search_toggle
仮想通貨Burst(burst・バースト)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など徹底解説!

Burst(バースト/BURST)

0.491067 JPY

前日比

4.47%

前週比

-14.06%

0.00443906 USD

前日比

4.47%

前週比

-14.06%

0.00000117 BTC

前日比

4.932%

前週比

-21.494%

Burstcoin(バーストコイン)とは?

 ・通貨名:Burst(BURST)
 ・取引開始日:2014年6月12日
 ・発行上限:2,158,812,800 BURST
 ・現在の流通量:1,783,040,634 BURST(2018年2月時点)
 ・時価総額:$217,318,744(2018年2月時点)
 ・ブロック認証サイクル:4分
 ・コンセンサスアルゴリズム:PoC
 ・公式サイト:http://www.burst-team.us/
 ・ソースコード:https://github.com/burst-team (gitub)
 ・ホワイトペーパー:https://eprint.iacr.org/2015/528.pdf
 ・Blockchain Explorer(取引詳細):http://burstcoin.biz/stats/
 ・公式フォーラム:https://forums.burst-team.us/
 ・twitter:https://twitter.com/tenxwallet
 

Burstcoin(バーストコイン)は、ブロックチェーンに基づくデジタル暗号通貨および支払いシステムです。

Burstcoin(バーストコイン)は、ビットコインの後継者のような形で、2014年8月10日にNxt(ネクスト)ベースの通貨としてビットコインフォーラムに投稿されています。

Burstcoin(バーストコイン)は、マイナーがエネルギーのかかる永続的で複雑な計算方法の代わりにHDDの空き容量を使用する、Proof of Capacity(PoC)と呼ばれるアルゴリズムを使用して採掘されます。エネルギー効率がかなり良いマイニング方法として注目されています。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

Burstcoin(バーストコイン)の特徴

Burstcoin(バーストコイン)のコンセンサスアルゴリズムはPoCを利用している

まず仮想通貨業界にPoCという言葉が2つ存在してしまっているので、そこの違いを説明します。Burstcoin(バーストコイン)のコンセンサスアルゴリズムであるPoCはProof of Capacityの略であり、Ripple(リップル)はPoC(Proof of Consensus)です。
CapacityとConsensusであり、全くの別物なので、気を付けてください!
以下登場するPoCは全てCapacityのCです。ご注意ください。

Burstcoin(バーストコイン)はHDDの空き容量を用いたマイニング

#

Burstcoin(バーストコイン)のPoCはHDD(ハードディスクドライブ)の空き容量を用いて、マイニングすることができます。家庭用のパソコンでマイニングができるので、とても効率的です。ビットコインの400分の1です。すごいですよね。

Burstcoin(バーストコイン)のマイニングはかなりのエコマイニングです

エネルギー効率がビットコインの400分の1しかかからずマイニングができるので、かなりエコマイニングです。

ビットコイン1個の取引に必要なエネルギーは家1軒の電力1ヶ月分に値するようです。

これはまた異常な値ですが、Burstcoin(バーストコイン)は400分の1に抑えられているので、Burstcoin(バーストコイン)1個の取引は家1軒の電力1.8時間分の消費に抑えられています。

Burstcoin(バーストコイン)地球に優しい仮想通貨と言えますね。

伝説のプログラマー ブラム・コーエン登場

ブラム・コーエンは伝説のプログラマーであり、ビットコインのマイニングに必要な大量の電力問題を解決しようとしています。
そのために彼はすでに Chia Networkという会社も立ち上げているほどの人です。
ビットコインが採用している電力消費型のProof of Workではなく、Proof of Time とProof of Storage という手法を用いるために会社を作るくらいにビットコインの電力を重視しています。
彼はビットコインにおいて、地球環境への影響と安価な電力にアクセスできる少数のマイナーたちがもつ巨大な影響力から生じる不安定性の2点が不安だと述べています。
彼がこのビットコインの抱える2つの問題を解決に導いて行くでしょう。

