search_toggle

仮想通貨ビットコイン(BTC・Bitcoin)とは?

#

Bitcoin(BTC・ビットコイン)は世界で初めて分散型P2P(Peer to peer)ネットワークを実現したとされる仮想通貨です。分散型P2Pネットワークとは、中央機関を介さず直接個人間で取引を行う仕組みを指します。

 

ビットコインの始まりは2008年、リーマンショックなど既存の金融機関に対して世間の不信感が募っていた時期にサトシ・ナカモトと名乗る人物がネットに掲載した1つの論文でした。「取引の第三者である仲介者による取引制限の問題」という名の論文です。

 

その論文の中にはビットコインの決済システムが書かれており、従来の国際送金におけるコスト、かかる時間、複雑な手続き、送金成功の不確実性の解決策としてビットコインの決済システムを提案しています。その後、その論文を元に開発が始まり現在に至ります。

 

ビットコインは現在、仮想通貨の取引の基軸通貨としての役割を果たしています。他方、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれビットコインの欠点を補うようにして次々と生まれています。また、ビットコインは発行上限が設けられているなど金に似ている側面があることからデジタルゴールドと呼ばれることもあります。

ビットコインの詳細はコチラ

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    取引量・ユーザー数・資本金で国内第1位、国内最大級の取引所

  • Ic exchange rank 02

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 03

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

仮想通貨イーサリアム(ETH・Ethereum)とは?

#

イーサリアム(ETH・Ethereum)は仮想通貨市場の中で時価総額がビットコインに次いで第2位の仮想通貨です。ビットコインでは不可能な技術・機能が多く搭載しています。

 

イーサリアムの設計理念は『ブロックチェーンを利用した柔軟なアプリケーション作成プラットホーム』です。Ethereumはオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトであり、イーサリアム・プロジェクトによって開発が進められています。

 

Ethereumプラットフォームでは、分散型アプリケーション(DApps)スマートコントラクトの構築を可能にしています。イーサリアムのブロックチェーンを利用して誰でも分散型アプリケーションを作成する事ができる他、契約を人の手を介さず実行する仕組み(スマートコントラクト)を実行することができるのです。

 

これによって、トランザクションが速やかに実行され、契約自体をブロックチェーンで行えるという利点があります。

 

また、イーサリアムは当時19歳だったロシア人のヴィタリック・ブテリン氏が中心となって開発されました。 ビットコインの仕組みに関する論文を出したSatoshi Nakamotoは「実際どの人物なのか」「何人かの集団なのか」謎に包まれていますが、ヴィタリック氏に関してはある程度の情報が公開されているようです。2017年には来日したこともありました。

イーサリアムの詳細はコチラ

ビットコインとイーサリアムどちらがオススメ?

ビットコインとイーサリアムはどちらも時価総額1位・2位なので、取引量としてはどちらもそれなりに多く、投資の場合はその目的によります。

投機の視点:短期保有

投機・短期保有であれば、やはりビットコインの方が人気です。

 

仮想通貨全体の状況などはビットコインで例えられることが多く、実際にビットコインの価格にアルトコイン(イーサリアムを含む)が大きな影響を受けています。ビットコインの短期間投機・保有は値が動きやすいという点ではオススメとも言えますが、仮想通貨市場は基本的に予測することが難しく、ギャンブル性があります。その中でも仮想通貨市場の先頭を走るビットコインに投機することは、そのぶんのリスクを伴うのです。

投資の視点:長期保有① ビットコイン

ビットコインかイーサリアムに投資、つまり長期的に保有するのであれば、目的によって変わります。ビットコインとイーサリアムの特徴から考えましょう。

 

ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれるくらいですから、現時点では「金」のような役割をも持っています。

 

「金」同様、ビットコインは価値の尺度を測ることができ、価値貯蔵手段としても機能しているのです。これはまさしくビットコインには金融的な価値があることを指しています。また、ビットコインは発行上限が決まっている点でも希少性を生み出しているので、投資対象としては一番、安定性や信頼性があるものだと考えられます。

