search_toggle
仮想通貨DeepOnionとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

DeepOnion(ディープオニオン/ONION)

20.8027 JPY

前日比

3.32%

前週比

8.85%

0.188049 USD

前日比

3.32%

前週比

8.85%

0.00004959 BTC

前日比

3.777%

前週比

-0.566%

仮想通貨DeepOnionの基本データ

・通貨名:DeepOnion(ONION)

 

・取引開始日:2017812

 

・発行上限:25,000,000 ONION

 

・現在の流通量:11,929,401 ONION20183月時点)

 

・時価総額: $23,052,732 USD 20183月時点)

 

・コンセンサスアルゴリズム:PoWPoSのハイブリッド

 

・ブロック生成時間:350

 

・公式サイト:https://deeponion.org/ja/

 

・ソースコード:https://github.com/deeponion/deeponion

 

・ホワイトペーパー:https://deeponion.org/White-Paper.pdf

 

・フォーラム(Bitcoin Forum):https://bitcointalk.org/index.php?topic=2683530.0

 

Explorer(取引詳細):https://prohashing.com/explorer/Deeponion/

 

twitterhttps://twitter.com/deeponionx

 

Facebookhttps://www.facebook.com/deeponionx

 

Youtubehttps://www.youtube.com/deeponion

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨DeepOnionの有用性 -暗号通貨ユーザのプライバシー向上が目的-

#

仮想通貨DeepOnionONION,ディープオニオン)は、*TORネットワークと統合された匿名の暗号化方式プラットフォームを構築する通貨です。 

 

暗号通貨ユーザーのプライバシーレベルを高め、他の法的・違法な組織によるハッキングや攻撃の可能性を減らす目的で作られました。

 

TORネットワーク:英語名で「The Onion Router」の頭文字を取ってつけられています。インターネットに接続するための経路を匿名化するための規格です。

 

以下、詳しく見ていきましょう。

サービス面①-安全性の高いトランザクション-

#

安全性の高いウォレットは、 ユーザーの個人情報等を政府機関やあらゆるハッカーより安全に保つように設計されています。

サービス面②-追跡不可能の支払い-

匿名で支払いを送受信し、あなたの身元を隠します。すべてのトランザクションはTORネットワークを介して送信されます。

サービス面③-即時の支払い確認が可能に-

支払いを即時に送受信します。支払い確認を受け取るまで数分または数時間待つ必要がなくなりました。

サービス面④-Cryptopiaでの簡単な売買が可能-

#

DeepOnionは安全性の高い取引所に上場されており、DeepOnionの通貨を簡単に売買することができます。

サービス面⑤-安全で多彩なウォレットの利用が可能-

WindowsMac・Linux用の安全なウォレットがあります。

サービス面⑥-通貨を無料配布-

*AirDropを用いて、DeepOnionは40回の無料配布が行われています。

 

※AirDropとは?

簡単に言えば、「無料(タダ)で暗号通貨やトークンが貰える」ことです。

これだけ聞くと、美味しい話に聞こえますが、何点か条件をクリアしなければならないことが多く、さらに危険が伴うこともあるので注意して参加しましょう。

技術面①-DeepVaultで安全性を担保-

DeepVaultとは、ブロックチェーン上における情報蓄積機能です。

 

DeepVaultでは、データが一生変更不可となっていて、具体的に言うとOnion利用者がブロックチェーン上に認証情報(ファイルのハッシュ値)を蓄積できるようになっています。

 

つまり、利用者がファイルの整合性を確認できるということなので、明らかなメリットとなります。ファイルのハッシュ値が変更された場合、ファイル自体が変更されたか破壊されたということになります。

 

このツールは、利用者の重要な情報が安全な状態にあり、不正に改ざんされていないかどうか確かめる際に有用となります。

技術面②-リワードシステムを用いてコミュニティの活性化を図る-

#

DeepOnionでは、DeepOnionの発展に貢献するため役立つ書き込みをしたり、宣伝になるような情報を発信してくれている活動的な利用者への感謝を示すリワードシステムを設けています。

 

具体的には、利用者がDeepOnionの活動に関するメディアを作成し、オーディエンスから「いいね」を得た際にDeepPoint(ディープポイント)を付与しています。

 

そして貯まったDeepPointsは毎週日曜日にONIONと交換することが可能です。

 

