search_toggle
仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)の特徴、将来性、取引所を解説

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)

109,360.0 JPY

前日比

0.183%

前週比

-22.556%

997.403 USD

前日比

0.22%

前週比

-22.18%

0.135479 BTC

前日比

-0.477%

前週比

-10.201%

仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)とは?(基本情報)

  ・通貨名:BCH
・公開日:2017年8月1日
・発行上限:21,000,000 BCH
・現在の流通量:約17,000,000(2018年3月時点)
・時価総額:$923.55(2018年3月時点)
・ブロック認証サイクル:Proof of Work(PoW)
・コンセンサスアルゴリズム:SHA-256
・公式サイト:https://www.bitcoincash.org/
・ソースコード:https://github.com/collincrypto (gitub)
・ホワイトペーパー:なし ・Blockchain Explorer(取引詳細):https://blockchair.com/bitcoin-cash/blocks
・フォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2040221.0

Bitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)は、201781日に、ビットコインのハードフォークによって新しく発行された仮想通貨です。ビットコインが持つスケーラビリティ問題を解消するため、ビットコインから分岐して出来ました。

 

ハードフォークとは、アップデートで問題を解決するために、分岐した仮想通貨を作ることです。Bitcoin Cashは、このアップデートによって、ビットコインが持つスケーラビリティ問題を改善することができます。

 

構造的には、Bitcoin Cashもビットコインと同じく、インターネット上のP2P型仮想通貨です。中央銀行を持たず、完全に分散化されていて、第三者によって操作する必要がありません。

 

以下、詳しく見ていきましょう。

 

#

ビットコインのハードフォークに関する詳しい記事はこちら

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂・ハードフォークとは?仮想通貨の分裂の仕組みを解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)が解決する社会的課題

ビットコインのスケーラビリティ問題

Bitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)は、ハードフォークを利用しビットコイン取引でデータ処理が遅くなるという問題点を解決するためにできた仮想通貨です。

 

そもそもブロックチェーンのシステムは、中央管理者が存在しておらず、ブロック(取引履歴)をチェーン(鎖)のように繋げて、各ブロックに取引の記録を記していくシステムです。

 

現在のビットコインが抱える問題がありました。それは、各ブロックで記入できるサイズが1MBとすでに決められているので、ビットコイン所有者が増えてビットコインを使った取引が増加するにつれて、データの処理スピードが落ちてしまうという問題です。

 

このデータ処理スピードの限界を技術的に引き上げるのは可能だと言われています。しかし約数年の議論を経ても、コミュニティー内でデータ処理スピード引き上げのための技術導入に関する承認を得ることはできませんでした。

 

2017年には、このデータ処理スピードに耐えきれず、ブロックの容量による弊害が発生し、手数料などの料金が急騰しました。さらに、一部のユーザーは、数日待ってもトランザクションを確認できない状態になりました。

 

つまり、取引の増加によって、処理が進まない状況に陥ってしまったのです。

この影響で、多くのユーザーがビットコインを放出し、市場占有率が95%から40%に急低下しました。

#

segwit2x案とBitcoin Cash案の対立

このスケーラビリティを解決する際、開発者(コア派)とマイナー団体の間でビットコインの方向性が不一致になりました。スケーラビリティ問題を解決する手段を巡って2つの派閥ができたのです。

 

 

ビットコインのスケーラビリティ問題が議論されてから、アップデートの提案書であるBIP91が提示されました。

 

ビットコインは管理者がいないので、BIPという提案書によって方向性が決定されます。BIPの賛成によって、アップデートが実行される仕組みになっています。ビットコインを改善するための91番目の提案書がBIP91というわけです。

 

BIP91によって提案されたアップデートの内容は、取引データを圧縮して収納するし、その後ブロック自体のサイズを拡張するといったものでした。これはsegwit2xと呼ばれています。

 

取引データを圧縮して収納する処理は、電子署名を保管する場所を改変するのでsegwit(署名の分離)と呼ばれ、収納するブロックのサイズを2倍にするのでx2となります。(segwit2x

 

segwit2xはスケーラビリティを解決する有力な手段として、ビットコインの開発を担っているビットコインコア(コア派)というコミュティを中心に支持されていました。

 

ところが、この提案に反対する勢力がいました。それが、ビットコインのマイナー達の団体です。(Bitcoin unlimitedと呼ばれる)

 

