search_toggle
Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の特徴、チャート、将来性、取引所など徹底解説!

Cardano(エイダコイン,カルダノ/ADA)

3.34449 JPY

前日比

-2.45%

前週比

-2.951%

0.0294811 USD

前日比

-2.45%

前週比

-3.81%

0.00000887 BTC

前日比

1.245%

前週比

1.285%

仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)とは?

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

Cardano(ADA)の基本情報

 ・通貨名:ADA
 ・取引開始日:2017年10月02日
 ・発行上限:45,000,000,000 ADA
 ・現在の流通量:31,112,483,745 ADA(2018年03月時点)
 ・時価総額:$4,507,965,682 USD (2018年03月時点)
 ・コンセンサスアルゴリズム:PoS
 ・公式サイト:https://www.cardano.org/en/home/
 ・ソースコード:https://github.com/input-output-hk/cardano-sl/ (gitub)
 ・ホワイトペーパー:https://whycardano.com/jp/
 ・Blockchain Explorer(取引詳細):https://cardanoexplorer.com/
 ・公式フォーラム:https://forum.cardano.org/
 ・twitter:https://twitter.com/adacoin_
 ・telegram:https://t.me/cardano

#

Cardano(ADA)の概要

Cardano(カルダノ)とは、元々オンラインゲームやオンラインカジノを扱うプラットフォームを指します。また、その他にも分散型アプリケーション(Dapps)の開発決済などの様々なことをこの汎用的なブロックチェーンプラットフォーム上で行うことができます。ADA(エイダコイン)とは、このCardanoプラットフォーム上で利用される仮想通貨のことです。

 

Cardanoプラットフォームは、イーサリアムの開発に携わったとされるチャールズ・ホスキンソン氏によって生み出されました。2016年10月ADA(単位)の取引が開始され、最大発行枚数は450億枚となっています。

仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の特徴

Cardanoの特徴① スマートコントラクトの利用 :Plutus

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)ではイーサリアムと同様、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを構築することができます。スマートコントラクトとは、契約を第三者の手を介さずに実行する仕組みのことです。

 

具体的に説明すると、Cardano(ADA)のブロックチェーンには『これをしたら(契約)、これをする(実行)』という条件を書き込むことができます。そして、この「契約」「実行」を自動的に完了してくれます。この一連の仕組みがスマートコントラクトです。

 

スマートコントラクトによって、契約条件と契約内容をブロックチェーン上で同時に管理・実行でき、自動で契約を行うことができます。また、ブロックチェーン上の「契約」を人の手を介さず実行することができるだけでなく、複雑なトランザクションも速やかに実行できるという利点が生まれます。

スマートコントラクトについてはコチラ

Cardano(ADA)は独自のスマートコントラクト『Plutus』を実装しています。『Plutus』はカルダノCL(コントロールレイヤー)というシステムによって、さらに複雑かつ高度な契約を瞬時に記録・実行することができます。

 

先ほど説明したスマートコントラクトの基本的な機能に加えて、「納税計画」「税金の管理・統制」「法令や規則の規定」といった複雑な契約も管理できるようになっています。また、このような複雑で高度な契約内容も瞬時に記憶・実行することができるので、イーサリアム以上の機能性と安全性を持っています。

Cardanoの特徴② 胴元のいないオンラインカジノ・ゲーム:公正なプラットフォーム

#

【Cardano概要】でも説明した通り、Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の最大の特徴はオンラインカジノオンラインゲームのプラットフォームであることです。

 

世界中のインターネット上で行われるオンラインカジノオンラインゲームのは、少なからずユーザーが負けるように不正なプログラミング設計 がなされています。インターネットゲーム上はフェアではない環境であることがほとんどなのです。

 

Cardano(ADA)は、こうした不公平なゲーム環境を改善するために誕生したプラットフォームです。胴元(ハウス)のいない公正なプラットフォームを提供しています。ブロックチェーンスマートコントラクトなどの機能を利用することによって、ゲーム内の取引記録を正確に残し、誰でも閲覧できるようになっているのです。

