search_toggle

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)とは?特徴は?

#

Ethereum(イーサリアム)は仮想通貨市場の中で時価総額がビットコインに次いで第2位の仮想通貨です。イーサリアムの設計理念は『ブロックチェーンを利用した柔軟なアプリケーション作成プラットホーム』です。

 

Ethereumとは、分散型アプリケーションスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームの名称でもあるのです。イーサリアムプロジェクトによって現在も開発が進められています。

 

ビットコインと大きく異なるイーサリアムの特徴は、アプリケーション作成のプラットホームであるということです。イーサリアムのブロックチェーンを利用して、誰でもアプリケーションを作成する事が可能にっています。

 

さらに、契約を人の手を介さず実行する仕組み(スマートコントラクト)を実装しています。これによってトランザクションが速やかに実行されるだけでなく、契約自体をブロックチェーンで行えるという利点があります。

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)の詳細はコチラ
スマートコントラクトの詳細はコチラ

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Lisk(リスク)とは?特徴は?

#

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)はイーサリアムと同じく、主に分散型のアプリケーションプラットフォームを提供する仮想通貨システムです。分散型アプリケーション作成のプラットホームであり、もちろんスマートコントラクトも実装されています。

 

このLiskプラットフォーム上で、ブロックチェーンの特性を生かした様々なアプリケーションが提供されることが期待されています。

 

このことからわかる通り、イーサリアムはLiskの最大の競合であり、イーサリアムとLiskの比較を具体的に行わなければなりません。

仮想通貨Lisk(リスク)の詳細はコチラ

Lisk(リスク)とEthereum(イーサリアム)を比較!違いはあるのか?

#

イーサリアムとLisk(リスク)は同じ性質を持つ通貨として良く比べられることが多いです。その理由は、どちらも『スマートコントラクトを実装した分散型アプリケーションプラットフォーム』であるからです。

 

では逆にLiskがイーサリアムと異なる部分は何なのでしょうか。

  1. プログラミング言語
  2. 分散型アプリケーションを構成するチェーン(スマートコントラクトを行う場所)
  3. コンセンサスアルゴリズム(ブロック承認方法)

以下異なる点を解説していきます。

プログラミング言語が違う

Lisk(リスク)とイーサリアムの1つ目の違いは、開発言語(プログラミング言語)の違いです。イーサリアムでは、「Solidity」という開発言語が使われていて、これはイーサリアムのために作られた独自言語となっています。それに対してLiskでは「JavaScript」を用いています。

 

この二つの言語の違いは、開発者の参加ハードルの大きさを決めます。「Solidity」はもともと扱える人が少ないため、Ethereumプラットフォームに参加するためには新たに「Solidity」の言語を覚えなくてはなりませんでした。

 

一方Liskプラットフォームに参加する場合は、一般的に普及している「JavaScript」を用いて開発することができるので、参加のハードルが低く比較的多くの人が扱えることになります。

メインチェーンとサイドチェーン

Lisk(リスク)とイーサリアムの2つ目の違いは、分散型アプリケーション(DApps)を構成するブロックチェーンの種類の違いです。

 

イーサリアムではメインのブロックチェーン(メインチェーン)をそのまま使用しています。分散型アプリケーションを開発する際は、イーサリアムのメインチェーン内で直接構成されることになります。

 

一方Liskでは、メインチェーンとそれに接続されたサイドチェーンの2つを使用することができます。分散型アプリケーションを開発する際は、このサイドチェーンに構成されるので、メインチェーンとは別々のチェーン別れています。

サイドチェーンが解決する問題

サイドチェーンを利用することによって、スケーラビリティ問題とセキュリティ上の問題を解決することができます。

 

 

・スケーラビリティ問題

メインチェーンで全ての処理が行われることで、取引量(トランザクション)が増加するほどその取引の承認にコスト(時間、電力費用)がかかってしまう問題をスケーラビリティ問題といいます。

 

Liskではメインチェーンではないサイドチェーンごとにブロックチェーンアプリケーションを構成させることで、メインチェーンに負荷をかけず、取引時間を短縮、ブロック認証サイクルは10秒を達成しています

 

 

・セキュリティ上の問題

イーサリアムでは、メインチェーン上にスマートコントラクトを実装しているので、そのスマートコントラクトにミスがあった場合、「改ざん不能」という性質を逆手に取られて不正が行われるというリスクがあります。

 

Liskでは、サイドチェーンごとにアプリケーションを構成しスマートコントラクトを行うので、問題のあったサイドチェーンを切り離すことで被害を最小限に止めることができます。この点で言えば、Liskのサイドチェーンは高レベルのセキュリティを実現していると言えます。

