search_toggle
2018年仮想通貨EOS(EOS・イオス)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

EOS(イオス/EOS)

424.978 JPY

前日比

-0.38%

前週比

37.22%

3.83675 USD

前日比

-0.38%

前週比

37.22%

0.0009658 BTC

前日比

0.06%

前週比

25.349%

仮想通貨EOS(EOS・イオス)の最新ニュース

#

EOSとは、送金速度の爆速化や手数料の無料化、スマートコントラクトの実現など好材料をいくつも兼ね備えた仮想通貨ですが、一方でEOSトークンの利用用途がないため利用価値がなくなるのでは?という見方もあります。

今回はそんなEOSの将来性について、見ていきましょう!

EOSってどんな仮想通貨?

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨の価格予想AIであるWebbot(ウェブボット)がEOSの上昇を予想!

#

Webbot(ウェブボット)とは仮想通貨の価格変動をAIが予想するツールで、仮想通貨投資に興味のある方なら一度は聞いたことのある名前だと思います。

WebbotではtwitterなどのSNSで投稿された仮想通貨に関するコメント、例えば「〇〇のコインを買った!楽しみ!」とか「〇〇のコイン価格が下がった!残念!」などの感情に基づいた情報を拾い集め、そのデータを元に価格予想をしています。多くの人がネガティブな意見を持つコインは人気がなくなるのでは?と予想をつけられるからです。

そしてかなりの高確率で予想を的中させている、とたびたび話題になっています。

 

そんなWebbotで、2018年にEOSの価格が上昇すると言われています。予想が的中するかは置いておいても、EOSは今のところポジティブな意見が寄せられている仮想通貨だと言えるのではないでしょうか。

ブロックチェーンエンジニアのIVAN氏からの高評価

海外の有名ブロックチェーンエンジニアであるIVAN氏が、EOSをオススメする仮想通貨として紹介しています。ソースコードを比較した際に最も優れたプラットフォームであると感じたことが理由のようです。

 

こういった意見は個人の見解にとどまりません。有名人などインフルエンサーのコメントは仮想通貨価格にも大きな影響力を持ちます。実際、有名人のポジティブなコメントによって価格が暴騰したコインもあるほどなので、今後の展開から目が話せない状況となっています。

ワイスレーテイング(Weiss Rating)による最高評価

金融機関などの格付けを行っている企業のワイスレーテイング(Weiss Rating)が、2017年1月に、仮想通貨の格付けを行いました。

74の仮想通貨のうち、イーサリアムとEOSのみが最高ランクの「B」評価を受け取っています。ビットコインなどをすでに凌駕してしまった仮想通貨として認識されていることが分かりますね。

IQトークンの配布

EOSを持っている人にIQトークンを無料配布する、という発表がなされています。

しかし後半で詳しく説明しますが、EOSのトークンには問題とリスクが含まれていますので、最後まで読んで注意して扱っていただきたいところです!

仮想通貨EOS(EOS・イオス)の今後・将来性(長期保有・ガチホの観点)

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは、仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について、以下の観点から独自の評価を行います。

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

・ビジネス的な有用性
そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

・チーム
初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

・発信 / マーケティング活動
上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

・コミュニティの熱狂度
仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。

仮想通貨EOS(EOS・イオス)のビジネス的有用性:①送金速度の爆速化・手数料の無料化

EOSではトランザクション処理がとにかく高速であることが最大の特徴です。

具体的に比較すると、EOSでは1秒間に何百万件ものトランザクションを処理できます。一方でマスターカードだと1秒間に2万件の取引、ビットコインは1秒に3件、イーサリアムは30件の処理しかすることができません。

同じ仮想通貨として比べるといかに凄いかがわかります。

 

またEOSでは、DPOSによるコンセンサス・アルゴリズムが採用されていますが、送金の際の手数料が無料となっています。

仮想通貨としてのポテンシャルの高さを感じさせますね。

仮想通貨EOS(EOS・イオス)のビジネス的有用性:②スマートコントラクトの実現

スマートコントラクトとは、契約の自動化を実現するプロトコルです。

イーサリアムの機能として耳にすることが多いですが、スマートコントラクトに関してはEOSの方がイーサリアムより優れたプロトコルを提供すると言われてます。

EOSのライバルとしては、むしろCardano(カルダノ)などが挙げられるのではないでしょうか。

 

仮想通貨としての好材料がいくつも揃っているため、企業との提携や導入に期待のかかるところではあります。

仮想通貨EOS(EOS・イオス)のチーム:CTO(最高技術責任者)のDaniel Larimer氏の影響力

#

EOSのCTOであるDaniel Larimer氏はこれまでにも「BitShares」や「steemit」といった仮想通貨の開発に携わり、仮想通貨の世界で大きな影響力を持つ人物です。

仮想通貨の開発において、開発チーム内のキャラクターや有名人が価格変動に影響を与えることは頻繁に起こります。EOSの仮想通貨としての信頼も、Daniel Larimer氏のこれまでの実績や信頼に依拠する部分が少なくないと言えるのではないでしょうか。

仮想通貨EOS(EOS・イオス)の発信 / マーケティング活動:長期間にわたるICO

EOSでは長期間にわたってICOが行われ、現在も進行中のコイン発行量を公式サイトから確認することができます。

 

ではEOSコインを時間をかけて発行するメリットとは?

