search_toggle
仮想通貨Bismuth(ビスマス)とは?Bismuth(ビスマス)の特徴、将来性、取引所を徹底解説!

Bismuth(/BIS)

30.2012 JPY

前日比

1.31%

前週比

-2.919%

0.273008 USD

前日比

1.31%

前週比

-3.81%

0.000072 BTC

前日比

5.553%

前週比

-3.443%

仮想通貨Bismuth(ビスマス)とは?

Pythonを利用する仮想通貨Bismuth(ビスマス)

#

仮想通貨Bismuth(ビスマス)は、仮想通貨の開発に世界で初めてプログラミング言語Pythonを利用しています。

 

Bismuth(ビスマス)は分散型のトランザクションプラットフォームです。また既存のソフトウェアを組み合わせたモジュラー型でもあり、アプリケーションやツールが最初から利用できるようになっています。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Bismuth(ビスマス)の基本データ

・通貨名:Bismuth(BIS)
・取引開始日:2017年10月02日
・発行上限:5,170,000 BIS
・現在の流通量:8,326,745 BIS(2018年03月時点)
・時価総額:$8,784,049 USD (2018年03月時点)
・ブロック認証サイクル:60
・コンセンサスアルゴリズム:POW
・公式サイト:http://bismuth.cz/
・ソースコード:https://github.com/hclivess/Bismuth (gitub)
・ホワイトペーパー:http://bismuth.cz/doc/
・Blockchain Explorer(取引詳細):http://35.196.47.170:5492/
・公式フォーラム:http://bismuth.cz/forum/
・twitter:https://twitter.com/bismuth_cz

仮想通貨Bismuth(ビスマス)が解決する社会的課題

プログラマー以外の人にとって、ビットコインやイーサリアムに使われる暗号化の手法やライブラリ、コードセグメンテーションや言語は、理解するのが難しいものとなっていました。

またBitcoin(ビットコイン)やNXT、Ethereum(イーサリアム)などのシステムは、外部のアプリケーションとの統合がされておらず、そのような外部のアプリケーションをブロックチェーンに導入するのも難しいメカニズムとなっていました。

仮想通貨Bismuth(ビスマス)の優位性とブロックチェーン技術を導入する必然性

Pythonを利用している

Bismuth(ビスマス)では、世界で初めてプログラミング言語であるPythonを利用しており、誰もが独自のブロックチェーンを実装しやすくなっています。

 

プログラマー以外の人でもBismuth(ビスマス)のシステムを利用しやすいようになっており、より安全性や柔軟性の高い分散型プラットフォームを作り出すことができます。

 

自動的にインフラストラクチャーのメンテナンスが行われ、クラウドプラットフォームがいくつかのデータセンターに集中せず、世界中に分散するようになっています。

外部のアプリケーションにアクセスできる

Bitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)などの外部のアプリケーションとの統合が難しいものと異なり、Bismuth(ビスマス)は、VPNを構築せずにネットワーク上のデータベースへリモートアクセスが可能なダイレクトデータベースアクセスやOpenField™ の分散型アプリケーション(DApps)レイヤーによって、さまざまなアクセスが可能となっています。

#

暗号化によってデータの安全性が保たれている

Bismuth(ビスマス)ではパブリックに使用する場合でも、プライベートに使用する場合でも、両方に適した形式で、データが暗号化されて保存されています。

 

また、Bismuth(ビスマス)ファンデーションは、一部のデータを別にして持ちたいユーザーに対して、個別のブロックチェーンオプションを提供しています。

24時間利用可能なサービスを提供する

Bismuth(ビスマス)のブロックチェーンは、24時間利用可能なサービスを提供しています。

 

Bismuth(ビスマス)のマイニングによって、全てのユーザーは正式なクライアントを利用してデータを伝え、報酬を得ます。

 

ユーザーの数が増えると、報酬獲得の競争が激しくなり、ネットワークが強固なものとなっていきます。

#

仮想通貨Bismuth(ビスマス)の現在までのマイルストーン

2017年5月までに暗号化されていないメッセージとされているメッセージ双方のサポート、マイニングプールの構築、分散型HTMLのブラウジングが行われました。

 

