search_toggle

2018年モナコインはどうなる?

少額取引向きなライトコインをベースにして作られた日本初の仮想通貨であるモナコイン(Monacoin・MONA)は国内における実用面でいえばベースのライトコインよりも性能は上だと言えます。

 

未だに国内でも活躍の場が増え続けているモナコインは2018年にどんな動きを見せていくのでしょうか。徹底解説していきます。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)とは?

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の基本情報

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴①2ちゃんねるで作られた国産通貨

#

2ちゃんねるのキャラクター・モナー

・通貨名:monacoin(モナコイン /MONA)

 

・取引開始日:2017年12月23日

 

・発行上限:1億512万MONA

 

・現在の流通量(取引量):59,946,300 MONA(2018年6月時点)

 

・時価総額:21,723,236,336 JPY (2018年6月時点)

 

・ブロック認証サイクル:約90秒

 

・コンセンサスアルゴリズム:Pow(proof-of-work/プルーフオブワーク )

 

・公式サイト:https://monacoin.org/

 

・ソースコード:https://github.com/monacoinproject/monacoin

 

・ホワイトペーパー:なし

 

・Blockchain Explorer(取引詳細):https://mona.chainsight.info/

 

・Blockchain Explorer(取引詳細):https://mona.chainseeker.info/

 

・公式フォーラム: http://askmona.org/

 

・twitter:https://twitter.com/monacoin2ch

 

・telegram:https://t.me/joinchat/GzpszQ2DW2DDuOsHavzCoQ

仮想通貨MonaCoin(モナコイン・MONA)は日本発仮想通貨で「純日本産」の国産仮想通貨です。2ちゃんねるという掲示板から誕生しました。モナコインの名前の由来は、アスキーアート(いわゆる顔文字)で描かれた2ちゃんねるのキャラクタ「モナー」から来ています。日本初の仮想通貨でありながら、掲示板から誕生したこともあり、コミュニティがかなり大きいのが最大の特徴です。

※2ちゃんねるは現在、5ちゃんねるに変わっています。

 

モナコイン自体は、取引処理が早いことで有名な暗号通貨Litecoin(ライトコイン)のソースコードをベースにして作られています。モナコインとBitcoin(ビットコイン)の取引処理にかかる時間と比べると、モナコインの方が約6.7倍早いと言われています。ネタコインだと思われがちですが実は実力派で決済通貨としては国内ではモナコインの方がライトコインよりも優秀です。実用性に優れており技術力の高い日本ならではの性能といえますね。

Litecoin(ライトコイン/LTC)の詳細はコチラ
Bitcoin(ビットコイン/BTC)の詳細はコチラ

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴②世界で初めてSegwit(セグウィット)を実装

#

「SegWit」と言えば、ビットコインやライトコインを連想すると思いますが、2017年3月に世界で初めてSegWitの技術を採用したのはモナコイン(Monacoin/MONA)です。

 

SegWit(Segregated Witness・セグウィット)という技術は、仮想通貨の取引処理能力を向上させるための改善措置です。今までブロックチェーンに書き込まれていたデータのうち一部をオフチェーンにすることで承認すべきトランザクションサイズを小さくすることができます。SegWitが導入すると承認にかかる手間が省け結果的に送金速度が上昇するのです。

Segwit(セグウィット)とは?

Segwitはスケーラビリティ問題を解決するだけでなく、トランザクション展性(マリアビリティ)も解決します。

 

トランザクション展性とはトランザクションに記載されている「送金者」と「受金者」を変更せずに、トランザクションの「ハッシュ」だけを変更するハッカー攻撃です。マウントゴックス(MTGOX)はこの攻撃をうけビットコインの大量流出を起こしました。

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴③Atomic swap(アトミックスワップ)が実装可能

#

モナコイン(Monacoin/MONA)は仮想通貨Decred(DCR)とのアトミックスワップに成功しています。Atomic Swap(アトミックスワップ)技術とは、相手を信用する必要なしに(トラストレス)種類の異なる仮想通貨同士の交換を行うことを可能にする技術です。この技術にはアドレス署名を用いています。

