search_toggle
仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)とは?特徴、将来性、取引所を徹底解説!

Bitcoin(ビットコイン/BTC)

720,306.0 JPY

前日比

1.76%

前週比

2.5%

6,517.8 USD

前日比

1.76%

前週比

2.5%

1.0 BTC

前日比

0.0%

前週比

0.0%

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)とは

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)の基本情報

・通貨名:Bitcoin(BTC・ビットコイン)

 ・取引開始日:2009年1月12日

 ・発行上限:21,000,000 BTC

 ・現在の流通量:16,923,700 BTC(2018年3月時点)

 ・時価総額:$138,544,516,154 USD (2018年3月時点)

 ・ブロック認証サイクル:10分

 ・コンセンサスアルゴリズム:PoW

 ・公式サイト:https://bitcoin.org/ja/

 ・ソースコード:https://github.com/bitcoin/ (gitub)

 ・ホワイトペーパー:https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

 ・Blockchain Explorer(取引詳細):https://blockchain.info/

 ・公式フォーラム:https://bitcointalk.org/

 ・twitter:https://twitter.com/Bitcoin

 ・telegram:https://whalepool.io/connect/telegram

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)の概要

Bitcoin(BTC・ビットコイン)は世界で初めて分散型P2P(Peer to peer)ネットワークを実現した仮想通貨です。

分散型P2Pネットワークとは、中央機関を介さず直接個人間で取引を行う仕組みを指します。

 

ビットコインの始まりは2008年、リーマンショックなど既存の金融機関に対して世間の不信感が募っていた時期にサトシ・ナカモトと名乗る人物がネットに掲載した1つの論文でした。

「取引の第三者である仲介者による取引制限の問題」という名の論文です。

 

その論文の中にはビットコインの決済システムが書かれており、従来の国際送金におけるコスト、かかる時間、複雑な手続き、送金成功の不確実性の解決策としてビットコインの決済システムを提案しています。

その後、その論文を元に開発が始まり現在に至ります。

 

さて、ビットコインは現在、仮想通貨の取引の基軸通貨としての役割を果たしています

他方、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれビットコインの欠点を補うようにして次々と生まれています。

例えば、スマートコントラクトを兼ね備えたイーサリアムやブリッジ通貨として誕生したリップルもアルトコインの一種です。

 

また、ビットコインは発行上限が設けられているなど金に似ている側面があることからデジタルゴールドと呼ばれることもあります。

 

ビットコインをはじめとした仮想通貨の仕組みについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照下さい。

仮想通貨の仕組みについてはコチラ

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)と日本円の違いってなに?

Bitcoin(BTC・ビットコイン)について考える上で踏まえておくべきことがあります。

それは通貨の概念です。

 

通貨の機能は以下の3つです。

 

1.価値の尺度としての機能

2.価値の交換としての機能

3.価値の保存としての機能

 

日本円もドルもビットコインも上の3つの機能さえ満たせば通貨と言えます。

 

ビットコインの場合、使える場所は未だ限られているものの商品の購入に使えたりWallet(ウォレット)に保管することができるため上記3つの機能を兼ね備えていると言えるでしょう。

よって、ビットコインも日本円と同じく通貨と言えます

 

ビットコインには実体が無いため想像しづらいかもしれませんが、ゲーム内通貨イメージすると分かりやすいかもしれません。

 

さて、日本円もビットコインも通貨であることが確認できました。

では、両者の違いはどこにあるのでしょうか?

日本円とビットコインの大きな違いは管理者にあると考えられます。

 

日本円などの法定通貨は国によって管理され、中央銀行によって発行されます

しかし、ビットコインの場合は冒頭で述べたように中央機関=管理者、発行機関がありません

管理者がいないことで不安に感じる方もいるかもしれませんが、ビットコインは管理を全てコンピューターのネットワークに託すことで通貨の信用を保っています。

 

では、ビットコインの発行はどう行われているのでしょうか?