Cardanoの特徴③ 分散型アプリケーション(DApps)が開発可能

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)のブロックチェーンを利用して、分散型アプリケーションを開発し、作成できます。

 

分散型アプリケーションはDAppsと呼ばれ、それはDecentralized Applicationsを略したものです。分散型アプリケーション(DApps)は、中央管理者を必要とせずに自立的に動くアプリケーションです。そのため、データ改ざんが行われないなどの強みを持ちます。

分散型アプリケーション(DApps)についてはコチラ

仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)のウォレット:Daedalous(ダイダロス)

#

仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)を利用するためには、Daedalous(ダイダロス)という専用のウォレットをダウンロードする必要があります。Daedalousウォレットは、秘密鍵を保護することでハッカーの攻撃に対する高い耐性を持っています。セキュリティ性の高いHDウォレットです。

 

このセキュリティ性の高いHDウォレットは、PCで管理するデスクトップ型(公式)で、WindowsやMacに対応しています。将来的にはビットコインやイーサリアムクラシックにも対応する予定となっています。

 
また、ゲームプラットフォームとの連携が予定されており、様々なオンラインゲームで獲得したコインをウォレットに直接送金することも可能になる予定です。
 

仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の運営組織・チーム

#

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の運営・管理はカルダノ財団が行なっています。それに加えて、Cardano(ADA)プロジェクトには2つの組織が関わっています。

 

Cardano(ADA)の技術的な開発にはIOHK(Input Output HongKong)が、Cardano(ADA)プラットフォームの利用を呼びかける営業(マーケティング)にはEmurgo(エマーゴ)がそれぞれ携わっています。

Cardano(ADA)のチーム:IOHK(Input Output HongKong)

ブロックチェーン関連で豊富な技術を持つジェレミー・ウッド氏がIOHK(Input Output HongKong)を設立しました。Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)はHaskell(ハスケル)というプログラミング言語を利用しており、IOHKの開発陣には、Haskell(ハスケル)で作業を行う専門チームがあります。
 
 
Cardano(ADA)のプロジェクト以外にも、いくつかのブロックチェーン関連のプロジェクトを受け持っています。例えば、Deadlus(ダイダロス)Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)、Qeditas、Scorex、RS|Coinといったプロジェクトがあげられます。

Cardano(ADA)のチーム:Emurgo(エマーゴ)

Emurgo(エマーゴ)は、仮想通貨ADAに利用されているCardano(カルダノ)ブロックチェーンのアプリケーションを広めるために2017年に設立されました。

 

Emurgo(エマーゴ)はベンチャー企業などを主に情報や資金、技術を提供しています。具体的には、Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)のDAppsを構築するスタートアップ企業へ資金を直接提供したり、企業が革新的なブロックチェーンアプリケーションを構築するために必要な専門知識やツール、チームを提供したりします。

仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)のロードマップ・今後の予定

Cardano(ADA)の日本語ロードマップはコチラ

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)のロードマップには各段階のフェイズがあります。

 

  • Byron(バイロン)
  • Shelley(シェリー)
  • Goguen(ゴーガン)
  • Basho(芭蕉・ばしょう)
  • Voltaire(ヴォルテール)

 

このように、ロードマップの5段階フェイズが歴史上の有名人で表されています。

#

Cardano(ADA)のロードマップ①:Byron(バイロン)

約2年にも及ぶ研究と1年以上の開発の末、このByron(バイロン)のフェイズでは、Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)がリリースされました。現在のCardano(ADA)はこの開発段階に属していて、実際にCardano(ADA)が利用できるかなどを検証しています。

 

また、Byronでは次のフェイズであるShelley(シェリー)の準備期間でもあります。

2017年9月29日には、CardanoSL(シェリー)のメインネットが開始しました。取引所の拡張機能やログ送信メカニズムなどが利用可能な状態にあります。

Cardano(ADA)のロードマップ②:Shelley(シェリー)

次のフェイズであるShelley(シェリー)の目的はCardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の完全なる非中央集権化です。

 

Shelley(シェリー)の実装機能

 