2017年9月までには分散型トークンレイヤーやトークンシンタックス、標準コマンドが追加されました。

 

2017年11月にはマスターノードシステムが導入されました。

仮想通貨Bismuth(ビスマス)の今後のスケジュール・マイルストーン

2018年2月にBismuth(ビスマス)の今後のスケジュールがアップデートされました。

#

アクセスしやすさの改善

他の開発者が簡単にアクセスできるBismuth(ビスマス)のコードにするために、Bismuth(ビスマス)のコードベースをモジュールにリファクタリングし、標準オブジェクトを作成しています。

 

また、取引所との互換性を目的とし、ビットコインを基準としたRPC(リモートプロシージャコール)モジュールが開発中です。

グラフィックスの改善

Bismuth(ビスマス)プラットフォームが人気になるにつれて、ロゴや全体的なデザインに関する新しいグラフィックを提案されています。

 

提案されたアートワークにはプロのアーティストのものもありますが、いつ改善されるかは未定です。

新しく追加された機能

Bismuth(ビスマス)には新しくトランザクションを識別するTXIDシステムが実装されました。

今後追加される機能や開発、研究

Bismuth(ビスマス)には今後、チェックサム付きのURLシステムやGoogleプロトコルバッファの導入が予定されています。

仮想通貨Bismuth(ビスマス)のチャート・将来性

#

Bismuth(ビスマス)は2017年10月に取引開始された比較的新しい仮想通貨です。

 

2018年1月13日に取引開始時の約16倍となる最高値を記録しました。

現在は仮想通貨業界全体での価格下落と伴い、Bismuth(ビスマス)も価格が下がっている状態となっています。

プログラミング言語であるJavaScriptで書かれた仮想通貨Lisk(リスク)が最近注目集めており、同様にPythonで書かれたBismuth(ビスマス)も今後注目を集めることが予想されます。

仮想通貨Bismuth(ビスマス)が購入できるおすすめ取引所と購入方法

仮想通貨Bismuth(ビスマス)を購入するには、海外取引所であるCryptopiaから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)などに登録。
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Cryptopiaに登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Bismuth(ビスマス)を購入する

仮想通貨Bismuth(ビスマス)のまとめ

今回は仮想通貨Bismuth(ビスマス)の特徴、将来性、取引所などを紹介してきました。

 

プログラミング言語であるPythonを利用することによってBismuth(ビスマス)では外部のアプリケーションに容易にアクセスできるようになっています。

 

アクセスのしやすさの改善するシステムの開発中のBismuth(ビスマス)の今後に期待です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

RChain(RHOC・アールチェーン)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

RChainは新しいブロックチェーン構造により、従来より迅速にスマートコントラクトなどのソリューションを提供するプラットフォームを目指す仮想通貨です…

2018/5/9

仮想通貨IOTA(アイオータ・MIOTA)とは?特徴やチャート、取引所など徹底解説!

今回は仮想通貨IOTA(アイオータ・IOT)を紹介します。IOTAはIoTのデバイス間の送金に利用される仮想通貨です。どんな仮想通貨なのか、高騰する…

2018/3/16

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMysterium(ミステリアム)を紹介します。Mysteriumはスマートコントラクトを用いたdVPNを利用し、P2Pネットワークを提供して…

2018/4/9

仮想通貨Aerium(エアリウム)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はAerium(エアリウム)を紹介します。Aerium(エアリウム)は新しいコンセンサスアルゴリズムであるSkunkhashを採用しています。そ…

2018/4/23

Dragonchain(DRGN/ドラゴンチェーン)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Dragonchain(DRGN/ドラゴンチェーン)は元々ディズニーが2014年から2年間に渡り「自社専用」に開発していた仮想通貨で、イーサリアムプ…

2018/5/7

Ubiq(ユービック・UBQ)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Ubiq(ユービック)は2014年に公開されたJumbucks(JBS)を改良して作られた仮想通貨であり、スマートコントラクトおよび分散型アプリケー…

2018/5/7

仮想通貨RChain(アールチェーン/RHOC)とは?特徴、チャート、将来性など解説!

今回はRChain(アールチェーン/RHOC)を紹介します。新しいブロックチェーン構造により、従来より迅速にスマートコントラクトなどのソリューション…

2018/4/16