search_toggle

仮想通貨市場が価格操作されている? 米司法省が捜査開始

5月24日、Bloombergに米司法省が仮想通貨市場の価格操作に関して刑事捜査を開始し、監視を強化することになったと報じられました。

 

関係者によると、「スプーフィング」「ウォッシュトレード」といった違法操作が行われている可能性について重点的に捜査しているようです。

 

スプーフィングとは、購入する意志なく大量に指値注文し直後にキャンセルすることで取引が活発に行われているように見せかける行為のことです。

日本では「見せ玉」とも呼ばれます。

購入する意志があったが否かを確認するのは非常に困難であるため摘発も少ないといわれます。

 

一方、ウォッシュトレードとは仮装売買とも呼ばれ実態を伴わない架空の取引を行うことで取引高を増やしたりする行為のことです。

 

この報道によって、ビットコイン相場は更に下落しました。

#

2018年に入りビットコイン相場は下落傾向(弱気相場)にあったことが上のチャートからも見て取れます。

 

では、2018年末にはどれくらいの値になるのでしょうか?

投資家やWebbot、これまでとこれからの動向を見ていきましょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

2018年、Bitcoin(BTC・ビットコイン)の今後はどうなる?〜著名投資家らによる2018年末の価格予想〜

#

まず、著名投資家として以下2名の予想を見ていきましょう。

 

1.ロニーモアス(株式予想サービス StandpointResearch社 CEO)

一時期信頼できるアナリストランキングで1位を獲得したロニーモアス氏は、2018年末までに1BTC =28000ドル≒約306万円に達すると予想しています。

(中には、1BTC≒約400万円と予想する投資家もいます。)

 

2.ジェームズスリッカー(金融分析会社メラグリム 戦略ディレクター)

一方、上記二人と異なる見解を示しているのがジェームズスリッカー氏です。

彼は1BTC=200ドル≒約2.2万円になる可能性もあるという予想を建てています。

 

つまり、著名投資家の間でもビットコイン価格が上昇するか下降するかについては意見が別れているのです。

2018年、Bitcoin(BTC・ビットコイン)の今後はどうなる?〜AI:Webbotによる2018年末の価格予想〜

#

では、人ではなく機械はどのように予想しているのでしょうか

 

今回はWebbotの価格予想を参考にしたいと思います。

Webbotは、元マイクロソフト社社員のクリフハイ氏がつくった将来を予想するAIです。

 

具体的にはFacebookなどSNSの書き込みから、人々の感情を読み取ることで価格分析・予想を行っているようです。

NEOが1月に価格上昇することを見事的中させるなど信頼度は高いAIだと思います。

(外している予想もあるので絶対当たるわけではないですが…)

 

そんなWebbotはBitcoin(BTC・ビットコイン)価格について

2018年末には1BTC=1100万に到達すると予想しています。

上記のロニーモアス氏を大幅に上回るかなり強気な予想です。

 

ちなみに、2018年の2月には1BTC=150万円を達すると予想していますが外しています。

2018年、Bitcoin(BTC・ビットコイン)の今後はどうなる?〜念頭に置くべき事象〜

人、機械とBitcoin(BTC・ビットコイン)価格予想を見てきましたが自分で予想するとしたらどのような事象を念頭に置いたらよいのでしょうか?

以下ビットコインの価格予想に影響するであろう事象をポジティブ要因とネガティブ要因に分け、いくつかとりあげてみます。

#

ポジティブ要因① 企業の進出

仮想通貨に対して各国政府が規制を強める一方、企業は仮想通貨に対して門戸を開き始めています

 

例えば、Googleは仮想通貨リップルに投資をしていますし、技術的には仮想通貨決済に対応できる状態にあります。

よって、Google世界トップ企業が決済手段として仮想通貨対応開始による仮想通貨全体の価格高騰、それに伴うBitcoin(BTC・ビットコイン)価格の上昇も見込まれるのではないのでしょうか。

ポジティブ要因② 2020年に半減期が訪れる

Bitcoin(BTC・ビットコイン)は、2020年に半減期を迎えると予測されています

PoW方式を採用する仮想通貨は半減期前、価格が急上昇するという傾向があります。

 