  • マルチサイン・トランザクション
  • 認証による報酬と取引手数料
  • BLISS(量子に耐性を持つ署名方法)
  • 分散型ネットワーク

 

マルチシグネチャー機能を用いたマルチサイントランザクションだけでなく、Cardano(ADA)の最大の特徴とも言える量子コンピュータ耐性もこのフェースで実装される予定です。BLISSという量子に耐性を持つ署名方法がトランザクションに導入されます。

 

2018年の第2・3四半期にShellyの段階に完全に突入します。現在、実装されている機能以外に、初期開発中の機能開発予定の機能が次のフェイズに向けて実装されていきます。

*Shelley(シェリー):初期開発中の機能

  • ライトクライアントのサポート
  • 使いやすいウォレット・アドレス
  • 投票センター
  • ペーパーウォレット

 

*Shelley(シェリー):その他

  • 共同作業スペース(香港)
  • 開発者と企業のミートアップ(東京)
  • CHINACCELERATORとMOXのパートナーシップ
  • ブロックチェーンプロジェクトの投資(上海)
  • R&Dセンター(ベトナム)
  • 成長プログラム(香港)
  • 分散型の未来の研究
  • ウォレット
  • デビッドカード
  • CARDANOソフトウェアの監査

Cardano(ADA)のロードマップ:Goguen(ゴーガン)

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の3段回目のフェイズはGoguen(ゴーガン)

です。Goguenのテストネットのみが既に始まっています。

 

 

*Goguen(ゴーガン):初期開発中の機能

  • サイドチェーン
  • 会計モデル
  • ブルースコア
  • IELE仮想マシン
  • Cardano計算レイヤー(CL)と決済レイヤー(SL)への統合
  • スマートコントラクトの展開

Cardano(ADA)のロードマップ:Basho(芭蕉・ばしょう)

#

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の4段回目のフェイズはBasho(芭蕉・ばしょう)です。Basho段階で開発される機能は、パフォーマンス向上やセキュリティ・拡張性に重点が置かれています。また「Ouroboros Praos」とネットワークレイヤーの実装を行います。

Cardano(ADA)のロードマップ:Voltaire(ヴォルテール)

#

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の5段回目の最終フェイズはVoltaire(ヴォルテール)です。

仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)のチャート・将来性

現在、Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)に利用されるADA(エイダコイン)は時価総額ランキングで6位にあり、期待されている通貨となっています。

また、Cardano(ADA)は、ICOで約60億円の資金調達に成功しています。さらに、不動産決済に利用されるようになっており、今後日本のATMで引き落とせるようになる構想があります。

不動産決済に利用される

2017年11月頃から東京に本社を携えるJITホールディングス株式会社にて、ビットコインやイーサリアムで不動産決済が行えるサービスが始まりました。そして2018年3月2日には、仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)も不動産決済が行えるようになりました。

 

仮想通貨で不動産決済が行えるメリットは、送金が365日可能であることや節税対策になること、海外不動産を購入する際の送金手数料が安いことが挙げられます。

日本のATMやデビットカードでCardano(ADA)が利用される

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)には、日本国内のATMの利用拡大という構想もあり、将来的にADAコインが引き出されるようになる予定です。

 

初めは5カ所程度の仮利用が開始される予定ですが、その後1年以内には25カ所での取り扱いも検討されています。また、Cardano(ADA)のデビットカードを利用して、支払いが可能となる予定もあります。

仮想通貨Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)が購入できるおすすめ取引所

#

Cardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)は国内の取引所では取り扱われておらず、海外取引所でのみ取り扱われています。

 

主な取引所はBITTREX・BIANCE・BitMEXです。

国: アメリカ

Img radar chart bittrex

    アメリカ発!250種類以上の通貨を取り扱う取引所

  • Ic check exchange point

    世界トップの仮想通貨取引所

  • Ic check exchange point

    カスタマーサポートが充実している

  • Ic check exchange point

    新しい通貨の取り扱いが早い

-基軸通貨数(2種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH
-手数料-
取引手数料Maker 0.25
取引手数料Taker 0.25
出金手数料(BTC) 0.0005
口座開設手数料 無料
-詳細・セキュリティ-
最大レバレッジ ×倍
日本語対応 ×
アプリ対応
取引形態 先物取引
2段階認証