ビットコインはマイニング(採掘)によって発行されていきます。

 

マイニングとは、トランザクション(取引)の承認作業を指します。

この承認作業に対する報酬として新規ビットコインが発行され、採掘者に付与されます。

 

マイニングについて詳しく知りたい方は以下の記事を御覧ください。

マイニングについてはコチラ

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)の解決する社会的課題

Bitcoin(BTC・ビットコイン)は、サトシ・ナカモトの論文のタイトルにもあるように「取引の第三者である仲介者による取引制限の問題」を解決するために考案されました。

 

では、ビットコインによって「取引の第三者である仲介者による取引制限の問題」が解決されると私達の生活はどのように変化するのでしょうか?

 

以下、具体的にビットコインが取引制限の問題を解決することで改善される状況について見ていきましょう。

Bitcoin(BTC・ビットコイン)が改善する状況① より安く速い送金可能にする

これまで、通貨の管理は各国の中央銀行が行なっていました。

そのため、送金する際は銀行の営業時間やATM手数料を時間帯ごとに気にする必要がありました

皆さんもATMで送金する際に108円や216円の手数料を請求されたり、この送金は明日付になりますと言われた経験があるのではないでしょうか?

 

更に、海外送金を行う際には仲介機関を経由するため数千円ほど手数料を支払う必要があったり、送金に時間がかかったりと様々な課題がありました

 

しかしBitcoin(BTC・ビットコイン)の場合は中央機関=管理者が存在せず、P2Pネットワークによって直接個人間で取引を行うことを可能にしています。

つまり、ビットコインを使えば仲介機関が無いため上記のように取引時間、手数料、送金速度といった問題が解消されるのです。

 

このことは募金などを円滑にします。

 

震災やテロが起きた他国への募金をしたくても、数千円以上の手数料がかかかるために少額の募金を断念した人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、ビットコインなら上記で述べたように送金に必要な手数料が少額で済みます

よって、Bitcoin(BTC・ビットコイン)を使えば募金額が少額でも募金に参加しやすくなるのです。

その手数料の安さと送金の速さから投げ銭として使われることもあるようです。

 

ただ、ビットコイン利用者数が増えた現在ではスケーラビリティ問題(後述)が生じている影響で少額の送金額であっても手数料が高くなる場合があるためマイクロペイメントに向いていないという声もあります。

 

更に、ビットコインは国境のない通貨なので為替の変動によって起きる貿易摩擦を防ぐことにも繋がります。

Bitcoin(BTC・ビットコイン)が改善する状況② クレジットカードの手数料を安くする

消費者目線で考えると、クレジットカードでもBitcoin(BTC・ビットコイン)決済でも大きな違いはありません。

 

しかし、販売者側からするとクレジットカード決済でかかる手数料が大きな負担になっています

例えば、飲食店では売上の5%を手数料としてクレジットカード会社に支払う必要があります。

つまり、クレジットカード決済の売り上げが年間2000万円だとしたら、その内100万円が手数料として引かれてしまうからです。

 

クレジット決済の代わりにビットコイン決済を導入すれば、販売者側は決済手数料を1%に抑えることができます

Bitcoin(BTC・ビットコイン)が改善する状況③ 口座が無くても送金できる

日本に住んでいると自分の銀行口座を持っているのが当たり前です。

しかし、開発途上国においては未だに成人の半数ほどが銀行口座を持っていないのが現状です。

 

そのような国でもBitcoin(BTC・ビットコイン)を使うと、インターネット環境さえあれば誰でも好きなように送金を行うことができます。

 

Bitcoin(BTC・ビットコイン)が改善する状況④ 両替の必要が無い

法定通貨の場合は、中央機関が異なるため別の国で商品を購入する際にはその国の法定通貨へ両替する必要があります。

例えば、アメリカで買い物をしたい時には円をドルに両替する必要がありますよね。

 

しかし、Bitcoin(BTC・ビットコイン)の場合は中央機関が存在しません。

よって、ビットコインを決済手段として認めている店舗であれば両替する必要無く買い物をすることができるのです。

Bitcoin(BTC・ビットコイン)が改善する状況⑤ 緻密な割り勘

今までは割り勘をする際、細かな小銭の管理に悩まされたり割り切れない経験をした人も居るのではないのでしょうか。

例えば、100円を三人で割り勘しようとすると円の最小単位は1円なので33円までしか割り勘できませんでした。

 

