search_toggle
仮想通貨Musicoinとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

Musicoin(ミュージッコイン/MUSIC)

0.117468 JPY

前日比

-2.82%

前週比

-18.664%

0.00106186 USD

前日比

-2.82%

前週比

-19.41%

0.00000028 BTC

前日比

1.103%

前週比

-18.981%

仮想通貨Musicoin(ミュージッコイン)とは?

#

・通貨名:Musicoin(MUSIC)

 

・取引開始日:201723

 

・発行上限:-

 

・現在の流通量:698,045,864 MUSIC20183月時点)

 

・時価総額: $7,940,062 USD 20183月時点)

 

・コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work(ETHash)

 

・ブロック生成時間:-

 

・公式サイト:https://musicoin.org/

 

・ソースコード:https://github.com/Musicoin

 

・ホワイトペーパーver.1https://hackernoon.com/musicoin-free-creations-while-rewarding-creators-2832f7d2bd33

 

・ホワイトペーパーver.2https://medium.com/@musicoin/musicoin-project-white-paper-v2-0-6be5fd53191b

 

・フォーラム(Bitcoin Forum):https://bitcointalk.org/index.php?topic=1776113.0

 

Explorer(取引詳細):http://orbiter.musicoin.org/

 

twitterhttps://twitter.com/musicoins

 

Facebookhttps://www.facebook.com/lovemusicoin

 

Mediumhttps://medium.com/@musicoin

 

Discordhttps://discord.gg/gA8gjxC

 

Slackhttps://slack.musicoin.org/

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Musicoinの特徴 -ミュージシャンとリスナーをダイレクトに繋ぐ-

#

Musicoin(ミュージッコイン)は、"Sharism(シャリズム)"という哲学の元に作られたイーサリアムからフォークしたブロックチェーンです。

 

Sharismとは?

音楽コンテンツの共有において、作成者が最も恩恵を受けるべきという考え方です。

現在の音楽業界において、レーベル等の仲介者が大きく利益を得ている現在を問題だと捉えています。

 

そんなMusicoinの主な特徴を見ていきましょう。

Pay-Per-Play契約により、楽曲に対する報酬を正当かつ瞬時に

Pay-Per-Play(以下PPP)契約とは、Ethereum(イーサリアム)を軸に作られたスマートコントラクト技術を利用したテンプレートにより、リスナーが「再生」を押すと契約で指定された支払いが自動的に実行されるものです。

 

つまり、

  • 再生回数ごとに報酬を得ることが出来る
  • 報酬の金額をミュージシャンが設定する
  • 自動的に報酬を得ることが出来る

ということです。

 

しかも、瞬時に送金されるのでミュージシャンは自分の創作活動により集中できるようになります。

コンテンツの権利保護が可能

楽曲に対する著作権は、ミュージッコイン・ブロックチェーンに公開されるので、著作権侵害について心配する必要はないです。

契約に透明性を持たせることが出来る

Ethereum(イーサリアム)を元にしたスマートコントラクトは、理解容易なライセンス条項を提供し、ソロまたは複数人のバンドであっても各人における収入の管理を柔軟にすることができます。

 

つまり、収入の割合で仲間内で揉める心配がないということですね。

仲介者がいない為、ミュージシャンはダイレクトに報酬を得ることが可能

Musicoin(ミュージッコイン)には仲介者・仲介団体は存在せず、楽曲に対する収入は100%ミュージシャンに支払われます。

 

従来の音楽業界の負を解決しようとしています。

ミュージシャン同士のコミュニティが充実している

Musicoin(ミュージッコイン)上に構築された付加価値サービスとして、仲間のミュージシャンとのコラボレーションを開始できるようなツールが用意されます。

ミュージシャンとリスナーがSNSで繋がることを可能に

リスナーはミュージシャンの活動や楽曲について最新の情報を入手することが可能です。 フィードバックやヒント、曲の共有、プレイリストの作成など、コンテンツに直接アクセスしてミュージシャンと相互対話が可能となっています。

仮想通貨Musicoinがブロックチェーンを導入する必然性

音楽業界へのブロックチェーン導入は、アーティストを救うことになる?