さらに、今後VoteCentralというシステムを構築し、

DeepOnionの開発にユーザが関わり・貢献した場合、リワードを付与するということが行われる予定です。

仮想通貨DeepOnionのマイルストーン・今後

#

2018年第1四半期-DeepOnionの広報と地盤生成-

  • DeepOnion Vote Central運用開始

ONION利用者が新しい開発に関しする投票権を持つことができ、将来の開発に関して意見を出すことができるようになります。

 

  • 動画やマーケティングの広報担当を採用

Mobile Device Wallets(モバイルデバイスウォレット)運用開始

*iOS・アンドロイドに対応予定

 

  • WhitePaperの発行

2018年第2四半期-取引量を増やしていく-

  • エアードロップおよび通貨配布を完了

1,250万のコインが自由に流通する。

 

  • ONIONの取引可能な仮想通貨取引所を増加

 

  • ONION使用可能なショッピングサイトを増加

 

  • ONIONをゲームに実装

 

  • DeepSend(ディープセンド)運用開始

仮想通貨ブロックチェーンにおける匿名化技術の進化

2018年第3四半期以降

  • ゼロ知識証明を推進

 

  • スマートコントラクト推進

 

  • メインストリーム・メディア・アクション

仮想通貨DeepOnionのチャート・将来性

チャート分析

#

2018年1月7日に、価格が7.26USD/ONION→17.54USD/ONIONとなっています。

 

これは、TwitterでDeepOnionがプライバシーの保護において高評価をもらい、市場の期待が高まったからだと思われます。

#

将来性

しばらくは、昇降を繰り返すのではないかと考えられます。

 

というのも、まだ周知されていない周辺サービスが少ない取引が活発でない

現状があるからです。

 

利用できるサービスの拡充匿名性(プライバシー)における強固さの広報がなされた時に価格が上昇するのではないかと思います。

仮想通貨DeepOnionが購入できるおすすめ取引所と買い方

仮想通貨DeepOnionの購入は、海外取引所であるKucoinで可能です。 購入方法は以下の通りです。 1. Zaif(ザイフ)やBitflyer(ビットフライヤー)などの国内取引所に登録 2. 国内取引所でビットコインを購入する 3.Kucoinに登録する 4. 登録した海外取引所Kucoinにビットコインを送金する 5.DeepOnionを購入する

仮想通貨DeepOnionのウォレット

#

DeepOnionでは、ウォレットが提供されています。

ソフトウェアは、Windows・MAC・Linuxに対応しています。

仮想通貨DeepOnionの最新ニュース・twitter情報

2018/3/24 Coin Control Feature Tutorialを作成

DeepOnionの使い方が紹介されています。

↓リアルタイム情報はこちら

仮想通貨DeepOnionのまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。 仮想通貨DeepOnionの特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

 

匿名性に関しては、市場からの評価も高いことが伺えますが、

具体的なサービスが未だ不透明故に、今後の動きがわからない仮想通貨とも言えますね。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Riseとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はRise(ライズ)を紹介します。RiseはLisk(リスク)からハードフォークした存在で、分散型アプリケーション・スマートコントラクトの作成・…

2018/4/16

2018年仮想通貨Verge(ヴァージ・XVG)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回は仮想通貨Verge(ヴァージ・XVG)の今後を予想します。Vergeは、匿名性を備えた、プライバシーとセキュリティに特化した仮想通貨です。4月…

2018/4/27

Verge(ヴァージ/XVG)とは?匿名通貨としての特徴・歴史・リスクなど徹底解説!

今回はVerge(ヴァージ/XVG)を紹介します。Vergeはプライバシーとセキュリティに特化しDashのような匿名性を備えた仮想通貨です。ビットコ…

2018/2/16

仮想通貨Lindacoin(LINDA・リンダコイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は仮想通貨Lindacoin(LINDA・リンダコイン)を紹介します。Lindacoinはマスターノードによって、完全な匿名性かつ高速で安全なト…

2018/4/17

仮想通貨Phore(PHR)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はPhore(PHR)を紹介します。Phore(PHR)はクラウドファンディングができるプラットフォームを提供します。そんなPhore(PHR)…

2018/4/17

DAPSとは?PeepCoin(ピープコイン/PCN)からスワップ可能?新トークンの正体を徹底解説!

DAPSは仮想通貨PeepCoin(ピープコイン/PCN)から刷新された新プロジェクトであり、基本データが次々と明らかになったことで注目を集めました…

2018/5/21

Embercoin(EMB・エンバーコイン)の特徴、将来性、取引所を徹底解説

今回紹介する仮想通貨は、Embercoin(EMB・エンバーコイン)です。PoB方式やPoL方式など、他の仮想通貨ではあまり見られない特徴を持ったE…

2018/3/6