search_toggle

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)とは?特徴は?

#
仮想通貨Ethereum(イーサリアム)の詳細はコチラ

Ethereum(イーサリアム)は仮想通貨市場の中で時価総額がビットコインに次いで第2位の仮想通貨です。イーサリアムの設計理念は『ブロックチェーンを利用した柔軟なアプリケーション作成プラットホーム』です。

 

Ethereumとは、分散型アプリケーションスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームの名称でもあるのです。イーサリアムプロジェクトによって現在も開発が進められています。

 

ビットコインと大きく異なるイーサリアムの特徴は、アプリケーション作成のプラットホームであるということです。イーサリアムのブロックチェーンを利用して、誰でもアプリケーションを作成する事が可能にっています。

 

さらに、契約を人の手を介さず実行する仕組み(スマートコントラクト)を実装しています。これによってトランザクションが速やかに実行されるだけでなく、契約自体をブロックチェーンで行えるという利点があります。

スマートコントラクトって何?ブロックチェーンとの関係は?|Coinwall [コインウォール]

https://coinwall.jp/column/556

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨NEM(ネム)とは?特徴は?

#
仮想通貨NEM(ネム)とは?特徴は?

NEM(ネム)はNew Economy Movementの略で、新しい経済圏の創出を目標として始まった仮想通貨です。NEMプラットフォームは様々なブロックチェーンサービスを提供し、このプラットフォーム内で仮想通貨XEMを使います。

 

ネムには、EigenTrust++と呼ばれる独自のアルゴリズムが使われています。EigenTrust++はノードの重要性を決定するためのアルゴリズムで安全性を保証しています。

NEM(ネム)とEthereum(イーサリアム)を比較!違いはあるのか?

#

スマートコントラクトが共通点:NEMはAPIを利用

Ethereum(イーサリアム)と同じく、NEM(ネム)にもスマートコントラクトが搭載されています。

 

イーサリアムのスマートコントラクトは、チューリング完全な Solidity という言語を使用しています。チューリング完全とは、ひとつの言語でありとあらゆる内容を記述することができるということを意味します。チューリング完全であることで、スマートコントラクトを実装し、実行することが可能になっています。

 

それに対してNEMのスマートコントラクトは、特定のスマートコントラクト言語を使わずに、どのプログラミング言語でも使用できるAPI(Application Programming Interface)利用して実行します。

 

APIを利用すると直接的にシステムを実行することができます。ブラウザを介さなくてもサーバーとやりとりが可能なのです。

 

かなり理解しにくいですが、つまりAPIによってより直接的にNEMを扱えるということです。

仮想通貨NEM 触って楽しいAPIのお話 - 暗号通貨に関する事など

https://cryptocurrency.muragon.com/entry/10.html

スマートコントラクトによるトークンの発行

Ethereum(イーサリアム)とNEM(ネム)はどちらもシステム上でスマートコントラクトによるトークン発行が可能です。

 

イーサリアムはERC20でプラットフォーム上にトークンを発行ています。

・Waves(ウェーブス)https://coinwall.jp/41
・Wings(ウィングス)https://coinwall.jp/120
・Gnosis(ノーシス)https://coinwall.jp/67
・Augur(オーガ)https://coinwall.jp/74

 

ネムのプラットフォーム上で発行されたトークンはCOMSA(コムサ)があります。また、COMSAはイーサリアムのプラットフォーム上のトークンでもあります。

ERC20の詳細はコチラ
COMSA(コムサ)の詳細はコチラ

認証アルゴリズムが違う:NEMはPoI(Proof of Imporatance)を採用

Ethereum(イーサリアム)は、ブロック認証サイクルPoW・PoSを採用しています。

 

それに対してNEM(ネム)は、ブロック認証サイクルにPoI(Proof of Imporatance)を採用しています。NEMは、マイニングの代わりにハーベスティング(ハーベスト)を行うのです。

 