コンセンサスアルゴリズム・ブロック承認方法が違う

Lisk(リスク)とイーサリアムの3つ目の違いは、合意形成アルゴリズム(コンセンサスアルゴリズム)の違いです。

 

イーサリアムはPoWを採用していましたが、上記コスト面での損失を抑えるため、PoSアルゴリズムへと移行しました。

 

一方Liskは、合意形成アルゴリズムにDPoSアルゴリズムを採用しています。DPoSアルゴリズムとはDelegated Proof of Stakeの略称で、一般的なPoSシステムの改変版です。

 

一般的なPoSシステムは仮想通貨の保有者全員に鋳造権があるのに対し、DPoSでは仮想通貨の保有者によって投票(vote)された一部の人が通貨を鋳造します。

Liskにおいてその鋳造者は101人おり、鋳造によって手数料と新規鋳造のLisk(LSK)を得ることができます。

 

DPoSの利点として、

・取引速度が速い

・民主的である

ということが挙げられます。

 

・取引速度が速い

莫大なマシンパワーを使用するPoWや保有者全体に割り振られるPoSと比べ、処理をする絶対量が少ないので取引速度を早くすることができます。そのため、電力消費量も抑えられます

 

民主的である

現状数カ所のみでマイニングしているビットコインに比べ、101人で鋳造しているLiskはより参加人数が多く民主的であり、その分不正などが行われにくくなっています

Lisk(リスク)のVOTEについてはコチラ

DPoSアルゴリズムが抱える構造的な脆弱性・デメリット

しかし一方で、DPoSアルゴリズムが抱える構造的な脆弱性が存在します。

 

・現在利用可能なLisk(リスク)のうちの約20%を保有することで、101人の投票枠を抑えることができて、個人グループによって彼らの好きなようにできてしまう恐れがある。このように投票枠を独占されてしまうと、新たな立候補者が出てきにくくなってしまう。

 

・そもそも投票するのにコストがかかり、元をとるには時間がかかる。さらにある程度のLSKを所持していなければならない。

 

・投票数は投票者の所持Liskに比例しますが、それも独占につながる可能性がある。

 

101人の代表者がフォージングをやめると、新たにLiskが発行されなくなる。

まとめ

#

Liskとイーサリアムの比較はいかがでしたか?

 

Liskはイーサリアムの問題点を解決するプラットフォームなのですが、イーサリアムのコミュニティの大きさや規模に比べるとまだまだLiskが拡大するのは難しいようです。

 

また、サイドチェーンにも様々な問題が隠れているので、そちらも解決していく必要がありそうです。

Lisk(リスク)の今後についてはコチラ
Lisk(リスク)の「Lisk core 1.0」についてはコチラ

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

イーサリアム(Ethereum)とリスク(Lisk)の違いを丁寧に解説!使用するプログラミング言語が違う?

本記事では、イーサリアム(ethereum)とリスク(Lisk)の違いを丁寧に解説していきます。イーサリアムとリスクの基本情報・仕組みの違いを紐解き…

2018/6/20

仮想通貨NEO(ネオ)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

NEO(ネオ)は、中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。なぜ中国版イーサリアムと呼ばれているのでしょうか?どちらもスマートコントラク…

2018/5/20

仮想通貨Lisk(LSK、リスク)とは?特徴・将来性・チャート・ニュース・2018年の価格予想

分散型のプラットフォーム系仮想通貨Lisk(LSK・リスク)。Ethereumにも並ぶとされるLiskについて、特徴やチャート、今後、取引所、将来性…

2018/4/10

Liskのcore1.0β版が遂にリリース! 今後のアップデートはいつ?

Liskのcore1.0β版が3度の延期を経て遂にリリースされました。今後もSDK配布や分散型取引所実装など多くのアップデートを控えていますが、それ…

2018/5/27

2018年仮想通貨Lisk(リスク・LSK)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回は分散型アプリケーション開発プラットフォームでもある仮想通貨Lisk(リスク・LSK)の最新ニュース、将来性、今後の価格について解説していきます…

2018/5/20

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)でVOTEすると毎月LSKがもらえる?VOTEとは?徹底解説!

分散型プラットフォームの仮想通貨Lisk(LSK・リスク)は、Ethereumにも並ぶとされる流行りの通貨です。今回は、LiskのVOTEシステムに…

2018/5/20

イーサリアムのCasper(キャスパー)について解説!キャスパーはPoSの一種?

今回はイーサリアムに実装予定のCasper(キャスパー)について解説します!イーサリアムには4段階のハードフォーク予定がありその最終段階で実装される…

2018/6/16