仮想通貨Burstcoin(バーストコイン)はNXT(ネクスト)をベースに作られた

仮想通貨Burstcoin(バーストコイン)とNXT(ネクスト)は作られた目的が似ています。
2つとも、ビットコインの欠点を補うように作られています。

ビットコインはマイニングをするのに、大量の電力を消費しています。そこを改善すべくしてまず現れたのが、NXT (ネクスト)です。

名前もビットコインの次のネクストという意味合いで、NXTにしています。NXT(ネクスト)はコンセンサスアルゴリズムにPoSを利用しています。そうすることで、マイニングによる電力消費量をかなり抑えられます。

Burstcoin(バーストコイン)は電力消費を抑えるために独自のアルゴリズムであるPoCを開発し、その上で参考にしたのがNXT(ネクスト)だったというわけですね。

2つともビットコインマイニングの課題であった電力消費量を抑えるべくして作られたもので二酸化炭素排出量も少ないので、地球に優しいですね。

Burstcoin(バーストコイン)はビットコイン2.0と呼ばれている

#

Burstcoin(バーストコイン)はビットコイン2.0と呼ばれています。
ビットコイン2.0とはビットコインの持つブロックチェーンといった技術を応用し、通貨としての役割以上の機能を持たせた次世代型仮想通貨のことを言います。
ビットコイン2.0として有名なところで言えばイーサリアムやリップルが挙げられます。
Burstcoin(バーストコイン)もビットコインの持つ機能を活かしながら、消費電力というところを解決するべく作られた仮想通貨ですので、立派にビットコイン2.0と呼ぶことはできます。

Burstcoin(バーストコイン)は開発者が不明

Burstcoin(バーストコイン)を開発したのはBurstcoin氏なのですが、そのBurstcoin氏が開発しておよそ1年が経過した日に行方が不明になってしまっています。

そしたら今どうなっているの?と思う方も多いと思いますが、その時にいたコミュニティの人たちによって研究と開発が続けられてるので安心です。

Burstcoin(バーストコイン)のWallet(ウォレット)

Burstcoin(バーストコイン)のウォレットは管理とマイニングが両方できる優れもののWallet(ウォレット)です。
公式ホームページからダウンロードできます。

Burstcoin(バーストコイン)のトランザクションは自動化

Burstcoin(バーストコイン)はトランザクションが自動化されています。
トランザクションとは契約のことで、仮想通貨を送金する際に必要になってきます。
仮想通貨を送金する際に電子サインというものが必要になってきますが、この電子サインのやりとりがトランザクション です。

これが自動化されることで、不正が起きなくなり、安全性が高まります。

Burstcoin(バーストコイン)の歴史

#

Burstcoin(バーストコイン)の最も大きい歴史といえば、開発者が開発して一年経ったら、行方不明になってしまったことでしょう。

企業の成長にはコミュニケーションが欠かせません。
なのでこの先、Burstcoin(バーストコイン)がさらに繁栄していくためには、コミュニケーションの形成が欠かせないのですが、開発者がいなくなってしまっては不安が残りますよね。
今は、開発当初のメンバーがコミュニティーの主となっているのですが、これからもっと本格的にコミュニケーションの形成に力を注ぐべきでしょう。

Burstcoin(バーストコイン)のマイルストーン・将来性

#

近い将来

・ ウォレットのインターフェースを改善することでユーザビリティを向上
・coinpayment.netなどの支払いでBurstcoin(バーストコイン)が利用可能になり、さらに、その他多くの取引所への上場を増やす

