search_toggle
仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)の特徴、買い方、取引所、将来性、チャートなど解説

LATOKEN(レトークン/LA)

9.18448 JPY

前日比

18.05%

前週比

34.95%

0.0830242 USD

前日比

18.05%

前週比

34.95%

0.0000219 BTC

前日比

18.572%

前週比

23.276%

仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)とは(基本情報)

・通貨名:LAT
・取引開始日:2017年8月22
・発行上限:1,000,000,000 LAT
・現在の流通量:400,000,000 LAT(2018年3月時点)
・時価総額:$ 0.221138(2018年3月時点)
・管理システム:ERC20
・公式サイト: https://sale.latoken.com/jp/whitepaper
・ソースコード:https://github.com/ElKornacio/contracts-early
・ホワイトペーパー: https://sale.latoken.com/jp/white-paper
・Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xe50365f5d679cb98a1dd62d6f6e58e59321bcddf
・公式フォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2083486.0
・twitter:https://twitter.com/latokens

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)の特徴

#

資産をトークン化するプラットフォーム

LATokenLAT・ラトークン)は、実在資産を暗号化(トークン化)して取引を可能にします。実事資産とは、美術品、商品、資金、債権、不動産、などを指し、実在資産の価値を暗号化(LATokenに変える)して、現実世界の経済でも広く用いることができるようにします。つまり、仮想通貨を実体経済とリンクさせることが可能になります。

 

LATプラットフォームは、技術的な有効性を保障し、P2Pの契約権利譲渡を保証します。また、LATプラットフォームと他の取引所でのP2P取引にも対応しています。

 

さらに、資産の流動性と透明性を高めるだけではなく、取引コストも削減することができます。

 

LAToken自体は、各種の資産(美術品、商品、資金、債権、不動産)に合わせて調整されています。

 

したがって、実在資産保持者は、安全で迅速なLATプラットフォーム介して実在資産を公開することで、LAToken保持者は、実事資産ポートフォリオ(資産一覧)を多様化することができます。

 

また、開示や法規則に従ったトークン資産(LAToken)の発券、または実在資産を一覧にすることが可能なため、仮想資産所有者(LAToken所有者)は、複数の資産クラスにわたって適切価格を認識することができます。

LATトークン(LAToken)の仕組み

実在資産はこれまで、非流動性資産でした。しかし、LATokenにより、この非流動性資産を簡単に取引できるようになります。LATokenを分株式のように流動資産として市場に開放し、その資産の価値を高めたり、世に正しく認めてもらうためのプラットフォームでもあるのです。

 

1.資産所有者は、資産の一部をLAT認証を受けた証券保管機関に販売します。

 

2.証券保管機関は、資産価値とリンクしたアセットバックトークン(LAToken)を発行し、それを仮想通貨所有者(一般)に販売します。

 

3.仮想通貨保持者は、アセットバックのトークン(LAToken)を流通市場(取引所など)で販売できます。

 

4.資産所有者は、指定された時間に資産トークン(LAToken)を買い戻すか、証券保管機関がオークションで資産を売り、資産トークン所有者の間でトークン化を分配します。

 

※公式サイト参照

LATプラットフォームでの公的資産取引

LATプラットフォームにおいて、LATokenLAT・ラトークン)保持者は仮想通貨を用いて、公的に取引されている資産(株、公債、商品)とリンクしている資産トークンを購入できます。

 

1.公的に取引されている実際の資産(例えばアップルの株など)にリンクされている資産トークン(LAToken)を発行できます。

 

2.仮想通貨の所有者は、仮想通貨を用いて、LATプラットフォームで行われるオークションで資産トークン(LAToken)を購入できます。

 

3.指定された時間に、資産所有者が、LAToken保持者から、資産トークンであるLATokenを現行市場価格で買い取ります。

 

 

現在、LATプラットホームでの取引コストは非常に低いため、仮想通貨の所有者は誰でも(小規模な小売投資者も)株や公債、商品の上限能力から、仮想通貨を不換せず利益を得ることができます。

 

LATokenを活用して一つの株を細分化することによって、今以上に手軽に、有名企業の株を購入することができるようになります。面倒な海外の証券口座の開設も必要ありません。

 

高額な絵画などそれまでは一部の人たちしかアクセスできませんでしたが、LATokenによる細分化によって、特にお金持ちでもない一般人でもトークン(LAToken)として一部所有することができるようになります。

安全でスマートなLATウォレット

LASTWalletLATウォレット)では、トークン、資産、スマートコントラクト、アプリケーションを作成、及び管理し、ブロックチェーン上で取引を行うことができます。 もちろん、LATの取引所にもアクセスが可能です。

 

送金はMyEtherWalletといったイーサリアムの専用ウォレットから行わなければならないようです。LATokenウォレットにイーサリアムが着金すると同時に、自動でLATの購入されます。

仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)のロードマップ、今後の予定

#

ロードマップ

2018

・年内に、LaTokenプラットフォームでの資産トレード開始

 

2019

LaToken自体も取引所で取引可能

・アプリ開発者用のツール開発

 

2020

・アマゾンでのLaToken利用

仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)の歴史、情報

#

プロジェクトスタートは?