その中で特に中心となったのが、ビットコインマイニングの大手企業ビットメインのジハン・ウー氏です。

 

segwit2xが導入されると、ビットメイン社で独自に開発されたマイニング専用のASIC Boostが使えなくなってしまいます。ASIC Boostは、計算速度を10倍にします。

 

そこで20175月のニューヨークでは、Segwit2xというブロックサイズを2MBに上げて、segwitを導入するという両者の妥協案が成立し、両者の間で合意されました。

 

しかし突然、20178月にビットメイン社は、別のマイニング企業とビットコインのハードフォーク(Bitcoin Cash)を強行しました。

コア派によるビットコインの利権

最近のビットコイン(BitCoin)は、手数料が高く、送金が遅い通貨になっています。そのため、様々な決済や送金の実用化が難しい状況です。

 

実は、現在のビットコイン開発に関わっている人たちが意図的に送金詰まりを起こしているとも言われているのです。この開発に関わっている人たちはコア派と呼ばれています。(既に説明したビットコインのコミュニティ)

 

Bitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)にハードフォークした原因を作っていたとも言えます。

 

ビットコインの送金詰まりは、ブロックチェーンの技術上起きてしまいます。そして、仕方なく手数料を上乗せすることで、早く処理してもらおうとするユーザーが増えたのです。

 

そこでブロックストリーム社(コア派)は、その手数料を得るために、ビットコインの送金速度の向上を拒否しています。送金詰まりが起きている際に、手数料を上乗せすることで優先的に処理しする機能(Replace By Fee)を改良したのもロックストリーム社です。

 

 

このような送金詰まりを引き起こす原因を対処する形で、segwit2x案やBitcoin Cashのハードフォーク案が生まれたとも言えるのです。

 

もちろん、このような社会的背景以外にも、ビットコインの技術的な課題はたくさんありましたが。

仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)の優位性とブロックチェーン技術を導入する必然性

#

スケーラビリティ問題の解決

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために、一部のマイナー達がハードフォークしたのが、Bitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)です。

 

ビットコインキャッシュは、大規模なオンチェーンスケーリング手法で、ブロックサイズの上限を1MBから8MBに上げました。これによって、全員の取引に対応できる十分な容量を実現させました。

 

比較すると、ビットコインが数十分~数日かかるのに対し、ビットコインキャッシュは10~15分程度で送金できます。

 

また、ビットコインキャッシュは、取引手数料も10円程度で推移していて、かなり安いと言えます。

ブロックサイズの拡張あり

Bitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)の取引量が多くなった場合、ブロックサイズを32MBまで拡張できます。ちまり、今の4倍の取引量まで増やすことができるです。

 

しかし、これは容量のみの問題です。 ビットコインのブロック認証は平均10分で、これはBitcoin Cashにもそのまま引き継がれます。

 

つまり、容量が拡張しても、ビットコインのブロック認証時間を引き継いでいるので、平均10分の送金時間かかるという部分は変わりません。

リプレイアタックによるセキュリティの向上

Bitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)は、リプレイアタック(ハッカーによるネットワークへの攻撃)に対応したので、ビットコインのセキュリティから大きく向上しました。

 

さらにBitcoin Cashでは、ハードウェアウォレットにもセキュリティを向上させる仕組みを搭載しています。なので、セキュリティ面は非常に高い水準だと言えるでしょう。

仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)の今後のスケジュール

#

決済大手会社BitPay(ビットペイ)がBitcoin Cashを導入

BitPay(ビットペイ)は2011年に創業されたビットコイン決済サービス企業。
小売店などでのビットコイン決済サービス及び、ウォレットサービスも提供しています。

 

BitPay公式ホームページによると、小売店におけるビットコイン以外の仮想通貨を使った決済へのニーズが高まっているそうです。

 

そこでBitPayが、ビットコインキャッシュ決済オプションへのサポートをスタートさせました。

 

2018年早期には、ビットコインキャッシュ決済のオプションがすべてのビットペイの請求書に含まれると言われています。

仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)のチャート・将来性

#

高騰チャートの理由

Bitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)の価格高騰の理由は2つあります。

 

・ビットコインの神と呼ばれるロジャーバーがビットコインを推奨した

 

ビットコインの神と呼ばれるロジャーバーは、ビットコインを広めた人物としても知られています。また、巨額のビットコインを所有しています。

 

そのロジャーバーがBitcoin Cashに多額の資金を投入することを発表しました。自身が運営するニュースサイトでも、Bitcoin Cashが正式なビットコインと発言しています。

 

それによって、様々な投資家がビットコインキャッシュに注目し、ビットコインの価値が高騰しました。

 

