search_toggle
仮想通貨Photon(PHO・フォトン)の特徴、買い方、取引所、将来性、チャートなど解説!

Photon(フォトン/PHO)

0.00512763 JPY

前日比

-4.605%

前週比

-28.925%

4.64134e-05 USD

前日比

-4.57%

前週比

-28.58%

0.000000007 BTC

前日比

-4.264%

前週比

-25.589%

仮想通貨Photon(PHO・フォトン)とは(基本情報)

・通貨名:PHO
・取引開始日:2014年2月21日
・発行上限:90,000,000,000枚 900億
・時価総額:$ 0.000097(2018年3月時点)
・ブロック認証サイクル:PoW
・コンセンサスアルゴリズム:Blake256
・公式サイト:https://www.photoncc.com/
・ソースコード:https://github.com/photonproject/photon
・Blockchain Explorer(取引詳細):https://chainz.cryptoid.info/pho/
・公式フォーラム: https://www.cryptopia.co.nz/Forum/Thread/733
・twitter:https://twitter.com/photoncoin

Photon(PHO・フォトン)は、Blake256アルゴリズムを採用しています。ブロック報酬は、32768+インフレ率という形になっています。また、ブロック報酬の削減はなく、報酬難易度は上がっていきます。ブロック目標は3分で、総発行量は900億です。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    取引量・ユーザー数・資本金で国内第1位、国内最大級の取引所

  • Ic exchange rank 02

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 03

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

仮想通貨Photon(PHO・フォトン)の特徴

#

Blake256アルゴリズム

Photon(PHO・フォトン)は、Blake256アルゴリズムを使用し、マージマイニングを実装した仮想通貨です。もちろん、P2P(Peer to peer)技術を使用して世界中の誰にでも即座に支払うことができます。アルゴリズム自体は、単純で使いやすく設計されています。

また、高速かつ軽量のBlake256アルゴリズムが採用されているので、Scrypt、SHA256d、Keccakよりも高速です。Blake256アルゴリズムは、既存の認証アルゴリズムのアップデートと言えます。

Blake256アルゴリズムのハッシュレートは、ビットコインと比べて、GPUで3倍、FPGAで2倍の速さです。ブロック報酬は時間とともに減少し、ブロック認証の難しさは増加していきます。

Photonは、人為的にマイニングのハッシュレートや電力効率を減らすことはなく、Blake256のプラットホーム上は制限もありません。

公式サイトによるBlake256アルゴリズムの説明

デザイン
・アルゴリズムが簡素化されている
・サルトハッシングのためのインターフェースパフォーマンス

性能
・ソフトウェアとハードウェア両方で高速
・ハードウェア実装のための並列性とスループット、面積のトレードオフが搭載
・調整可能なラウンド数での適度な速度、信頼性トレードオフセキュリティベース

セキュリティ
・集中的に分析されたコンポーネント(ChaCha)
・一般的な第2プリイメージ攻撃に耐性あり
・サイドチャネル攻撃に耐性あり
・長さ拡張に耐性あり

取引手数料が低い

ネットワーク上での管理手数料やコイン発行は、かなり低くく安定した手数料で行われます。そもそも手数料が発生するのは、KB単位のサイズの取引なので、ほとんどの小規模な取引は無料です。大きな取引でも、取引手数料はほんの少しです。

マージマイニング

Photon(PHO・フォトン)のマイニングは、マージマイニングの実装により、Blake256ファミリーコイン(the Blake256 family coins)6個を同時に得ることになります。

マージマイニング(merge mininng)とは、仮想通貨のマイニングで得られた計算結果を別の通貨にも共有する機能です。
これによって、それぞれの演算負荷を減少させ、効率的な取引の検証が可能になります。

Blake256ファミリーコインは、PHO、Blakecoin、BlakeBitcoin、Electoron、UniversalMolecule、Lithiumの6つです。このファミリーコインは、共有された仮想通貨であり、Blakeゾーンで活用すると思われます。

Blakecoinを基にしている

Blakecoinは、Photon(PHO・フォトン)と同じくBlake256アルゴリズムを使用した仮想通貨です。P2P技術を使用して、非中央集権でのトランザクションの管理と通貨の発行を行います。MIT(マサチューセッツ工科大学)ライセンスが適用されているオープンソースプロジェクトです。

現在発行枚数が、ビットコインの総発行枚数より少ないです。

Blake256ファミリーコインの一つであり、Blakeゾーンで活用できます。Photonをマージマイニングすることで手にいれることができます。

ゲーム内で活用

Photon(PHO・フォトン)が他の仮想通貨とは違う最も面白い点は、ゲーム内で使われることです。

具体的には、ゲーム内でのPhoton送金や、注目されるような面白いゲームの中でマイニング機能追加などです。Photonの活用は、私たちがゲームで遊んでいる空間で行われるということです。

マージマイニングによるBlake256ファミリーコインのシステムによって、ゲーム内で起こる同時送金やゲーム内マイニングを最適化します。より実用的に、ゲーム内でPhoton(PHO・フォトン)をできるようになっています。

仮想通貨Photon(PHO・フォトン)のロードマップ、ホワイトペーパー、予定

#

ロードマップ

ロードマップは現在改良中だそうです。(2月2日付)
以下は、現在の公式サイトのロードマップです。

2018年

1月
・新年エアドロップ
・様々な目的によるグループの結成
・ホワイトペーパーの最終合意
・ウェブサイト、ホワイトペーパー、ロードマップの開始

2月
・投資家と次の段階の協議
・ロゴリブランディング
・ゲーム内マイニングの開発(プレイとマイニングの同時進行)
・ウォレットの開発(AppleやLinux)
4月
・ウォレットの開発Android
・決済通貨としての利用