ロシアのモスクワにヘッドオフィスがあるそうです。プロジェクト自体は、2013年からスタートしているようで、アルトコインの中では、かなり前から動いているプロジェクトと言えます。

 

ちなみに、LATokenLAT・ラトークン)の「La」の意味は、英語で言うと「The」を意味するフランス語の定冠詞です。日本語で翻訳すれば、ザ・紙幣と読めます。

LaTokenのICOについて

LaTokenICOは大きく4ラウンドに分かれていました。

 

ラウンド1201782229日)

発行上限:30,000,000 LAT

主要な資産種類:株式

LAT価格:0.001ETH1ETH36,500円換算で36.5円)

 

 

ラウンド220179512日)

発行上限:30,000,000 LAT + 20,000,000 LAT(リザーブ)

主要な資産種類:不動産

LAT価格:0.0011ETH1ETH36,500円換算で40.04円)

 

 

ラウンド3201791926日)

発行上限:50,000,000 LAT

主要な資産種類:債権、エネルギー分野、貴金属

LAT価格:0.0013ETH1ETH36,500円換算で47.45円)

 

 

ラウンド4201710310日)

発行上限:50,000,000 LAT

主要な資産クラスのトークン化と取引開発:非流動資産(例:美術品など)

LAT価格:0.0014ETH1ETH36,500円換算で51.1円)

 

既に、無事ICOが終了しています。現在の供給量は400,000,000 LATで、凍結トークンが600,000,000 LATとなっています。凍結されたトークンは、10倍の値になる後にロック解除されるようです。

イーサリアムシステムのERC20を利用

LATokenLAT・ラトークン)の互換については、ERC20標準で、Ethereum(イーサリアム)が使われます。

 

なぜなら、LATokenは、イーサリアムのシステムの中に組み込まれたERC20というシステムを使ったトークンだからです。LATokenは、イーサリアムネットワークの中で稼働しているトークンだと言えます。

仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)のチャート、将来性

#

チャート

LATokenLAT・ラトークン)のチャートは、他のアルトコインの中でずば抜けているチャートではないと言えます。需要があれば伸びてくる可能性があるでしょう。

 

価格は、日本円で約24円で、チャートは横ばいです。20181月、LATokenは、他のアルトコインと同様に高騰しましたが、徐々に大きく下がっています。

将来性

LATokenLAT・ラトークン)は、今まで手が出せなかった非流動的資産へのアクセスを可能にしてくれるので、大きな可能性を秘めていると言えます。

 

というのも、非流動的資産は、非流動的資産であるが故に価値を公平につけることが難しいです。また一般の人でも簡単に、その実在資産にアプローチできることは、今までには考えられません。

 

LATokenのプラットフォームが可能にすることは、需要があるので、将来性があると言えるでしょう。

 

しかし、ライバルの資産トークン化プラットフォームとしては、他にATLANTやBlackmoonなどが上げられるので、その点は注目です。

仮想通貨LAToken(LAT・ラトークン)が購入できるおすすめ取引所と購入方法

LAToken(LAT・ラトークン)を購入するには、海外取引所であるKuCoin(クーコイン)から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. bitFlyer(ビットフライヤー)などに登録。
2. 国内取引所でイーサリアム、ビットコインを購入する
3. 海外取引所KuCoin(クーコイン)に登録する
4. 登録した海外取引所にイーサリアム、ビットコインを送金する
5.LATokenを購入する

まとめ

#

LATokenLAT・ラトークン)は、実在資産をトークンにすることで取引を可能にし、あらゆるものをトークン化するというプロジェクトのもと作られました。

 

LATokenの明確なビジョンは、他のアルトコインにはなく斬新で、評価できます。

 

実事資産である美術品や商品、資金、債権、不動産などは、非流動的資産なので、価値をつけるのが難しいです。その実在資産をトークンにすることで、より流動的に現実世界で用いることができるようになります。

 

イーサリアムシステムのトークンなのでセキュリティも高いと言えます。

 

芸術家のみならず、様々な人が活用できる点で期待できるでしょう。評判や最新情報などに注目です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Melon(MLN・メロン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

デジタル資産を管理する仮想通貨Melon(MLN・メロン)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるのでしょうか。Melonとはどんな仮想通…

2018/3/31

仮想通貨Ardor(ARDR・アーダー)の特徴、買い方、取引所、将来性など解説!

Nxtのサイドチェーンである仮想通貨Ardor(ARDR・アーダー)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょうか。Ardorとは…

2018/3/6

仮想通貨TaaS(タース)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はTaaS(タース)を紹介します。TaaS(タース)はブロックチェーンや仮想通貨プロジェクトに出資を行うクローズエンドファンドです。そんなTaa…

2018/4/23

仮想通貨REAL(REAL・リアル)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのは仮想通貨REAL( REAL・リアル)です。不変性の高い不動産取引において、新しい形のプラットフォーマーを目指す”REAL”。そこで…

2018/3/13

仮想通貨Quantstampとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はQuantstampを紹介します。Quantstampはイーサリアムのスマートコントラクトのセキュリティを強化するプロジェクトです。そんなQu…

2018/4/4

仮想通貨FLik(FLIK・フリック)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

今回は仮想通貨FLik(FLIK・フリック)を紹介します。FLikはエンターテイメントエコシステムで、映像のクリエイターをバックアップします。また、…

2018/4/11

仮想通貨COSS(コス)の特徴、買い方、取引所、将来性、チャートなど解説!

仮想通貨COSS(コス)を紹介します。プラットフォームとしての機能や取引所機能もあるCOSSはこれから高騰する可能性、将来性があるのでしょうか。CO…

2018/3/15