半減期は2020年に到来すると予想されているので時期尚早と思われるかもしれません。

しかし、マイニング技術の向上により2020年よりも前に半減期が来るのではないかという見方がされています。

また、今では多くの人が半減期について認識しているため価格予想の際少し念頭に置いてもよいのではないでしょうか。

半減期についてはコチラ
#

ネガティブ要因① 各国の仮想通貨規制

現在、世界的に仮想通貨に対する規制が強化される風潮があります

 

例えば、ドイツ連邦銀行総裁は仮想通貨には国際的協力による規制が必要と発言しました。

また、仮想通貨の肝でもあるマイニングの大部分を担っている仮想通貨大国中国は今年に入りマイナーに対して電力消費量の制限を科すなど規制が敷かれました。

今月はカナダとアメリカとアメリカが仮想通貨規制に関する「OperationCryptoweep」を発表しビットコイン価格も影響を受けています。

 

2018年はすでに仮想通貨に対する規制の風潮があった2017年よりも規制が更に強化される見込みです。

この傾向は、仮想通貨に対して比較的寛容であったとされる日本でさえ金融庁が方針転換を図ったことからも伺えます。

ネガティブ要因② アルトコインの台頭

仮想通貨にはBitcoin(BTC・ビットコイン)の他にイーサリアムをはじめとしたアルトコインが多く存在しています。

アルトコインはもともとビットコインの欠点を補うよう作られているため、ビットコインの立場を危うくする可能性があります。

 

例えば、ビットコインは短い送金時間と安い手数料が魅力でしたが現在ではむしろリップル等他のアルトコインの方が短く安い送金を可能にしています

このように、ビットコインを超えるアルトコインの登場によって送金手段としてのビットコイン需要が下がる可能性も考えられます。

まとめ

以上、Bitcoin(BTC・ビットコイン)が2018年にどうなるかについて見てきましたがいかがだったでしょうか?

 

現在は下落傾向のビットコインですが、昨年価格が高騰した際も数日の内に起きた出来事であったため2018年末には高騰しているかもしれません。

逆に、2018年末までこのまま下落傾向が続くかもしれません。

 

著名な投資家やAIの予想を見てもわかるように、価格予想は非常に難しいものです。

そのため、各国や企業の仮想通貨に対する動向などを逐一把握していくのが重要なのではないでしょうか。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨の市場規模は今どうなのか?これからどうなるのか?市場規模の概念から徹底解説

2017年、驚く速さで急成長を見せた仮想通貨市場ですが現在その市場規模はどのくらいになっているのでしょうか?今回は、仮想通貨市場の市場規模が何を指し…

2018/7/16

ビットコインのドミナンスとは?〜意味から活用方法まで詳しく解説〜

ビットコイン取引を行う上ではチャートの値動きだけでなくドミナンスについて見ておくことも重要です。仮想通貨市場におけるビットコインドミナンスの意味や、…

2018/6/5

Roger Ver(ロジャー・バー)とは?「ビットコインの神」と呼ばれる理由と市場への影響力をご紹介!

ビットコイン市場で「ビットコインの神(ビットコイン・ジーザス)」の名を持つRoger Ver(ロジャー・バー)をご存知ですか?本記事ではRoger …

2018/6/22

【KAZMAXインタビュー!!】~仮想通貨トレードと市場のこれから~

最近Twitterで話題沸騰中の仮想通貨トレーダー・金融トレーダーのKAZMAXさんにインタビューの機会をいただきました。参入三ヶ月で月利+5億円を…

2018/5/7

ビットコインの先物取引の特徴は?〜価格への影響まで詳しく解説〜

昨年末、先物取引が大手取引所で扱われたことでビットコイン価格は高騰しました。しかし、今年に入りビットコイン価格が下落しているのもビットコイン先物取引…

2018/6/10

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の5年後・10年後は?価格変動を予想!

今回はRipple(XRP・リップル)の5年後や10年後の価格変動について解説します。リップルは5年後から10年後にかけて仮想通貨市場の上昇とともに…

2018/6/19

IOTAにはマイニングがない?!〜IOTAの取引承認方法を詳しく解説〜

IoTに特化した仮想通貨として注目を集めるIOTA。IOTAがIoTに特化できる理由にはマイニングがないことが挙げられます。取引を承認するという重要…

2018/5/7