しかし、Bitcoin(BTC・ビットコイン)の場合最小単位は0.00000001BTC(=1satoshi)です。

よって、ビットコインを使えばより細かく緻密な割り勘を可能にします

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)が抱える課題

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)が抱える課題①:データ処理速度が遅い

#

1つ目のBitcoin(BTC・ビットコイン)課題としては、データ処理速度の遅さ(スケーラビリティ問題)が挙げられます。

 

ビットコインは取引が記録されるブロックは約10分に1つ追加され、そのサイズは1MBに制限されています。

 

しかし、約10分の間に1MB以上の取引が行われたらどうなるでしょうか?

答えは、その取引を承認しきれず取引承認までに多大な時間を要する=決済や送金にかかる時間が長くなるという状況に陥ります。

ビットコインのメリットには送金時間の短さが挙げられていましたが、20秒で取引承認が完了することもあれば、20時間かかることもあるようです。

 

この、データ処理速度が遅くなってしまう問題をスケーラビリティ問題といいます。

 

このスケーラビリティ問題を解決には主に3つの選択肢があります。

 

1つ目がソフトフォークです。

これはそれまでの仕組みを引き継いだまま、あるブロック以後からブロックチェーンを一時的に分裂させ修正を加えるというイメージです。

そのため、ソフトフォーク後もそれまで使っていた通貨を今まで通り使うことができます

 

2つ目がハードフォークです。

これはブロックチェーンを永久的に分裂させることで、新しいものを作り直すイメージです。

そのため、ハードフォーク前とハードフォーク後の2種類の仮想通貨が生まれることになります。

 

3つ目がセグウィット(segwit)です。

取引情報の内、署名情報を分離させることで取引のデータ量を減らすというものです。

このことによって1つのブロックに格納される取引量(取引履歴)を増やせるというわけです。

スケーラビリティ問題についてより詳しく知りたい方は以下をご参照下さい。

スケーラビリティ問題についてはコチラ

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)の抱える課題②:価格変動が大きい

2つ目のBitcoin(BTC・ビットコイン)が抱える課題として、価格変動(ボラティリティー)が大きいことが挙げられます。

 

ビットコインは、他の投資財と比べ価格変動が非常に大きいと言われています。

このことは、ビットコインが決済手段となる上での障壁になります。

なぜなら、価格変動が大きいとは日によってビットコインの購買力が変わることを指しているからです。

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)の抱える課題③:51%攻撃

3つ目のBitcoin(BTC・ビットコイン)が抱える課題は、51%攻撃です。

 

これは、悪意ある集団がマイニングによる取引承認権を50%以上獲得した際に起こりうる問題です。

 

先程も述べたように、ビットコインは取引の承認作業としてマイニングという仕組みを取り入れています。

マイニング作業では主に計算を行うのですが、その答えが正しいと他社から承認されると報酬が与えられます。

もし、この承認する人の過半数(=51%以上)が悪意を持つものだとしたら間違った答えが承認される可能性が出てきます

 

つまり、不正な取引が承認されてしまうということです。

 

これを51%問題といいます。

 

実際5月下旬には、攻撃者が現れビットコインからハードフォークで生まれたBitcoin Gold(BTG・ビットコインゴールド)が51%攻撃の被害を受けました。

 

51%攻撃についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご参照下さい。

51%攻撃についてはコチラ

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)が抱える課題④:仮想通貨規制の動き

#

4つ目の課題は世界中の仮想通貨規制の動きです。

 

例えば今年に入り、中東各国で仮想通貨規制の動きが強まってきています

 

エジプトのイスラム教最高指導者であるシャウキー・アラム師は、2018年1月にBitcoin(BTC・ビットコイン)はイスラム教で禁止されている賭博に似ていると考え、それを禁忌とするファトワ(禁教令)を出しました。

また、テロリストたちのマネーロンダリングにも使われているとの懸念もあるようです。

 