前述の通り、現在音楽業界では、仲介者が利益を享受している状態と言えます。

特にApple MusicやSpotify等のサブスクリプション使い放題サービスではアーティストへの報酬はかなり少なくなってしまうことが問題になっています。

Musiccoinはブロックチェーンを利用することでトークンエコノミー、データの完全性による著作権保護、p2pによる直接取引で仲介者排除を可能にします。

 

 

仮想通貨Musicoinのヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

#

Musicoin Roadmap

2017年Q3-UBI(Universal Basic Income)の導入-

UBI(Universal Basic Income)は、Musicoinのエンドユーザ数(リスナーサイド)の人数を増やす為に行われているものです。

 

UBIを要約すると、

  • エンドユーザ(リスナー)は音楽再生の際に料金を払う必要がない
  • ミュージシャンに払われる報酬は、マイナーがマイニングしたMUSICの一部から当てられる
  • リスナーからミュージシャンに有志で支払うことも可能

ということです。確かにリスナーの使用障壁は下がりそうな気がします。

2018年Q3-Proof of Sharingの実装-

Proof of Workに代わり、Proof-of-Sharingアルゴリズムを導入する予定です。

 

Proof of Sharingの詳しいアルゴリズムについては明記されていません。

2019年Q3-Ethereumのスケーラビリティ問題を解決する-

  • スケーラビリティ問題の解決
  • マネーサプライの確保

 

Musicoinは、Ethereumからハードフォークしたブロックチェーンなので、取引量が多くなると、その取引量に処理速度が追いつかなくなるというスケーラビリティの問題が付き纏います。

そこで、Musicoinはこのスケーラビリティ問題を解決すべく実験的なモデルを作成し、解決することを目指します。

又、コミュニティとの連携を行い、マネーサプライを確保すべく活動していく予定みたいです。

仮想通貨Musicoinのチャート・将来性

チャート

#

価格はかなり変動しているように見えますが、

0.1USD/MUSICに満たない範囲での変化なので、成長するのはこれからのように思えます。

 

現在は短期的な投資が得策でしょう。

将来性-他のアーティスト向けプラットフォームとの差別化が鍵?-

現代のアーティスト領域の中央集権的な負に対して、ブロックチェーンを用いて解決しようと取り組んでいる開発集団は他にもあります。

 

彼らとの差別化をどう図っていくのかが将来性を問う試金石なのではないでしょうか?

特に

  • 音楽特化サービスならではのミュージシャン・リスナー双方への恩恵
  • Proof of Sharingの有用性

をアピールすることが重要だと考えられます。

仮想通貨Musicoinが購入できるおすすめ取引所と買い方

#

仮想通貨Musicoinを購入するには、海外取引所であるCryptopia・Bittrexから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. CoincheckやBitflyerなどの国内取引所に登録
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Cryptopia・Bittrexに登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Musicoinを購入する

仮想通貨Musicoinのウォレット

GitHub Wallet

Windows・Linux・macOSに対応したウォレットがあります。

仮想通貨Musicoinの最新ニュース・twitter情報

2018/3/20-Musicoinがハードフォークされた-

#

2018/3/20に、GMCv.2.6.2がリリースされました。

 

これはMusicoinからのハードフォークであったが、実質的にはupdateとなっています。

 

最新版ソースコード↓

https://github.com/Musicoin/go-musicoin/releases

仮想通貨Musicoinのまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。
仮想通貨Musicoinの特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?ブロックチェーンを利用することで仲介者を排除しミュージシャンとリスナーの直接的な繋がりの構築を目指すMusiccoinは今後のミュージシャンとリスナーのあり方を変化させる可能性があります。
Musiccoinに注目していきましょう。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Musicoin(MUSIC・ミュージコイン)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Musicoin(MUSIC・ミュージコイン)とはイーサリアムブロックチェーンを利用し、ミュージシャンとリスナーを直接繋ぐという仮想通貨です。今回は…

2018/5/7

仮想通貨Riseとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はRise(ライズ)を紹介します。RiseはLisk(リスク)からハードフォークした存在で、分散型アプリケーション・スマートコントラクトの作成・…

2018/4/16

2018年仮想通貨ALIS(アリス)の今後・将来性は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回は仮想通貨ALIS(ALIS・アリス)の今後を予想します。ALISは、記事コンテンツを高めるプラットフォームです。4月23日には、β版がリリース…

2018/5/2

仮想通貨Aeron(アーロン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はAeron(アーロン)を紹介します。Aeron(アーロン)はブロックチェーン技術で航空業界の安全性を高めるプラットフォームです。そんなAero…

2018/3/28

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

仮想通貨Lisk(リスク)はイーサリアムと同じく、主に分散型のアプリケーションプラットフォームを提供する仮想通貨であり、プラットフォームです。どちら…

2018/5/27

仮想通貨VeChainとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はVeChainを紹介します。VeChainは、サプライチェーンの負を解決する為に作られたプラットフォームプロジェクトです。そんなVeChain…

2018/4/2

スマートコントラクトって何?ブロックチェーン・仮想通貨との関係は?

スマートコントラクトとは、「条件を満たしたら、特定の行動を行う」という約束事を指します。昨今では、2018年10大技術トレンドにも選ばれており、ブロ…

2018/4/26