仮想通貨Decred(DCR)の詳細はこちら

例えば現在モナコインを持っていて仮想通貨Decred(DCR・ディークレッド)を購入したい場合、取引でモナコインをビットコインか日本円に両替してからをDecred購入する必要があります。

 

図で表すとこんな感じです。

MONA→BTC・JPY→DCR

 

 

ですがアトミックスワップではモナコインから直接Decredを購入することができます。

 

MONA→DCR

 

相手に関わらず安全にコイン同士の交換を可能にします。つまりアトミックスワップが他の通貨にも実装されれば、取引所を通さずユーザー同士で安全に種類の異なるコインの交換が出来るようになります。

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴④利用できるサービスが豊富

モナコイン(Monacoin/MONA)は日常様々な場所で通貨として使用することができます。例えばオタク文化の祭典であるコミックマーケット(通称コミケ)ではモナコインがけっさ手段として使用できる場合があったりMonappy(モナッピー)やBitCoinmall(ビットコインモール)などのインターネットショッピングで支払い方法として選択できたりします。

 

他にも宿泊施設やスポーツ施設などにもモナコインが使用できる場所がありそれらの一覧は以下のサイトで検索することができます。

モナコインが使えるお店を探す | Monazon - モナゾン

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴⑤コミュニティが非常に強い

#

先ほども述べたようにモナコイン(Monacoin/MONA)は2ちゃんねる発祥の通貨です。2ちゃんねるは国内最大の掲示板でその代表的キャラクターともいえるモナーがモチーフとなっていますのでモナコインを支えるコミュニティは国内では類を見ないほど大きいといえるでしょう。

 

ファンが定着しているということは非常に大切なファクターであり土着の分化が既に形成されているので需要も知名度も上がりやすいといえます。2ちゃんねるがなくならない限りモナコインの人気ももなくなることはないでしょう。

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の特徴⑥投げ銭文化に使用される

モナコイン(Monacoin/MONA)は投げ銭として使うことが可能です。どういうことかというと面白い発言をした人や素晴らしいアイデアを閃いた人などにチップとして使うことができるということです。

上記のように200億以上の資産を持つ投資家のCISも投げ銭として使う旨の発言をしていたりします。

 

現にTwitter上では投げ銭用bot(@Tipmona)が出現したりツイキャスでモナコインの投げ銭機能が追加されたりと実用面ではビットコイン以上の進歩を見せています。

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の将来性・今後の価格は?

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の将来性①モナコインサービスの普及

#

2018年現在モナコイン(Monacoin/MONA)決済で利用できるウェブサービスは多数あります。先ほどご紹介したMonappyやBitCoinmallをはじめ、電子マネーを購入できるamaten、物販からクラウドソーシングのお仕事果てはゲーム内課金コンテンツまでも購入できるMONAMA!など様々なサービスが展開されてます。

 

モナコインの取引手数料は無料でであることが多く、2018年以降もこのようなサービスが生まれてこればモナコインの需要は今まで以上に高まることが予想されます。

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の将来性②2018年にAtomic swap(アトミックスワップ)成功

#

特徴の項でも述べましたがモナコイン(Monacoin/MONA)はアトミックスワップを実装可能な通貨です。アトミックスワップが可能になるとアトミックスワップ先の通貨の資金が流入されることが予想されるためさ時価総額が膨れ上がる可能性があります。

 

実際に2018年初頭には実際にDCRとのアトミックスワップを成功させています。

 

2018年現在主要通貨でアトミックスワップを完全に実装しているものはありませんのでモナコインがまた世界で初めて技術を導入した通貨になることもあるかもしれません。

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の将来性③国内取引所への上場

2018年現在モナコイン(Monacoin/MONA)は国内では三つの取引所で取り扱われています。BitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、Bitbank(ビットバンク)の三つですね。国外ではメジャーな通貨とは言えないモナコインですがやはり国産通貨ということで国内取引所には上場されやすいようです。

 

日本国内の取引所に上場するには厳しい審査が必要ですので国産通貨というのは大きなアドバンテージといえます。過去にビットフライヤーに上場したときは一時2000円まで価格が上昇しました。国内にはまだまだ取引所が存在するのでモナコイン上場のニュースで市場がにぎわう可能性はあるといえるでしょう。

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の今後の価格は?