更に、イラン、ヨルダン、レバノンといった国々でも規制されているため今後こういった規制の動きが広がっていく可能性は十分に考えられます。

 

なお、中東だけでなくアメリカや中国等様々な国で仮想通貨を規制する風潮が流れています。

 

一方で日本は昨年行われた改正資金決済法といった規制が、逆に仮想通貨取引を活発化したと言われています。

そのため規制アービトラージも懸念されていました。

しかし、今年に入り金融庁は路線転換を図り日本でも仮想通貨に対する厳しい姿勢が垣間見えます

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)の今後のスケジュール・マイルストーン

2017年はBitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)、Bitcoin Gold(BTG・ビットコインゴールド)、Lightening Bitcoin(LBTC・ライトニングビットコイン)など19回ほどハードフォークが行われました。

ハードフォークについてはコチラ

2018年には50回ほどのハードフォークが行われる予定です。

現在最も新しく作られたものは、2018年2月28日に誕生したBitcoin Private(BTCP・ビットコインプライベート)です。

 

これはBitcoin(BTC・ビットコイン)のブロックチェーン技術とZclassic(ZCL・ジークラシック)の匿名性を掛け合わせた仮想通貨です

そのため、従来のビットコインでは持っていなかったゼロ知識証明によって高い匿名性を備えています。

 

今後も様々なビットコインのハードフォークの情報が流れると思います。しかし、偽物の情報も多く出回っているので注意して情報収集していくよう気をつけてください

Bitcoin Privateについてはコチラ

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)のチャート(テクニカル分析)

Bitcoin(BTC・ビットコイン)は2017年の終わりから2018年の初めにかけて大きく高騰しました。

現在の価格は1BTCあたり80万円程度になっています。

 

ビットコインの相場には、世界中で起きている仮想通貨規制の動きがどこまで広がっていくのかが大きな影響を及ぼすでしょう。

実際、5月下旬には、カナダ・アメリカが仮想通貨規制強化を発表したことでビットコイン相場の下落が見られました。

 

また、今後ビットコインが実生活で利用されるためには、スケーラビリティ問題を解決できるのかという点も重要な要素になっていきそうですね。

現在では、ビットコインよりも送金速度が早いなどビットコインの欠点を補う仮想通貨もたくさん開発されています。

 

グーグル・トレンズによると、昨年12月からビットコインの検索件数が82%減少しているようです。徐々に関心が薄れてしまっているというこのニュースも少し気になるところです。

Bitcoin(BTC・ビットコイン)のチャート情報(テクニカル指標)について詳しく知りたい方はコチラ

Bitcoin(BTC・ビットコイン)の将来性については以下の記事で分析しているのでぜひ御覧ください。

Bitcoin(BTC・ビットコイン)の将来性についてはコチラ

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)の取引所・買い方・購入方法

Bitcoin(BTC・ビットコイン)は国内取引所で購入することができます

今回はその中から2種類の取引所を紹介します。

 

1. Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)などに登録する。

BitFlyerの新規登録方法
Zaifの新規登録方法

2. 登録した取引所でビットコインを購入する。

 

海外取引所を利用する必要がないので、ビットコインは手軽に購入することができます。

詳しい購入方法については以下の記事をご参照下さい。

Bitcoin(BTC・ビットコイン)の購入方法についてはコチラ

BitFlyer、Zaifについての情報は以下をご参照下さい。

運営会社: 株式会社bitFlyer
資本金: 41 億 238 万円
事業者登録:

Img radar chart bitflyer

    仮想通貨取引量・ユーザー数国内NO.1!

