search_toggle
仮想通貨PeepCoin(ピープコイン/PCN)とは?特徴や取引所などを徹底解説!

PeepCoin(/PCN)

0.00137389 JPY

前日比

-15.26%

前週比

13.927%

1.21839e-05 USD

前日比

-15.26%

前週比

12.91%

0.000000002 BTC

前日比

-14.731%

前週比

14.863%

【速報】

2018年9月にPeeepCoinがDAPSプロジェクトへ移行することを発表しました!

最新のPeepCoinについての情報はコチラからご覧ください!

PeepCoinの新トークンDAPSとは?最新情報をチェック!

仮想通貨PeepCoin(ピープコイン/PCN)とは?

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

PeepCoin(ピープコイン/PCN)の基本データ

 ・通貨名:PeepCoin(ピープコイン/PCN)
 ・取引開始日:不明
 ・発行上限:なし
 ・現在の流通量:56000000000(560億)(2016年6月時点)
 ・時価総額:不明
 ・ブロック認証サイクル:不明
 ・コンセンサスアルゴリズム:不明
 ・公式サイト:http://www.peepcoin.com/
 ・ソースコード:不明
 ・ホワイトペーパー:なし
 ・Blockchain Explorer(取引詳細):https://chainz.cryptoid.info/pcn/
 ・公式フォーラム:https://bitcointalk.to/index.
 ・Facebook:https://www.facebook.com/PeepCoin
 

#

上の図は、PeepCoin(ピープコイン)のチャートです。全体としての取引量は多くありませんが、価格変動の大きな仮想通貨の一つと言えることが分かります。

仮想通貨PeepCoin(ピープコイン/PCN)の特徴

”Peep”とは?

#

英語の"peep"には「覗く、ヒナ鳥がピヨピヨ鳴く」という意味もありますが、PeepCoin(ピープコイン)の"Peep"は"People"が由来。"THE COIN FOR THE PEOPLE"とも呼ばれ、経済的に困窮する人のために作られたと言われています。

日本ではPeepCoin(ピープコイン)に関する情報量は非常に少なく、実態がベールに包まれていることから、謎の仮想通貨とも言われているようです。
一方、仮想通貨に関する海外の掲示板BitcoinTalk(ビットコイントーク)では、PeepCoin(ピープコイン)についての紹介を発見することができました。

以下、原文を少しご紹介します。

“We are Peep Coin ("Coin For The People") and wish to help people who may be struggling financially. This is our primary objective... Peep Coin is a fully fledged payment processor, virtual currency and instant money transfer system...ZERO fees to send,”

出典:https://bitcointalk.org/

簡単に言うと、PeepCoin(ピープコイン)の場合、送る時も受け取る時も、手数料なしでセキュアな即時決済ができるようです。経済的に奮闘する人たちのための通貨を作ることが目的だったため、通貨の移動に手数料は発生させない、ということなのでしょうか。

とはいえ、仮想通貨として永久的に手数料ゼロで成立するのか、期間限定で調整されるのか、など疑問は残るところです。

“Peep Coin is different from most other virtual currencies...We use a predetermined value system that ensures everyone benefits...The price is always rising in value, this ensures that your money is growing...NO RISK!!!”

出典:https://bitcointalk.org/

また、最後はリスクの低さに言及して締めくくられています。「PeepCoin(ピープコイン)の価値は上昇し続けるので、保有すれば全員に利益をもたらす」とのこと。
なんだか怪しい匂いがしないでもないですね…。

PoS/PoW(プルーフ・オブ・ステーク/プルーフ・オブ・ワーク)を導入したハイブリッドのコンセンサスアルゴリズム

#

PoSとはPrimeCoinを開発した" SunnyKing"と呼ばれる開発者集団によって、初めて導入されたコンセンサスアルゴリズムです。

そもそも、コンセンサスアルゴリズムとは、各々の取引決済に承認を与える方式の事です。簡単に言うと、中央管理者のいないブロックチェーン技術において、誰がその承認を与えるのかを決める方式でもあります。そのコンセンサスアルゴリズムの代表的なものとして挙げられるのが、PoSやPoWなのです。

承認者には当然、承認の報酬が支払われます。プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work=PoW)は暗号解読の仕事(Work)の速さに応じてブロック報酬が得られるシステムです。その一方で、プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake=PoS)ではコインの保有量(Stake)に応じて新しいコインを得ることができます。

PeepCoin(ピープコイン)で導入されているPoS/PoWのように、その2つを組み合わせたハイブリッドなコンセンサスアルゴリズムが機能することもあります。元々はPoWが広く普及していました。しかしPoWでは、暗号解読の仕事量が多い方が有利となるため、処理に使用するコンピュータ内のCPU(中央処理装置)に膨大な量のエネルギーを必要とします。その他にも、大規模な作業であるためにマイニングの平等性に関する問題があったことなどを踏まえ、より安全で環境負荷の少ないPoSが採用されるようになりました。

現段階では、PeepCoinはPoSを採用しています。このように、はじめはPoS/PoWで仮想通貨の発行を開始し、徐々にPoSに移行するPeepCoinのような例もあるようです。

元はエアドロップコイン?詐欺などのリスクは?

