示板はSNSにお株を奪われつつありかつてのインターネット掲示板全盛期のような盛り上がりはあまりありません。これがモナコインの長期保有を微妙だとする理由です。

 

コミュニティの未来を信じられない限り短期保有で取引を行うことをおすすめします。

 

Key-word

・ライトコインの下位互換イメージ

・コミュニティの熱狂度=モナコインの将来性

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)が購入できるおすすめ取引所・販売所と購入方法

モナコイン(MONA・monacoin)を購入するには、日本国内取引所である、取引手数料が安い仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)、世界有数のビットコイン取引高を誇る大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)、機能が豊富で使いやすいモナコイン取引所Bitbank(ビットバンク)から購入する必要があります。

 

仮想通貨取引所の新規登録方法を簡単に進める自信がない方は以下の記事に登録方法が詳しく載っているので確認してましょう。

Zaifの登録方法
BitFlyerの登録方法
Bitbankの登録方法

まとめ

今回は、日本初の2ちゃんねる仮想通貨モナコインを紹介しました。

 

日本最大のコミュニティを持つモナコインには、世界初のSegWit実装からもわかる通り、日本の優秀な技術力が結集しています。オタク文化との関わりも今後大きくなっていくでしょう。気になった方は、どんどんリサーチしてみてはいかがでしょうか?

ニュース・関連記事

仮想通貨(Cryptocurrency)とは?その仕組みを世界一丁寧に解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Lisk(LSK、リスク)とは?特徴・将来性・チャート・ニュース・2018年の価格予想|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!|Coinwall [コインウォール]

今回は仮想通貨Ripple(XRP・リップル)を紹介します。Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(リップルネット)上で取引可能にしています。そんなRippleですが、どんな仮想通貨なのか、高騰する可能性、その特徴やチャート、将来性、取引所での買い方など徹底解説します。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年 仮想通貨モナコイン(MONAM・onaCoin)の今後・将来性・価格はどうなる?モナコインのこれからを予想

今回はモナコイン(MONA・MonaCoin)の今後の将来性を紹介します。モナコインは2チャンネルを初めとするネット文化から発生した仮想通貨で、国内…

2018/4/29

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)のコミュニティを複数解説!

日本発の国産通貨で、投げ銭文化の普及に一役買っている仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)は非常に強いコミュニティを持っています。コミュニ…

2018/6/19

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)はどうなる?特徴・将来性・今後の価格を徹底予想

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)はライトコインをベースにした日本発の国産通貨です。しかし2018年現在実用面ではライトコインよりも進…

2018/6/19

bitflyer(ビットフライヤー)でモナコインを入手する方法を解説!画像解説付き!

bitflyer(ビットフライヤー)は日本の仮想通貨取引所です。ビットコイン取引量が日本一であることは有名ですが、モナコインは購入できるのでしょうか…

2018/6/27

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でのモナコイン購入方法を画像付きで詳しく解説します!

Zaif(ザイフ)は国内の大手仮想通貨取引所で、他の仮想通貨取引所と比較してもトップクラスに取引手数料が安く、ビットコインはもちろんのことアルトコイ…

2018/6/29

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)でのモナコイン購入方法を画像付きで解説!

BitTrade(ビットトレード)は国内の大手仮想通貨取引所です。BitTradeは仮想通貨交換業者として金融庁から認可されており、ビットコインを含…

2018/6/29

仮想通貨MonaCoin(モナコイン/MONA)で決済できるサービス・使い方を解説!

日本発の国産通貨であり世界で初めてSegwitを実装した高性能な通貨でもあるMonaCoin(モナコイン/MONA)はネットショッピングからスポーツ…

2018/6/22