2019年
・Blakeゾーンでのゲーム開始

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、まだ公開されていません。ロードマップの予定より少し遅れているようです。現在は、合意に向けて議論中とのことで、プロジェクトはきちんと進んでいると思われます。

公式ホームページを随時チェックしましょう。

windowsウォレット

現在は、Windowsのウォレットのみ利用可能です。アップル(Apple)やリナックス(Linux)などの他のウォレットは、開発中のようです。4月には、アンドロイド(Android)のウォレットも開発予定です。

BlakeゾーンでPhotonを活用

将来的には、Blakeゾーン(Blakeのサーバー内)でPhoton(PHO・フォトン)が実装されることになる予定です。Post-Apocalyptic Survival MMOFPSというゲームでは最近、テストも行われています。

Bleakゾーンは、Blakeコミュニティに設置されていて、ゲームでの仮想通貨利用だけではなく、他にも様々なことができます。

仮想通貨Photon(PHO・フォトン)の歴史、情報

#

サトシナカモトから学ぶ匿名性

サトシナカモトが匿名を続けていることから学んで、開発者の二人(Cinnamon_CarterとBlueDragon747)は、Photon(PHO・フォトン)をサポートしていくと決心し、匿名でプライバシーを守ることを選んだようです。

彼らは、うまくPhotonを宣伝し、Photonの将来性に関心を寄せさせることに成功しました。未だにその二人の詳しい情報は分かっていません。

プロモーションがなくなれば、Photonの存在は広まらないのにもかかわらず、そのような環境で二人の開発者は、Photonをサポートしてきたようです。

それを助ける形で、2017年12月にPhotonコミュニティーが立ち上がりました。今はコミュニティー活動が活発で、うまく進んでると言えます。

Photonの歴史

2014年2月21日に、Photon(PHO・フォトン)が完成しました。その後、仮想通貨のマージマイニングが開始されました。

2017年には、Photonがリニューアルされて、2018年現在に至っています。

仮想通貨Photon(PHO・フォトン)のチャート、将来性

#

チャート

Photon(PHO・フォトン)は、2018年1月の高騰で、6倍になっていました。その後、4・5倍程度の値動きで推移しています。現在3月時点では、日本円で約0.01円です。

2018年1月の高騰以前のチャートには、特に変わった動きはありません。

将来性

Blake256は、様々な攻撃の耐性がある点で、かなり優秀な暗号化アルゴリズムだと言えます。このアルゴリズムを搭載しているPhoton(PHO・フォトン)は、仮想通貨として実用性があるでしょう。  

ゲーム内で使われる試みもかなり新しいです。ゲーム内でマイニングが可能になれば、また違った分野の仮想通貨になることは、間違いありません。

ロードマップによると、この後も続々情報や実装が解禁されます。

しかし1つ気になるのは、Blake256ファミリーコインである、Blakecoin以外の仮想通貨の情報の更新が滞っています。Blake256ファミリーコインの中で生き残っているのは、Blakecoinだけです。

ですが、Blakecoinのチャートは動きが良く、期待はできます。
BleakゾーンでのPhoton実装に期待です。

仮想通貨Photon(PHO・フォトン)が購入できるおすすめ取引所と購入方法

Photonを購入するには、海外取引所であるクリプトピア(Cryptopia)から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。 1. bitFlyer(ビットフライヤー)などに登録。 2. 国内取引所でビットコインを購入する 3. クリプトピア(Cryptopia)のいずれかの海外取引所に登録する 4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する 5.Photonを購入する

まとめ

#

仮想通貨Photon(PHO・フォトン)は、Blake256アルゴリズムを使用し、マージマイニングを実装しています。P2P技術を使用して、世界中の誰にでも即座に支払うことができる点で、実用的な仮想通貨と言えます。アルゴリズム自体は、単純で使いやすく設計されています。

ゲーム内での実装も面白い試みだと思います。これからも予定が満載なので今後に期待です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Quark(QRK、クォーク)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!

今回紹介するのは仮想通貨Quark(QRK、クォーク)です。この世界最速と言われるQuark(QRK、クォーク)という仮想通貨は、どんな機能の仮想通…

2018/3/8

仮想通貨Myriad(XMY・ミリアド)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!

マルチアルゴリズムを採用した仮想通貨Myriad(XMY・ミリアド)を紹介します!これから高騰する可能性はあるのか?Myriadとはどんな仮想通貨な…

2018/3/7

仮想通貨Primecoin(プライムコイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はPrimecoin(プライムコイン)を紹介します。Primecoinは素数チェーンを作り出すことでマイニング時の電力を有効活用しています。そん…

2018/4/17

仮想通貨Magi(マグニ・マギ)とは?Magiの特徴、将来性、取引所を徹底解説!

今回紹介するのは世界中の決済システムで利用できる仮想通貨Magi(マグニ・マギ)です。Magiはこれから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょうか。…

2018/3/24

仮想通貨Sprouts(SPRTS、スプラウト)のチャート、取引所、買い方を徹底解説!

仮想通貨Sprouts(SPRTS、スプラウト)を紹介します。慈善活動を目的とし、PoS採用のコインであるSprouts。新たなコインへの転換も含め…

2018/3/13

仮想通貨BitBar(ビットバー/BTB)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はBitBar(ビットバー/BTB)を紹介します。BitBar(ビットバー/BTB)はNovacoin(ノヴァコイン/NVC)とPeercoin…

2018/4/17

仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はPeercoin(ピアコイン/PPC)を紹介します。Peercoin(ピアコイン/PPC)は世界で初めてPoSを採用した仮想通貨です。そんなP…

2018/4/5