国: 香港

Img radar chart binance

    わずか数ヶ月で世界一になった中国発の取引所

  • Ic check exchange point

    BNB(バイナンスコイン)を使えば手数料が半額

  • Ic check exchange point

    BTC取引シェア世界上位

  • Ic check exchange point

    取引可能な通貨ペアが多い

-基軸通貨数(4種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH BNB USDT
-手数料-
取引手数料Maker 0.1(BNBを使えば0.05)
取引手数料Taker 0.1(BNBを使えば0.05)
出金手数料(BTC) 無料
口座開設手数料 無料
-詳細・セキュリティ-
最大レバレッジ ×倍
日本語対応
アプリ対応
取引形態 先物取引
2段階認証

国: セーシェル諸島

Img radar chart bitmex

    レバレッジが最大100倍の取引所

  • Ic check exchange point

    レバレッジが最大100倍

  • Ic check exchange point

    アルトコインのFXができる

  • Ic check exchange point

    日本語対応している

-基軸通貨数(1種類)-
Thumb crypto btcBTC
-手数料-
取引手数料Maker -0.025
取引手数料Taker 0.075%
出金手数料(BTC) 無料
口座開設手数料 無料
-詳細・セキュリティ-
最大レバレッジ 100倍
日本語対応
アプリ対応 ×
取引形態 先物取引信用取引
2段階認証

まとめ

今回はCardano(ADA・カルダノ・エイダコイン)の特徴・ロードマップ・チャート・取引所・将来性について紹介してきました。

 

Cardano(ADA)はオンラインゲームやオンラインカジノを扱うプラットフォームであり、仮想通貨ADA(エイダコイン)が基軸通貨となっています。時価総額ランキングで6位となっているCardano(カルダノ・ADA)の今後に期待です。

ニュース・関連記事

仮想通貨(Cryptocurrency)とは?その仕組みを世界一丁寧に解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Cardano(カルダノ、ADA)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

仮想通貨Cardano(カルダノ、ADA)は次世代型オンラインカジノを構築するプラットフォームCardanoで使用される今後が期待される主軸通貨です…

2018/5/20

2018年仮想通貨Qtum(クアンタム/QTUM)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はQtum(クアンタム/QTUM)を紹介します。Qtumはワンタイムアドレスやリング署名により高い匿名性を保障するという特徴がありますが、一方で…

2018/5/27

「Cardano(カルダノ・ADA)」の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Cardano(カルダノ)とは、オンラインゲームやオンラインカジノを扱うプラットフォームであり、その主軸となる仮想通貨がADA(エイダ)です。そんな…

2018/5/7

仮想通貨OmiseGO(オミセゴー)の特徴、チャート、将来性、取引所など徹底解説!

今回は仮想通貨OmiseGO(オミセゴー)を紹介します。モバイル端末だけで簡単に決済・送金できるOmiseGO(オミセゴー)に使われます。どんな仮想…

2018/3/27

仮想通貨ICON(ICX・アイコン)とは?特徴、将来性などを徹底解説!

今回は仮想通貨ICON(ICX・アイコン)を紹介します。ICONは銀行、保険会社、証券会社、大学などのさまざまなコミュニティをつなぐ仮想通貨です。ど…

2018/3/3

仮想通貨Qbao(QBT、キューバオ)の特徴、取引所、チャート、将来性を解説!

今回はQbao(QBT、キューバオ)を紹介します。QbaoはQtumベースのソーシャルネットワーキングサービスのプロジェクトです。そんなQbaoです…

2018/4/9

Monetha(仮想通貨MTH)とは?ガチホルダーが特徴、将来性、取引所など解説!

ツイッターを中心に話題になっているMonetha(MTH・モネサ・モニーサ)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょうか。Mon…

2018/3/14