2018年6月現在モナコイン(Monacoin/MONA)は350円前後を推移しています。一時2000円近くに伸びた事を考えると暴落しているような気もしますがあれは通貨市場全体を巻き込んだバブルでしたので関係はないでしょう。

 

※追記 2018年6月15日現在仮想通貨市場全体の下落に伴い300円台に突入しました。全体的に仮想通貨相場が減少し仮想通貨投資をする仮想通貨人口も減り始めている時期であるためモナコインの責任ではありません。

 

私は発行上限を考えると今の価格は適正ではないかと思います。ですので短期的な利益は見込めませんが長期的な利益ならばあるいは...といったところでしょうか。何かアップデート的なイベントが起きなければ通貨は価格を維持するのが難しいです。ですのでモナコインの価格は開発元である2ちゃんねる(5ちゃんねる)の盛り上がりにかかっているといえますね。

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の最新ニュース

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)のチャート分析

#

上のチャートをご覧になっていただくとお分かりになるかと思いますがモナコイン(Monacoin・MONA)は2017年の10月から約2か月間の周期で価格上昇を繰り返しています。

 

これは約2か月間の周期で何かしらのイベントが発生してコミュニティが盛り上がりを見せているためでもあります。最後の価格上昇は2018年の4月23日ですので、2018年6月中旬現在そろそろ2か月が経とうとしています。

 

モナコインの価格はどのような動きを見せていくのでしょうか?Coinwallでは過去のチャートからトレンドやパターンを分析してモナコインの将来の相場を予想しています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)のチャート分析はこちら

2018年仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)を購入できるおすすめ仮想通貨取引所と購入方法

モナコインは(Monacoin・MONA)は国産通貨であるということもあり時価総額が同ランクの通貨たちに比べると国内では手に入れる機会が多く、たくさんの取引所が取り扱っています。

 

その中でも特におすすめなのがZaif(ザイフ)ですね。

運営会社: テックビューロ株式会社
資本金: 8億3013万円
事業者登録:

Img radar chart zaif

    取り扱い通貨豊富で、Zaifトークンや積立投資が魅力的な人気取引所

  • Ic check exchange point

    現物売買マイナス手数料

  • Ic check exchange point

    信用取引時の追証不要

  • Ic check exchange point

    仮想通貨積立投資ができる

-基軸通貨数(15種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto xemXEM Thumb crypto monaMONA Thumb crypto ethETH Thumb crypto bchBCH XCP ERC20 Mosaic BCY ZAIF SJCX FSCC CICC PEPE JPYZ
-手数料-
btc売上販売料(販売所) -0.01%
btc売上販売料(取引所) -0.01%
アルトコイン売買手数料 -0.01~0.3%
最低入出金額 最低入金額: ¥500円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥486~594円
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥350~756円
-詳細-
取引ツール Trading View
最大レバレッジ 25倍
入金方法 銀行振込コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.0001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

Zaif(ザイフ)にはマイナス手数料という独自の制度がありビットコインの取引に限りますが売買をすることでボーナスが受け取れます。

 

ただ成行注文では0.1%の手数料がかかってしまうことが玉に瑕といったところでしょうか。

もしもビットコインのマイナス手数料は必要ないという場合にはBitbank(ビットバンク)がおすすめです。Bitbank(ビットバンク)は現在取引手数料無料キャンペーンを実施中でザイフとは違い指値も成行も手数料が完全無料となっています。

運営会社: ビットバンク株式会社
資本金: 11億3100万円
事業者登録:

Img radar chart bitbank

    アルトコインを安く買うならビットバンク

  • Ic check exchange point

    BTC売買手数料がマイナス

  • Ic check exchange point

    アルトコインが板で売買できる

  • Ic check exchange point

    取引ツールでテクニカル分析をしながら運用できる

-基軸通貨数(6種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ltcLTC Thumb crypto xrpXRP Thumb crypto ethETH Thumb crypto monaMONA Thumb crypto bchBCH
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 無料
アルトコイン売買手数料 無料
最低入出金額 最低入金額: ¥1円~最低出金額: ¥1000円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥無料
日本円入金手数料
(振込入金)
無料
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥540~756円
-詳細-
取引ツール Trading view
最大レバレッジ 20倍
入金方法 銀行振込
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.0001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

どちらも優れた取引所ですのでどちらか一方というよりは目的に合わせて使い分けるような感じで利用していくことをおすすめします。

その他の大手取引所や海外取引所、おすすめ取引所などは以下の記事をご覧ください。

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)の海外取引所を含めた取引所を比較!