  • Ic check exchange point

    最大15倍の高レバレッジ取引が可能

  • Ic check exchange point

    FX売買手数料無料

  • Ic check exchange point

    資本金額、国内取引所最大

-基軸通貨数(7種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH Thumb crypto etcETC Thumb crypto ltcLTC Thumb crypto bchBCH Thumb crypto monaMONA LSK
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 0.01~0.15%
アルトコイン売買手数料 0~0.2%
最低入出金額 最低入金額: ¥1円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥324円
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥216~756円
-詳細-
取引ツール bitFlyerLightning
最大レバレッジ 15倍
入金方法 銀行振込クイック入金コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.00000001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

運営会社: テックビューロ株式会社
資本金: 8億3013万円
事業者登録:

Img radar chart zaif

    取り扱い通貨豊富で、Zaifトークンや積立投資が魅力的な人気取引所

  • Ic check exchange point

    現物売買マイナス手数料

  • Ic check exchange point

    信用取引時の追証不要

  • Ic check exchange point

    仮想通貨積立投資ができる

-基軸通貨数(15種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto xemXEM Thumb crypto monaMONA Thumb crypto ethETH Thumb crypto bchBCH XCP ERC20 Mosaic BCY ZAIF SJCX FSCC CICC PEPE JPYZ
-手数料-
btc売上販売料(販売所) -0.01%
btc売上販売料(取引所) -0.01%
アルトコイン売買手数料 -0.01~0.3%
最低入出金額 最低入金額: ¥500円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥486~594円
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥350~756円
-詳細-
取引ツール Trading View
最大レバレッジ 25倍
入金方法 銀行振込コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.0001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)最新ニュース:不正な価格操作

5月24日、米司法省はBitcoin(BTC・ビットコイン)市場を価格操作する人がいるとして捜査を開始しました。

この価格操作は、金融商品取引法に抵触する見せ玉や馴れ合い売買によるものだとして捜査が進んでいます。

ビットコインなど仮想通貨、価格操作ないか米司法省捜査 - Bloomberg

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)のまとめ

今回はBitcoin(BTC・ビットコイン)が解決する社会的課題、これから取り組むべき課題、将来性などについて書きました。

 

従来のお金よりも優れた決済機能とセキュリティを備えていますが、今後も取り組むべき課題はいくつもあります。

 

これからビットコインの開発や各国の法整備によって、より便利に経済が回るシステムの実現も期待できるでしょう。

 

今後も開発状況や世界各国の動きに注目する必要がありそうです。

関連記事

Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)の特徴・取引所・将来性を解説|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく簡単に徹底図解!! | Coinwall [コインウォール]

セキュリティーの要!ブロックチェーンの秘密鍵・公開鍵について解説|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ビットコインに消費税はかかる!? 法改正後の状況までわかりやすく解説!

普段買い物をするとき、消費税を払うのは当然ですよね。では、ビットコインなどの仮想通貨を購入するときにも消費税はかかるのでしょうか?この記事では仮想通…

2018/5/10

1Satoshi(サトシ)っていくら?ビットコインの生みの親サトシナカモトとは?

Bitcoin(BTC・ビットコイン)には最小の単位が存在しているをご存知ですか?その単位はSatoshi(サトシ)です。ではこのSatoshiは何…

2018/6/3

新たな通貨『ビットコイン』とは一体何なのか?誰でもわかるように徹底的に解説!

2008年にあげられた論文から、翌年産声をあげたビットコイン。今までの通貨と比べてより機能的で便利であると世界中の人を魅了し、2017年には時価総額…

2018/1/30

仮想通貨ビットコインはどんな使い方ができるの?ビットコインの使い方を解説!

今回は仮想通貨ビットコインの使い方をご紹介します。どんな場面でビットコインが使えるのか、実際にどうやってビットコインの支払いをするのかなど、投資以外…

2018/7/28

ビットコインの使い道は?〜投資だけじゃない様々な使い道を紹介!〜

昨今の仮想通貨ブームの火付け役となったビットコイン。買ったはいいものの使い道がわからない方もいるのではないでしょうか。現在ビットコインの主な使い道は…

2018/6/5

2018年仮想通貨Bitcoin(ビットコイン・BTC)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め予想を解説

今回は、電子決済システムであるBitcoin(ビットコイン・BTC)の今後と将来性について記事にしました。2018年最新のニュースやこれから高騰する…

2018/4/27

Dash(ダッシュ/DASH)とは?特徴、将来性、購入方法を徹底解説!

今回は、匿名性仮想通貨であるDash(ダッシュ/DASH)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるのでしょうか。Dash(ダッシュ/DAS…

2018/3/31