#

いまだに、実態が明らかとなっていないPeepCoin(ピープコイン)ですが、元はエアドロップコインだった?という声もあるようです。

エアドロップとは、「初期段階での投資家やサポーターに、コインを無料で配布する」こと。できたばかりのコインは知名度も低く、流通量も少ないため、市場での絶対量を増やすことを目的に、無料で配布されることがあるようです。

PeepCoinの場合、2016年8月には無料での配布を停止した、という記述があります。

実際にPeepCoin(ピープコイン)のFacebookページを見てみると、PeepCoin側とユーザー側との会話で、コインのやりとりがあったことを示すものがいくつもあります。また、PeepCoin側でもコインに関するトラブルや質問をe-mailで送るよう投げかけています。
よって、無料で配布されていた可能性は高いと言えます。
PeepCoin(ピープコイン)のやり取りに関して、現在までに目立ったニュースは見られませんが、リスク面も含めこれからの動きに注目が集まります。

仮想通貨PeepCoin(ピープコイン)のチャート・将来性

1週間で8040%超?過去に暴騰していた??

全体として取引量は少ないPeepCoin(ピープコイン)ですが、過去に値段が暴騰したことがあるようです。
なんと、その割合が、8040%以上とも言われています。
2017年の12月初旬ごろの出来事ですので、記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。もちろん、暴騰の理由も不明ですし、この変動にどんな意味があるのかも分かりません。しかし、PeepCoin(ピープコイン)の知名度をひとつ押し上げた出来事だったと言えるかもしれません。

一方で値幅に関して厳しい予想も見られます。
下はPeepCoin(ピープコイン)の価格(USD)に関する2018年、2019年の予想です。

#

暴騰、暴落を繰り返すように見えますが、長期的な視点では価格は下がっていくという見解が強いです。またPeepCoinは、意図的な価格の操作が簡単に行えてしまうかもしれない、とのこと。現在、保有しているコインの価値がなくなってしまう可能性も高いかもしれません。

仮想通貨PeepCoin(ピープコイン/PCN)が購入できるおすすめ取引所と購入方法

PeepCoin(ピープコイン)を購入するには、海外取引所であるCoinExchange(コインエクスチェンジ)から購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. Coincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録。
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. CoinExchange(コインエクスチェンジ)の海外取引所に登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.PeepCoin(ピープコイン)を購入する

まとめ

今回は、PeepCoin(ピープコイン)の特徴や購入方法などについて説明してきました。
まだまだ、謎の多いコインではありますが、同時に興味をひく部分もあったかと思います。

投資は自己責任、という条件のもとで、PeepCoin(ピープコイン)のこれからの動きに注目してみるのも面白いかもしれません!

最新の関連記事

DAPSリブート後にリリース!DAPS/PeepCoinウォレットの登録方法を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

[最新]PeepCoinのウォレット・取引所についてはコチラで解説を更新しています!

2018年仮想通貨DAPS/PeepCoin(ダップス/ピープコイン/PCN)の今後・将来性・価格は?最新情報も含めDAPSリブート後の予想を解説!|Coinwall [コインウォール]

[最新]PeepCoinの将来性・価格についてはコチラで解説を更新しています!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨DAPS/PeepCoin(ダップス/ピープコイン/PCN)の今後・将来性・価格は?最新情報も含めDAPSリブート後の予想を解説!

仮想通貨DAPS/PeepCoin(ダップス/ピープコイン/PCN)はPeepCoinからDAPSプロジェクトへの移行をきっかけに有用な匿名通貨とし…

2018/5/26

DAPSとは?PeepCoin(ピープコイン/PCN)からスワップ可能?新トークンの正体を徹底解説!

DAPSは仮想通貨PeepCoin(ピープコイン/PCN)から刷新された新プロジェクトであり、基本データが次々と明らかになったことで注目を集めました…

2018/5/21

DAPSリブート後にリリース!DAPS/PeepCoin(ダップス/ピープコイン/PCN)ウォレットの登録方法を徹底解説!

DAPSとはPeepCoinの新トークンとして注目を集めるプロジェクトです。リブート後にウォレットがリリースされたため、DAPSとPeepCoinの…

2018/5/26

仮想通貨仮想通貨PIVX(ピヴクス)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は仮想通貨PIVX(ピヴクス)を紹介します。仮想通貨PIVX(ピヴクス)はゼロコインプロトコルにより高い匿名性を獲得した仮想通貨です。どんな仮想…

2018/3/23

仮想通貨REX(レックス/REX)がIMBREX(インブレックス/REX)として再スタート?最新情報も含め将来性や今後の動きを解説!

今回はIMBREX(旧REX/インブレックス/REX)を紹介します。IMBREXは不動産データをブロックチェーン上に公開し不動産システムの課題解消を…

2018/5/27

仮想通貨Minex Coinとは?特徴、買い方、チャート、将来性など解説!

今回はminex coinを紹介します。minex coinは通貨の価格を安定させるためにアルゴリズムMinexBankを実装した仮想通貨です。そん…

2018/4/17

仮想通貨Sprouts(SPRTS、スプラウト)のチャート、取引所、買い方を徹底解説!

仮想通貨Sprouts(SPRTS、スプラウト)を紹介します。慈善活動を目的とし、PoS採用のコインであるSprouts。新たなコインへの転換も含め…

2018/3/13