『Proof of Imporatance』は「どれだけNEMに貢献したか」「どれだけNEMにとって重要なユーザーなのか」という基準に応じて、承認報酬を受け取れるアルゴリズムです。そこで、ハーベストで一定額のコインを保有しながら、自らが承認を助けるユーザーになることで、NEMコミュ二ティ内での「重要ポイント」をあげることができます。

 

「助ける」とは正確には、取引データがまとめられたブロックをブロックチェーンに追加する作業を行うことです。自分が生成したブロックをブロックチェーンに追加することでXEMの報酬を得ることができます。

ハーベスティングについてはコチラ

分散型アプリーケーション(DApps)とは?

Ethereum(イーサリアム)やNEM(ネム)のプラットフォームは、ブロックチェーンによる分散型アプリケーションを作ることができます。

 

ブロックチェーンを用いた、この分散型アプリケーションはDAppsと呼ばれます。分散型アプリケーション(DApps)は、中央管理者を必要とせずに自立的に動くアプリケーションです。また、Decentralized Applicationsの略称です。

2018年 仮想通貨Ethereum(イーサリアム・ETH)のゲームアプリ(Dapps)を紹介!ゲームでETHをゲットできる|Coinwall [コインウォール]

https://coinwall.jp/column/717

その他の相違点:ソースコード

Ethereum(イーサリアム)とNEMはソースコードにおいても相違点があります。

 

イーサリアムはビットコインとも同じく、オープンソースコードを利用しています。オープンソースコードなので、全てのソースコードが一般にも公開されています。

 

それに対してNEMのソースコードは、クローズドソースコードです。ソースコードの作業後のコードだけを公開しています。

その他の相違点:通貨発行量

Ethereum(イーサリアム)の発行量は現時点で決められていません。この後も追加で発行される場合があります。

 

NEM(ネム)の総発行量は、8,999,999,999 XEM となっています。発行上限が決められ、すでに発行されています。

まとめ

#

NEMは、時価総額2位のイーサリアムにも引けを取らない機能が備わっています。今後イーサリアムを抜くことができるのでしょうか。NEMの今後に期待です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨NEO(ネオ)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

NEO(ネオ)は、中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。なぜ中国版イーサリアムと呼ばれているのでしょうか?どちらもスマートコントラク…

2018/5/20

2018年仮想通貨ネム(NEM・XEM)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を徹底解説!

コインチェックのNEM流出事件から価格低迷を味わったネムですが、今後どうなっていくのでしょうか?強力なセキュリティなど本来は高いスペックを備えるネム…

2018/4/22

仮想通貨NEM(XEM・ネム)とは?特徴や将来性・話題沸騰中の事件についても徹底解説!

仮想通貨NEMは、独自のセキュリティシステムやマネタイズの可能性を秘めたオリジナルトークンなど特徴的な機能を搭載している一方、コインチェック事件や大…

2018/3/15

仮想通貨ネム(NEM、XEM)とは?カタパルトってなに?仕組みを解説

Zaifなどの国内取引所で購入可能なこともあり、知られてはいるものの使い方がわからない方も多い仮想通貨ネム(NEM、XEM)。それに加えて、今年に入…

2018/4/27

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でのネム購入方法を画像付きで詳しく解説します!

Zaif(ザイフ)は国内の大手仮想通貨取引所で、他の仮想通貨取引所と比較してもトップクラスに取引手数料が安く、ビットコインはもちろんのことアルトコイ…

2018/6/29

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

仮想通貨Lisk(リスク)はイーサリアムと同じく、主に分散型のアプリケーションプラットフォームを提供する仮想通貨であり、プラットフォームです。どちら…

2018/5/27

2018年仮想通貨NEO(ネオ)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回は仮想通貨NEO(ネオ)を紹介します。中国版のイーサリアムと呼ばれる中国発祥の仮想通貨です。格付けランキングでは、ビットコインを上回るなどかなり…

2018/4/29