未来

・ Java以外の言語で書かれた新しいウォレットソフトウェアを作成することでエンド・ユーザーの柔軟性が向上
・ 大規模なプロモーションキャンペーン広告を実施

Burstcoin(バーストコイン)のチャート

#

2017年6月と2018年1月に上昇をみせています。
Burstcoin(バーストコイン)はスマートコントラクトの導入をイーサリアムよりも先にしているにも関わらず、イーサリアムが有名になりすぎているがために、埋もれてしまっている感があります。
Burstcoin(バーストコイン)は採用しているアルゴリズムも面白く、安全性も高いですが独自性が足りていないです。

将来、Burstcoin(バーストコイン)独自の開発が登場した時、暴騰する可能性もありますので、随時ニュースなど、チェックしておくことをお勧めします。

#

Burstcoin(バーストコイン)が購入できるおすすめ取引所と購入方法


Burstcoin(バーストコイン)を購入するには、海外取引所であるPloniex,Bittrexから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

1. Coincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録。(Coincheck、Bitflyerの登録方法はこちら

2. 国内取引所でビットコインを購入する

3. Ploniex,Bittrexのいずれかの海外取引所に登録する

4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する

5.Burstcoin(バーストコイン)を購入する


Burstcoin(バーストコイン)を購入するには、海外取引所であるPloniex,Bittrexから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。

1. Coincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録。

2. 国内取引所でビットコインを購入する

3. Ploniex,Bittrexのいずれかの海外取引所に登録する

4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する

5.Burstcoin(バーストコイン)を購入する

bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら
Poloniex(ポロニエックス)の無料登録はこちら
Bittrex(ビットトレックス)の無料登録はこちら

まとめ

今回はBurstcoin(バーストコイン)の特徴・歴史・マイルストーン・将来性・購入方法・お勧めする取引所を紹介してきました。如何でしたでしょうか。
Burstcoin(バーストコイン)はPoC(Proof of Capacity)という新しい概念など、マイニング による電気消費量がビットコインの400分の1であり、地球にとても優しかったりと、魅力溢れる仮想通貨です。

今はイーサリアムの影に埋もれてしまっていますが、これからどうなっていくかは分かりません。コミュニティの形成に力を入れていない段階でもこれほどエキサイティングなことをできているので、コミュニティができた時にはまた新たな開発がなされるかもしれません。
Burstcoin(バーストコイン)は期待できる仮想通貨ですね。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨GridCoin(グリッドコイン)とは?GridCoinの特徴、将来性、取引所を徹底解説!

マイニングで無駄に消費されてきたと思われるエネルギーを新しいマイニング手法によって解決を測ろうとしているのが仮想通貨GridCoin(グリッドコイン…

2018/3/24

仮想通貨Riecoin(ライコイン・RIC)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はRiecoin(ライコイン・RIC)を紹介します。Riecoin(ライコイン・RIC)はマイニングのエネルギーの副産物として素数を生み出す仮想…

2018/4/9

仮想通貨Peercoin(ピアコイン/PPC)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はPeercoin(ピアコイン/PPC)を紹介します。Peercoin(ピアコイン/PPC)は世界で初めてPoSを採用した仮想通貨です。そんなP…

2018/4/5

Dogecoin(ドージコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など徹底解説!

今回紹介するのはDogecoin(ドージコイン)です。可愛い犬のロゴが印象的なDogecoin。コミュニティが強いDogecoinですが、どんな機能…

2018/2/2

仮想通貨B3coin(B3コイン)の特徴・チャート・買い方・取引所・将来性など解説

B3coin(B3コイン)はwallet(ウォレット)に保有しておくだけで報酬がもらえるProof of Stakeアルゴリズムを利用している分散型…

2018/3/6

仮想通貨Primecoin(プライムコイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はPrimecoin(プライムコイン)を紹介します。Primecoinは素数チェーンを作り出すことでマイニング時の電力を有効活用しています。そん…

2018/4/17

仮想通貨Digibyte(デジバイト)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など解説!

今回はDigibyte(デジバイト)を紹介します。Digibyte(デジバイト)は独自のマイニングシステムを導入している仮想通貨です。そんなDigi…

2018/4/20