search_toggle
Neutron(NTRN、ニュートロン)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!

Neutron(/NTRN)

1.15159 JPY

前日比

5.52%

前週比

7.45%

0.01041 USD

前日比

5.52%

前週比

7.45%

0.00000275 BTC

前日比

5.986%

前週比

-1.845%

仮想通貨Neutron(NTRN、ニュートロン)とは?

#

・通貨名:Neutron
・取引開始日:2015年4月21日
・発行上限:6800万NTRN
・現在の流通量:34,452,922 NTRN(2018年3月時点)
・時価総額:$9,046,303 USD(2018年3月時点)
・ブロック認証サイクル:79秒
・コンセンサスアルゴリズム:Proof of Stake
・公式サイト:https://www.neutroncoin.com/
・ソースコード:https://github.com/neutroncoin/neutron (gitub)
・ホワイトペーパー:https://www.neutroncoin.com/wp-content/uploads/2018/01/Nucleus-Paper-v2.pdf
・Blockchain Explorer(取引詳細):http://www.presstab.pw/phpexplorer/NTRN/index.php
・twitter:https://twitter.com/Neutron_Crypto

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Neutron(NTRN、ニュートロン)の特徴

「仮想通貨領域における教育」がテーマ

#

Neutron(NTRN、ニュートロン)は「教育」を目的とした仮想通貨です。 キャッチコピーは「貯蓄したままで儲け、使う中で学び、教えることで豊かになろう」です。

 

現在、仮想通貨についての情報は世の中にたくさんありますが、仮想通貨を使った投資を始めようと思った初心者が正しい情報を得るのはそう簡単なことではありません。

 

詐欺サイトや広告、コインなどがあるなかで、それらに騙され、投資に挫折してしまったり、大きな損失を出して、被害にあってしまう初心者は珍しくありません。

 

そこでNeutron(NTRN、ニュートロン)ではそのような初心者が安心して投資を開始し、資産運用の知識を手にして、最終的には教える立場になれるようなコミュニティを作ることをめざしています。

 

仮想通貨領域での初心者にとっての壁を取り除こうとしているのです。

 

Neutron(NTRN、ニュートロン)は史上初の市場教育を目的とした仮想通貨なのです。

マスターノードの採用とROIの最大化

Neutron(NTRN、ニュートロン)はマスターノードという機能をもつ仮想通貨です。

 

この機能により、この仮想通貨を保持しているだけで、利益を出せる仕組みが成り立っています。 これは株における配当金に似ています。 Neutron(NTRN、ニュートロン)を一定量保持していれば、その量に応じて、利益を得ることができるのです。

 

これによってROI(投資収益率)の最大化を図っています。

 

また、このような特徴があることで、Neutron(NTRN、ニュートロン)は長期投資・所有に向いていると言われています。

 

その通貨を持っているだけで利益が出るということは、ハイリスク・ハイリターンの投資をすることが必須ではなくなるので、 初心者にとって易しいと言えるでしょう。

教材購入という利益の使い方

そして、ここで得られた利益によって、Neutron(NTRN、ニュートロン)のコミュニティが提供する情報にアクセスしたり、必要に応じて授業を受けたりすることができるようになります。

 

受講の選択肢としては、「テクノロジー」、「通貨」、「プログラミング」、「貿易」、「投資」などがあります。 また受講したいコンテンツを提案することもできます。

 

そして「教育者」側の人は、レクチャーを提供したり、教育サービスに協力したりすることで、報酬を得ることができます。

 

このようにNeutron(NTRN、ニュートロン)には、「投資」、「理論的背景の学習」、「教育者としての協力」という3つの関わり方があります。

 

そしてNeutron(NTRN、ニュートロン)は「教育こそ最良の投資である」と提唱しています。

仮想通貨TRIG(トリガー)との違い

上述のようにマスターノードで利益を得られるNeutron(NTRN、ニュートロン)ですが、従来の仮想通貨とはどのように違うのでしょうか。

 

今までの一般的な仮想通貨では売買やスーテキング、マイニングによって利益を出すことが投資家に求められていました。
この機能では、仮想通貨に造詣が深い人はもちろん、収益を出すことができますが、初心者にとっては厳しいものがありました。

 

それに対してマスターノードというのは仕組みがシンプルなので、初心者も始めやすいというメリットがあります。
マスターノードというのは、ある通貨をウォレットや取引所に一定量以上入れておくことで、報酬を得られるという制度です。

 

また一部の高度な知識を保有したユーザーは「Nucleus Node」というものを運用し、そのノードによってさらに収益を出すことも可能です。

 

このようなマスターノードを採用した仮想通貨としてはTRG(トリガー)というものが既に存在していました。
これはスマートガンという仕組みも用いており、また教育がテーマのNeutron(NTRN、ニュートロン)とは異なる通貨ですので、ご注意ください。