 

さらに、ビットコインには決済手段の役割もあります。トランザクション詰まりのスケーラビリティ問題はありますが、ライトニングネットワークの成功も発表もされているので、これから一般的に決済手段に使われる可能性が大きいです。「金」のような役割をもつ背景もあり、ビットコインはイーサリアムよりも決済手段としての役割が強いと言えるのです。

投資の視点:長期保有② イーサリアム

イーサリアムは機能性に優れ、ビットコインにはできないことが、イーサリアムのブロックチェーンでは可能になります。特に、分散型アプリケーション(DApps)スマートコントラクトの構築はブロックチェーン技術の中でもかなり革新的です。

 

分散型アプリケーションが開発されていけば、非中央集権的なアプリケーションが増えて、より民主的になりますし、スマートコントラクトが実用化されれば自動的な契約も可能な時代になっていきます。

 

このように、イーサリアムは一つのプラットフォームであり、「金」のようなの役割を持つビットコインとは大きく違っています。ブロックチェーンでの大きな革新的技術に期待しているならば、もしくは時代の主流となっていくと予想しているならば、イーサリアムの投資をオススメします。

 

ちなみに、発行上限は決まっていると思われがちですが、実際には完全に決まっていません。発行上限を変える権利を持っているので、変更される可能性があります。ビットコインのように開発もとが不明ではないため、バックグラウンドに様々な利権が絡んでいることも否定できないのがイーサリアムです。

まとめ

ビットコインとイーサリアムを比べる際に、多機能性であるイーサリアムの方が優秀であり、投資対象にふさわしいとされることが多いと感じます。

 

ですがビットコインには、ビットコインにしかない価値があり、プラスに考えることができるバックグラウンドが存在します。

 

この二つの仮想通貨を考えることは、仮想通貨のあり方を考えることにも繋がってきますので、皆さんももう一度考えてみてはいかがでしょうか。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨NEO(ネオ)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

NEO(ネオ)は、中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。なぜ中国版イーサリアムと呼ばれているのでしょうか?どちらもスマートコントラク…

2018/5/20

注目されるイーサリアムの将来性‐あのマイクロソフトやアマゾンなどの大企業が提携する理由とは?

ビットコインに次ぐ規模を誇る仮想通貨イーサリアムですが、その将来性に多くの企業が注目し、提携しているのをご存知ですか?実際マイクロソフトやアマゾンも…

2018/6/16

仮想通貨Aeternity(AE、エターニティ)の特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

Aeternity(AE、エターニティ)を紹介します。Aeternityはイーサリアムの高機能版とも言える仮想通貨で、スマートコントラクトの取引時間…

2018/3/27

1Satoshi(サトシ)っていくら?ビットコインの生みの親サトシナカモトとは?

Bitcoin(BTC・ビットコイン)には最小の単位が存在しているをご存知ですか?その単位はSatoshi(サトシ)です。ではこのSatoshiは何…

2018/6/3

Ripple(XRP・リップル)とEthereum(ETH・イーサリアム)の仮想通貨が証券にされる動き

今回はリップルとイーサリアムが金融・有価証券と見なされる動きについて解説します。時価総額2位でICOにも頻繁に用いられるイーサリアムと、国際送金に革…

2018/6/16

2018年仮想通貨Ethereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回はEthereum Classic(イーサリアムクラシック・ETC)の今後を予想します。Ethereum Classicはイーサリアムと分裂した…

2018/5/7

Qtum(クアンタム/QTUM)とは?特徴、買い方、将来性を徹底解説!

今回紹介するのはQtum(クアンタム/QTUM)です。ビットコインとイーサリアムのハイブリット!?どんな機能の仮想通貨なのか、高騰する可能性はあるの…

2018/3/13