世界最大マイニンググループの運営者による発言

 

世界最大のマイニンググループViaBTCCEOが、ツイートでBitcoin Cashについて多くの発言をし注目を浴びました。このCEOは、ビットコインのハッシュレート(マイニングにかかわる計算)の20%を握っています。

 

そのBitcoin Cashへのツイートで、Bitcoin Cashが本当のビットコインである。」と発言しました。

 

その発言の後に多くの投資家が、Bitcoin Cashの売買に注目ました。

 

これら2つの発言は、市場に大きな影響をもたらしました。

将来性

懸念点は2つあります。1つ目は、ブロックサイズの拡張について。もう1つは、開発とマイナー企業の繋がりです。

 

スケーラビリティ問題を解消するために作られたBitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)ですが、ブロックサイズが8MBになることで、デメリットも発生していきます。

 

ブロックサイズを上げると、スーパーコンピューターレベルの計算能力がない限り、一般でマイニングをするのが難しくなります。さらにノード自体が中央集権的になるという問題も生じます。

 

ビットコインでは、ブロック全体の容量がまだそこまで大きくないので、一般家庭にもあるようなPCなどでもブロックチェーンを全てダウンロードし、フルノードになることが出来ます。

 

しかし、マイニングを行うためには、全てのブロックチェーンをダウンロードし、フルノードになる必要があります。そのためスーパーコンピューターレベルの機器を持っているマイナーのみがブロックチェーンを管理することになるので、ノードが中央集権的になるのです。

 

また、Bitcoin Cashは、中国系マイナー達によって生みだされた仮想通貨です。

 

公式ホームページでは、Bitcoin Cash開発チームは複数存在し、各々が独立しているので、開発が中央集権的にならないと述べられています。

 

しかし、開発者とマイナーの意見が一致するることになれば、マイナーの意見が運営に直接影響します。

 

そのため、合意や方向性はまとまりやすい一方、運営体制は中央集権的だと言えるのです。

仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)が購入できるおすすめ取引所と購入方法

Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)の購入方法は以下の通りです。
1. Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)などに登録。
2. Bitcoin Cashを購入する

まとめ

#

Bitcoin CashBCH・ビットコインキャッシュ)は、ビットコインより実用性がある点で、かなりの期待がもてます。

 

現在のビットコインのチャートは、バブルの崩壊と言えます。その中でBitcoin Cashは、かなり上位に位置しているアルトコインです。

 

大手のマイニング企業がバックアップしている点もかなり大きいでしょう。

 

しかし、ビットコインと連動している点では、資産の逃し先には向かないと思われます。

 

その他、将来性であげたデメリットの動向にも注目です。

ニュース・関連記事

セキュリティーの要!ブロックチェーンの秘密鍵・公開鍵について解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨(Cryptocurrency)とは?その仕組みを世界一丁寧に解説|Coinwall [コインウォール]

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ・BCH)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

ビットコインのハードフォークである仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)の今後を予想します。これから高騰する可能性、今後…

2018/4/27

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題とは?問題点や解決策を解説

ビットコインなどの仮想通貨投資をしている方であればスケーラビリティ問題について聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?しかしスケーラビリティ問…

2018/4/26

Segwit(セグウィット)とは?仕組みや実例を、ライトニングネットワークとの関係も含め徹底解説!

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に2017年8月、Segwit(セグウィット)という仕組みが実装されました。このSegwit(セグウィット)は…

2018/5/15

Jihan Wu(ジハン・ウー)氏とは?仮想通貨界にどのような影響を与えているのか解説!

仮想通貨について調べていくとジハン・ウーという名前をよく耳にすると思います。相場への影響が大きいと言われる彼は一体何者なのか。経歴・Twitter記…

2018/5/15

ライトニングネットワークについて徹底解説!実装はいつ?仕組みやデメリットは?

ブロックチェーンには実は様々な問題点があると指摘されています。スケーラビリティ問題は特にその代表的存在でしょう。実はこのスケーラビリティ問題を解決す…

2018/5/10

ブロックチェーンのソフトフォークとハードフォークの違いとは?

仮想通貨を支える技術、ブロックチェーン ですが、ビットコインやイーサリアアムのフォークはその価格変動に大きな影響を与えました。このフォークの2種類(…

2018/4/26

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂・ハードフォークとは?仮想通貨の分裂の仕組みを解説!

2017年、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂について8月1日問題が発生しました。仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂とは…

2018/4/26