まとめ

今回の記事では2018年のモナコインの動向に焦点を当てて解説してきました。

 

モナコインは実用的な通貨ですがその人気は2ちゃんねるの盛り上がりにかかっているとも言えます。これはメリットであると同時にデメリットでもありますのでこれからモナコインが発展していくには如何に実用面で目立っていけるかということが大切になっていくでしょう。

関連記事

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)とは?特徴、買い方、チャート解説|Coinwall [コインウォール]

今回は、日本初で2ちゃんねる発祥のモナコイン(MONA・monacoin)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょうか。そんなモナコインはどんな仮想通貨なのか、その特徴やチャート、将来性、取引所での購入方法まで徹底解説していきます。

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!|Coinwall [コインウォール]

今回は仮想通貨Ripple(XRP・リップル)を紹介します。Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(リップルネット)上で取引可能にしています。そんなRippleですが、どんな仮想通貨なのか、高騰する可能性、その特徴やチャート、将来性、取引所での買い方など徹底解説します。

仮想通貨monacoin(モナコイン・MONA)のウォレット(wallet)について、種類、使い分けなどを徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨monacoin(モナコイン・MONA)のウォレット(wallet)について紹介します。monacoinでは、公式のモバイルウォレットに加えて、他にもいくつかのウォレットを使い分けることができます。普段使い用と管理用に分けて利用するのが良さそうです。それぞれのウォレットの種類、使い分けなど解説します。

モナコイン(MonaCoin)のマイニング方法について、やり方、採算、マイニングプール、ツールなどを解説!|Coinwall [コインウォール]

モナコイン(MonaCoin)のマイニングについて解説します。日本発の仮想通貨として注目度の高いMonaCoin。そんなMonaCoinを手に入れる方法として、「マイニング」というやり方があります。どんなマシンが必要なのか?どのような方法でやるのか?実際、儲かるのか?など解決していきます。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨モナコイン(MONA・monacoin)とは?特徴、買い方、チャート解説

今回は日本初で2ちゃんねる発祥のモナコイン(MONA・monacoin)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性をはあるのでしょうか。そんなmo…

2018/3/20

2018年 仮想通貨モナコイン(MONAM・onaCoin)の今後・将来性・価格はどうなる?モナコインのこれからを予想

今回はモナコイン(MONA・MonaCoin)の今後の将来性を紹介します。モナコインは2チャンネルを初めとするネット文化から発生した仮想通貨で、国内…

2018/4/29

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でのモナコイン購入方法を画像付きで詳しく解説します!

Zaif(ザイフ)は国内の大手仮想通貨取引所で、他の仮想通貨取引所と比較してもトップクラスに取引手数料が安く、ビットコインはもちろんのことアルトコイ…

2018/6/29

仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)のコミュニティを複数解説!

日本発の国産通貨で、投げ銭文化の普及に一役買っている仮想通貨モナコイン(Monacoin/MONA)は非常に強いコミュニティを持っています。コミュニ…

2018/6/19

仮想通貨MonaCoin(モナコイン/MONA)で決済できるサービス・使い方を解説!

日本発の国産通貨であり世界で初めてSegwitを実装した高性能な通貨でもあるMonaCoin(モナコイン/MONA)はネットショッピングからスポーツ…

2018/6/22

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)でのモナコイン購入方法を画像付きで解説!

BitTrade(ビットトレード)は国内の大手仮想通貨取引所です。BitTradeは仮想通貨交換業者として金融庁から認可されており、ビットコインを含…

2018/6/29

bitflyer(ビットフライヤー)でモナコインを入手する方法を解説!画像解説付き!

bitflyer(ビットフライヤー)は日本の仮想通貨取引所です。ビットコイン取引量が日本一であることは有名ですが、モナコインは購入できるのでしょうか…

2018/6/27