それは価格の急変を防ぐことができる点です。一気にコインが発行されて需要を上回れば、価格は急落します。また逆も然りであり、そのような価格の急変動を防ぐためにも計画的なコイン発行を行っています。

EOSコミュニティ内で安定してコインを流通させる意図があると言えるでしょう。

仮想通貨EOS(EOS・イオス)のフォーラムなど利用したコミュニティの熱狂度

EOS Forum
EOS Community Forum: twitter

↑EOSでは、ForumやForumのtwitterアカウントなどで情報共有の場が設けられています。EOSコミュニティとして一定の熱狂度が見られますので、最新情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨EOS(EOS・イオス)のリスク:トークンに利用用途がない

#

EOSの最大のリスクは、トークンの利用用途が想定されていない点です。

トークンを購入しても、決済やポイントなどで使うことができません。さらには保有から48時間以内にコインの移動が不可能になるとホワイトペーパーで述べられています。

 

つまり現在のままでは、利用価値がないに等しいとも言えます。

完全に資金集めのためのコイン発行ということになりますね。

では、なぜEOSのコインが購入されていくのでしょうか?(2018年4月の時点で時価総額ランキング5位に位置しています)

簡単に言うと、EOSへの期待値のみで購入されているからと言っても過言ではありません。EOSの仮想通貨としてのスペック自体は魅力のあるものです。そのため、EOSが今後何か利用価値を持つのでは?という期待がかかっていることになります。

しかし、実際にはトークンの位置づけに動きはありません。このまま変化がないままだと、一気に価格が暴落することにもつながりかねません。

仮想通貨EOS(EOS・イオス)の価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

#

仮想通貨EOS(EOS・イオス)を短期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★★★☆]

短期保有の観点から、EOSはかなりおすすめの仮想通貨の部類に入ります。トークンという媒介を利用することなく、仮想通貨のスペックのみで非常に高い評価をもらっているからです。時価総額ランキングも高い位置にあり、勢いを感じずにはいられません。

 

<KeyDriver>

・高速のトランザクション処理・無料の手数料・優れたスマートコントラクトの実現

・時価総額ランキングなど仮想通貨としての信頼が高い

仮想通貨EOS(EOS・イオス)を長期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★★☆☆]

しかし短期保有に比べ、長期保有となるとオススメ度は下がってしまいます。なぜならトークンの利用用途がないというリスクがあるからです。もしこのままトークンの位置づけに動きがなければ、いつか利用価値のない(保有していても仕方がない)コインと認識されてしまいます。そして需要が下がると(もう持ってなくていいや!と思われてしまうと)価格も下がりますので、急落の悪循環にはまってしまうかもしれません。

長期保有をするなら、トークンに注意しながら様子を見ていきたいところです。

 

<KeyDriver>

・トークンの利用用途が未設定

・利用価値を見出せなくなってしまう可能性

免責事項

仮想通貨取引のリスクについて 仮想通貨は、法廷通貨とは異ります。仮想通貨の定義のとおり、「電子情報処理にて発行・移転・管理され、決済手段として不特定多数に利用できる財産的価値」ですが、法定通貨とは違い、仮想通貨取引には、様々なリスクが存在します。 仮想通貨取引を始めるにあたり、仮想通貨取引の特徴、仕組みおよびリスクについて十分ご理解した上で、ご自身の判断と責任において取引するようにお願いします。

まとめ

ここまでEOSの将来性について解説してきました。

仮想通貨としてのポテンシャルは凄まじいものがありますが、トークンの問題など実際のコミュニティ内でどのような動きをするかはまだ不透明と言えます。

まだまだ最新情報をチェックしていく必要がありそうですね!

関連記事

仮想通貨値上がりの仕組みとは?なぜ値上がりするのかを徹底解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨EOS(EOS・イオス)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はEOS(EOS・イオス)を紹介します。EOSは送金速度の爆速化や手数料の無料化、スマートコントラクトの実現など好材料を兼ね備えた仮想通貨ですが…

2018/4/29

仮想通貨Gas(GAS・ガス)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は、仮想通貨Gas(GAS・ガス)を紹介します。Gasは、NEOのプラットフォームを動かすために必要なトークンで、燃料の役割を持ちます。そんなG…

2018/3/31

仮想通貨NEO(ネオ)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

NEO(ネオ)は、中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。なぜ中国版イーサリアムと呼ばれているのでしょうか?どちらもスマートコントラク…

2018/5/20

2018年仮想通貨NEO(ネオ)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回は仮想通貨NEO(ネオ)を紹介します。中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。格付けランキングでは、ビットコインを上回るなどかなり…

2018/4/29

2018仮想通貨IOTA(アイオータ/IOT)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はIOTA(アイオータ/IOT)の今後や将来性を紹介します。IoT分野でのデバイス間送金プラットフォームとして注目を集めるIOTAですが、企業と…

2018/4/29

2018年仮想通貨Komodo(コモド・KMD)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回はKomodo(コモド・KMD)の今後を予想します。Komodo分散型ICOプラットフォーム(dICO)を提供し、dPoWというコンセンサスアル…

2018/4/29

Waves(WAVES・ウェーブス)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など徹底解説!

今回はWaves(WAVES・ウェーブス)を紹介します。Ethereumのようなプラットフォームでもあり、Rippleのようなゲートウェイ機能も有す…

2018/1/17