エアドロップとの違い

また類似の機能としてエアドロップが挙げられます。
こちらも「保有しているだけで、新たにコインがもらえる」制度ではありますが、目的が大きく異なります。

エアドロップでは一般的にその通貨を保有量に応じて無料で配布しますが、これはその通貨の宣伝などを拡散するのが目的です。

マスターノードでは新たなコインの配布は宣伝などの目的があるのではなく、ある意味取引機能を補うことができ、それに対して報酬が支払われているのです。

開発ファンドとコミュニティ

教育を目的としたNeutron(NTRN、ニュートロン)では、そのネットワークでのプロダクションの収益の3%もの金額がウォレット、 ネットワーク、プラットフォームの維持・開発のために利用されています。

コミュニティ活発化も大切だと捉えていて、Slackなどのアプリを用いることで、開発者側と利用者側の接点も多くなっています。

仮想通貨Neutron(NTRN、ニュートロン)のチャート/将来性

チャート分析・価格変動

#

Neutron(NTRN、ニュートロン)の取引は2015年4月に始まりましたが、
一時的な価格の高騰後、すぐに下落し、低迷した期間が長く続きました。

しかし、2017年7月ごろ、再び価格は上昇し、取引量は増えました。
12月ごろの他の仮想通貨とともにさらに価格は上昇し、2018年に入ってからは、少し価格は下落しましたが、依然として、低迷期に比べ、
非常に高値で取引されています。

今後も、教育に注目が集まる時期があれば、価格の上昇が見込めるでしょう。

仮想通貨Neutron(NTRN、ニュートロン)の今後の目標

#

さて、仮想通貨領域での教育を進めるNeutron(NTRN、ニュートロン)は今後どのように成長していくのでしょうか。

 

Neutron(NTRN、ニュートロン)の動向を予測するにはNeutron(NTRN、ニュートロン)コミュニティの活動に目を向けてみるのも良いでしょう。

 

長期的な目標としては以下のようなものが挙げられています。

 

Neutron(NTRN、ニュートロン)では今後、仮想通貨領域でのさらなる教育の邁進のため、他のプロジェクトや会社と共同で事業を進めたり、初心者向けの教材としてYoutubeなどのプラットフォームにまで活動の幅を広げたり、他の仮想通貨や他の教育サイトとの協力も検討しています。

また現在の教育システムの規模をさらに拡大し、世界初のブロックチェーンによる大学組織の構築を目指しています。 これにより、中央集権的な従来の教育とは本質的に異なる次世代の教育システムを作ろうとしているのです。

 

さらにこのような教育制度が整備されれば、仮想通貨の良さを最大限発揮し、社会に利益を還元することを目指しています。

仮想通貨Neutron(NTRN、ニュートロン)の購入方法・取引所

Neutron(NTRN、ニュートロン)を購入するには、海外取引所である Cryptopia(クリプトピア),Yobitから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録。
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Cryptopia(クリプトピア),Yobitのいずれかの海外取引所に登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Neutron(NTRN、ニュートロン)を購入する

仮想通貨Neutron(NTRN、ニュートロン)のまとめ

#

以上のように仮想通貨Neutron(NTRN、ニュートロン)は、従来の仮想通貨とは異なり、開発者側やベテランの投資家のみが利益を得るのではなく
初心者や知識・情報を求める人々も利益を得ることができるという点で画期的だと言えそうです。

マスターノードを利用して利益を得る、教育コンテンツを利用して仮想通貨領域での造詣を深める、教育者側としてコンテンツを作り収益化を図る、など
ユーザーごとに様々な関わり方ができるという点でも魅力的な通貨なので、今後の成長に期待できそうです。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Vulcano(ヴァルカーノ/VULC)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はVulcano(ヴァルカーノ/VULC)を紹介します。Vulcano(ヴァルカーノ/VULC)はコンセンサスアルゴリズムとして年利950%のP…

2018/4/17

仮想通貨Matchpool(GUP/マッチプール)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMatchpool(GUP/マッチプール)を紹介します。Matchpool(GUP/マッチプール)はSNSを代替するような人と人との繋がりを作…

2018/4/14

仮想通貨XP(Experience Points)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はXP(Experience Points)を紹介します。XP(Experience Points)は現実世界やゲームの中でのレベルアップを現実…

2018/4/23

仮想通貨YOYOW(ヨヨー)の特徴、優位性、取引所、チャートなどを解説!

YOYOW(ヨヨー)を紹介します。SNSで優れた投稿をした人に対して報酬を与えようという目的を持って作られました。中国発のこの事業の動向はどうなるの…

2018/3/27

仮想通貨SONM(ソン、SNM)の特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回紹介するのはSONM(ソン、SNM)です。コンピュータパワーのシェアツールを迅速かつ安全に提供するSONM(ソン、SNM)はどんな機能の仮想通貨…

2018/3/24

仮想通貨BitBean(BITB・ビットビーン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はBitBean(BITB・ビットビーン)を紹介します。BitBean(BITB・ビットビーン)はビットコインのブロックの20倍の大きさを実現し…

2018/4/13

仮想通貨MCAP(エムキャップ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMCAP(エムキャップ)を紹介します。MCAP(エムキャップ)はICO評価、投資をおこなっているMCAP(エムキャップ)Labsが運営している…

2018/4/4